新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

能登への旅2018 ②

2018/09/24(Mon)

昨日は恒例の播磨下里お絵描き教室でした。

私は前日も休みを取ったので、姫新線上月駅駅ノートを探って、
加古川市前乗りした恰好での参加する事にしたんです。
朝から播磨下里へ行こうと思ったら、コレが一番ラクですね。

20180924i.JPG 20180924j.JPG

昨日ははりまりこさんの(萌えキャラとしての)誕生日だったので、ソレ
に関する内輪のイベントのような感じになりました。
 
さて能登地方の旅です。2日目駅ノートを3箇所描いたものの、移動
としては七尾から穴水までという、比較的短距離だったんです。ココで
2日目のマトメとして1回分取る事にしましょうか。

20180924a.JPG …昨日から石川県に入って、各地で
矢鱈と見かける
コノ系列のお店気に
なっておりました


「Yahataすしべん」という、当地では
メジャーなお弁当屋さんのようです。

場所によっては24時間営業だったり、
イートインスペース
があったりして
便利そう
。そして「お惣菜の量り売り」
もやってるらしいのです。

20180924b.JPG
前後しますが今回の宿泊穴水町
の公共施設
で、町の中心地から少し
離れる上に周囲に夕食を取れるような
なさそうなので、能登中島近くの
にあったお店で調達していく事に
しました。

…ついつい入れすぎて高く付くのが
難点
ですが、コンビニでアルコール類
を買ったら豪華な晩酌になりましたよ。

20180924d.JPG 20180924c.JPG

西岸から能登鹿島までの区間は、平行する国道249号線七尾北湾
面した海岸線を走るのですが、地図を見てたら1軒の神社に引っ掛かり
ました。…横見八幡宮?

調べるとコノ周辺が「横見」という地名のようです。
…私にとっては鬱陶しい人物と同じ名前ではありますが、ソレだけで
悪く書くのは地元の方に失礼ってもんでしょう。

ただ同じ名前の神社に参拝した所で、乗り鉄の行路の組み方上手く
なるとか、そんな保証はナイでしょうね。コレは横見に限らず何でも同じ
ですが、日本人は「そういうのに流されやすい」傾向にあるでしょ。

20180924e.JPG 20180924f.JPG

そんな感じで今日の宿泊地なんですが、穴水付近にはいつも使う種類
ビジネスホテル見当たらず、色々と探してるうちに「のとふれあい
文化センター」という公共の宿がヒットしたんです。

…メインは多目的ホール運動公園などで、その付属として泊まれる所
あるという感じでしょうか?恐らくは運動部の合宿などの利用が多いの
でしょう(ソレらしい団体も見た)。

しかし広いな。昨日のネットカフェとはエラい差がありますよ。

20180924g.JPG 20180924h.JPG

部屋がコレだけ広いのに部屋ごとのバスルームがなく、代わりに24時間
入れる大浴場がありました。

…ソレはいいとして、案内の絵が何故か群馬県国体キャラ「ぐんま
ちゃん」
。ココは石川県であり、断じて群馬県ではナイと思うんですが。

作った人がよく分かってなくて、検索して単に「可愛い絵だな」と思って
使っただけかも知れません。

昨夜は強行軍だった上にネットカフェ泊りだったから、ココで広い風呂
に浸かって疲れを癒し、例の量り売りのお惣菜をアテに晩酌
明日もハードな旅になりそうですから、ゆっくり休む事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4229 タクシーもどき運転日報

能登への旅2018 ①

2018/09/20(Thu)

車ネタで記事を書こうという日に、ナビ画面の画像を前説に使うと
紛らわしいのは承知の上ですが、消化して行かないといけません。

その台風21号直撃の日は、大阪方面へも何度か行きましたクラ駅長
です。…朝は電車が動いてたもんで、奈良の各職場では出勤したけど
帰れないという人が続出したらしいんです。

20180920a.jpg 20180920b.jpg

ローカルネタになるので他地域の方には悪いのですが、生駒山の下を
トンネルで抜ける第二阪奈道路動いてたものの、ソノ先の阪神高速
通行止めで大渋滞

古い阪奈道路倒木が多くて奈良行きの車線通行止めという事で、
カナリ面倒な事になりました。…売り上げが良かったからヨシとしますが。

20180920c.JPG
さてココからは一連の能登シリーズ最終章
のと鉄道駅ノート廃線跡巡りの旅を報告
して参ります。

昔は能登半島の先まで通じていた能登地方の
鉄道ですが、今は国鉄第三セクター化した
のと鉄道が、七尾線穴水までを残すのみと
なってしまいました。

しかし輪島・珠洲方面への廃線跡が、カナリ
面白い
状態で残っていると聞いてます。

で、駅ノート廃駅を含めて5箇所だそうな。

20180920d.JPG
穴水
までの現有路線に、笠師保・西岸・能登
鹿島とあって、珠洲方面への能登線跡波並
・恋路という感じです。

当日は昼過ぎ実家へ帰る用事があり、ソコ
から始めて翌日と翌々日2日半の予定。

…現地での廃線跡巡り目的の半分以上
占めますので、もぅ奈良から車で直行する
事にしました。

軸となる七尾までが約350km。およそ7時間
掛かる計算になっています。

20180920e.JPG 20180920f.JPG

途中で100km置きぐらいに休憩を入れつつ、七尾に着いたのが23時
概ね予定通りでした。

…普段ならココでホテルを取っておくのですが、着くのが深夜となると
何となく勿体無い気がして、当初からスーパー銭湯ネットカフェ
積りにしております。

20180920g.JPG 20180920h.JPG

駅から離れた郊外になりますが、予約できる&シャワーの設備がある
店舗を見つけたので、ココを押さえてきたんです。

ネットカフェに泊まるのは久し振りですね。家族があって家に帰り
たくない時は、よくこういう所で時間を潰してたもんですが。

パソコンが目の前にあるから、調べものやブログの更新も出来るし、
座卓の席を選んだのでそのまま寝る事も可能便利な世の中ですな。

20180920i.JPG 20180920j.JPG

日付けが変わった当日駅ノートがメインになるので、ココで下描き
などもやっておきます。…今回は大海駅長(のキャラ)特別出演する
ので、ソレは特に念入りにね。

明るくなったらガスを充填して出発です。…能登地方オートガス屋
さん少なく、ネットで調べた所に確認の電話をしたら既に廃業して
たり、探すのに些か苦労しました

そんな感じで、まずはのと鉄道笠師保駅からスタートします。

駅ノートにも廃線跡にも分類できないネタは、コノように「能登への旅」
という事にして途中で挟む事に致しますので、適当にお楽しみに

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4225 タクシーもどき運転日報

御坊への旅

2018/03/15(Thu)

社員旅行一畑電車で、雲州平田駅の車庫を見せて頂いておりますと…

20180315a.JPG 20180315b.JPG

やはり色々な鉄道部品などが置いてあるワケなんですよ。
パンタグラフの擦り板などは、これから使うやつかも知れないですが、
レール遮断機の棒などは明らかに廃品でしょうね。

社長曰く「宝の山だ!」
…しかしレール1本丸ごと貰っても。どぅすればいいのか分かりません。

そう言えば北条鉄道でも、踏切の赤ランプ北条町駅で売ってるのです
が、アレもなかなか売れませんよね。…やはり普通に廃品業者に渡す
方がカネになるのかも知れません。と思うクラ駅長です。

さて、新たな報告です。
先日、久し振りに紀州鉄道を探りに行く事になりまして、まずはソノ往路
今回も自走旅となりましたのでソコからやる事にしましょう。

20180315c.jpg 20180315d.JPG

奈良から和歌山までは約100kmなのですが、国道24号線JR和歌山線
に近いルートを走る京奈和自動車も、カナリの区間開通しました。

しかも大部分の区間無料で使えます(地図上の赤い線のルート)。
大阪湾に近い阪和道を通るより、安くて早そうですね。

20180315e.JPG 20180315f.JPG

北宇智駅の回でやった金剛山を正面に見つつ五條市付近からはほぼ
真西に走る感じ?和歌山ジャンクションから阪和道に入って、そのまま
湯浅御坊道路に繋がっています。

…という走り方が一番早くてラクかな。和歌山~御坊30km程度だろう
から、普段よく行く加西市までと似たような距離ですわ。

20180315g.JPG 20180315h.JPG

従来の国道24号線だと、橋本~和歌山単調で退屈ロードサイド店
誘惑が多かったのですが、便利になったもんです。

新しい道路は郊外の山手に作られる事が多く、見晴らしもイイですね。
左は和歌山市の市街地と、海南市を分ける低い山脈でしょう。

…という事で休憩を入れつつ3時間弱御坊駅に到着しました。
よっしー仕切りの「木村鉄道フェスティバル」以来6年ぶりになるかな。

20180315i.JPG 20180315j.JPG

御坊駅はメインがJR西日本ですが、紀州鉄道との共同使用駅です。
しかし切符売場に紀州鉄道窓口はなく乗車券扱いません

全て車内清算なんですよ。改札で「紀州鉄道に乗る」という旨を告げて、
そのまま通るという極めて原始的なシステムになっておりました。

ではココから久し振り紀州鉄道小さな旅に出発します。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4036 タクシーもどき運転日報