新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

別府鉄道を探る ④

2017/09/23(Sat)

カナリ遅めの夏休み…ってか秋休み?で、暫く毎年恒例の北海道
の旅
です。本日は札幌市白石区よりお送りしておりますクラ駅長です。

乗り潰しに関しては終了しておりますので、保存施設巡りがメインです。
…去年は台風直撃予定の変更を余儀なくされ、見れなかった所も
ありますので、そのリベンジ的な意味合いが大きいのですが。

20170923i.JPG 20170923j.JPG

昨日はまず、安平町(勇払郡…追分駅近く)にある鉄道資料館を見学
してきました。お天気も良く珍しいネタも沢山仕入れる事が出来ました
ので、初日からナカナカ調子がイイですよ。

さて別府鉄道を探る旅ですが、オポナカ遺跡の資料館の裏に保存車両
があるという事なので見に行ってみましょう。

20170923a.JPG 20170923b.JPG

…看板には「別府鉄道のりば」とありますが、勿論車両は動きません
ココにあるのは小型のディーゼル機関車客車1両ずつです。

20170923d.JPG 20170923c.JPG

説明書きを読んでみるに…殆ど工業地帯のイメージだった別府港付近
も昔は海水浴客で賑わう場所だったらしいですね。

繰り返しになりますが土山線は殆どが貨物メインの路線でした。
そもそも別府付近には山陽電鉄も走っており、通勤通学には明らかに
そっちの方が便利でしょう。

20170923e.JPG 20170923f.JPG

機関車はDC302号昭和28年製だそうで、3軸の動輪ロッドで連結
されたスタイルでした。

…キレイに塗装されており銘板関係新しく作られたモノのようです
オリジナルは資料館の展示スペース内にあったヤツか?)。

20170923g.JPG 20170923h.JPG

客車はハフ5号。…今時、と言うか別府鉄道の最末期でも珍しかった
であろう2軸の客車です。

客車ではありますが、貨物列車のオマケに連結して緩急車の代用
として使ってて、ソレに「ついで」としてお客を乗せてるような状況だった
らしいですね。

という事で、前回から引っ張りました「ガッタン姉妹」ですが、別府鉄道
保存車両萌えキャラ化した妖精ちゃんたちなのです。
https://twitter.com/GATTAN_Sisters

「鉄道擬人化」というのは他所でも見かけますが、保存車両でソレが
意思(最低限ツイッターのアカウント)を持ってるというのは珍しい話
ではナイでしょうか?

3人姉妹のうち、DC302+ハフ5に相当するのが三女ミニオちゃん

ぃゃ、播磨町の人はホントに何でも萌えキャラ化してしまうのね。
昨今の情勢として、流行りを読んだ上手い戦略だと思いますよ。

ハフ5号車内に入る事が出来るので、引き続き見学してみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3863 鉄道廃線跡を探る

別府鉄道を探る ③

2017/09/22(Fri)

古い時代の小説を読んでると、電報というモノがよく出てきます。

最近はもぅ、結婚式だとか葬式だとかの儀礼的な使われ方のみに
なってて、アレを日常の通信手段にしてる人は皆無だと思われますが、
昔はホントに現在のメール感覚で使われてたんでしょう。

先日、知人のお祝い事電報を打つ事になり、ネットからソレを申し
込んだのですが、宛先に不備があって変更する必要が生じたんです。

アレは申し込みはネットで出来るものの、取消や変更は電話のみ
なんですよね。
…今時、電話口の係の人宛名の漢字口頭で説明して、変更内容
復唱して貰って…という事にカナリの不便を感じましたクラ駅長です。

何でソコだけ中途半端に電話なのか?コールセンターの人たちの雇用
を守る
ためとか、そんな理由しか思いつかないのですが。

さて別府鉄道を探る旅です。土山線廃線跡から転換された遊歩道の
「であいの道」は、大中遺跡公園に入っておりますが…

20170922a.JPG 20170922d.JPG

大中遺跡、つまり古代の大中村は当時の発音では「オポナカ村」と言う
らしく、併設されている郷土資料館の看板にソノ通りに書かれています。

「いせきくん・やよいちゃん」というファンシー系のキャラクターが居ます
が、お絵描き会周辺で彼等よりメジャーなのは、オポナカちゃんでしょう。→https://twitter.com/OPONAKAchan

大中遺跡の妖精だそうで、はりまりこさんと同じく播磨町非公認
萌えキャラちゃんです。中の人あまり出てこないようですが。

20170922b.JPG 20170922c.JPG

公園内には、復元された竪穴式住居が幾つも展示されており、中にも
入って見学する事が出来ます。

我が故郷の奈良県田原本町にも、唐古遺跡という弥生時代の集落跡
としては日本有数の規模を誇るモノがあるんですが、…このような
効果的な見せ方全くしておらず非常に羨ましい限りです。

他の地域としては登呂でも吉野ケ里でもイイのですが、みんな立派な
歴史公園があって、このような復元建物が並んでるのに、子供の頃
から「何でウチはあんな風じゃナイのか?」という事が疑問でした。

恐らく「奈良県人は商売が下手」という一点に尽きるのだと、最近に
なってようやく分かったワケなんですが。

20170922e.JPG20170922f.JPG

そんな感じで、入館無料の資料館を見学させて頂きました。

…ココでは弥生時代の遺跡に関する出土品などの展示に混じって、
別府鉄道の歴史も紹介されています。

20170922g.JPG 20170922h.JPG

殆どが貨物メインで、旅客収入は僅かだった別府鉄道ですが、規模
殆ど軽便鉄道に近いもんで、館内の説明によると地元の人たちから
「ガッタン」と呼ばれてたそうな。…「ガッタンが来たぞ」みたいな。

なるほど、ソレで「ガッタン姉妹」由来の謎が解けましたわ。

「ガッタン姉妹」って何だよ?…ソノ辺は次回資料館の裏に展示
されてる保存車両と併せての説明とさせて頂きます。

さて、この記事を出したら関西空港に向かいまして、明日からはカナリ
遅い夏休み毎年恒例北海道の旅ですよー。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3862 鉄道廃線跡を探る

別府鉄道を探る ②

2017/09/21(Thu)

…先日、ヤンママ風と言うか場末のスナックお姉ちゃんと言うか
些かDQN層に見える女性を乗せて、カナリ郊外の方まで40分ぐらい
走る仕事があったのですが彼女は道中、延々と携帯電話で誰かと
下らない愚痴みたいな事を話してるワケなんです。

退屈なので、以前から疑問だった「DQNは何故、電話が好きなのか?」
という問題について、運転しつつ延々と考えておりましたクラ駅長です。

世間にコレだけメールやSNSが発達しても、何故か「DQNは音声通話」
な気がするんですよね。流石に「使えない」って事はナイだろうに

① 思い付いたらすぐに連絡したい(…まぁコレは誰でも同じか)。
② 着信があれば如何なる場所でも平気で出る
③ せっかちなので、文字の遣り取りだと「待ってられない」
④ 直接話す事彼等なりの「絆」だと思い込んでいる

…と、恐らくこんな感じでしょうか?恐らく③が最大の理由でしょう。
老人はココに「そもそもメールが使えない」加わります。

公共の交通機関内での音声通話はマナー違反とされがちな昨今も、
何故か「タクシーだけは例外」なんですよね。ウルサいから嫌いです。

さて別府鉄道跡地の旅ですが、JR山陽本線土山駅から、レンタ
サイクル
で、
まずは別府港に向けて土山線の跡地を辿る旅に出発です。

当然に昔は国鉄別府鉄道線路が繋がってたワケで、そもそもは
別府港近くにある多木化学という会社が、自社の製品(化学肥料)
運び出すために敷設した軽便鉄道のような存在だったらしいです。

20170921a.JPG 20170921b.JPG


駅前広場ロータリーが整備され、廃線跡の面影見受けられません
が、脇にある「BiVi土山」という商業施設前に、鉄道の駅名標を模した
看板があります。

コレに記されている右方向へ続く「であいの道」という遊歩道が、概ね
土山線の跡地
を再利用したモノのようです。
入口のアーチも、よく見たらレール廃材再利用品ようですね。

20170921c.JPG 20170921e.JPG

そんな感じで遊歩道「であいの道」自転車で進んでみます。

暫くは集合住宅の裏手のような所が続きますね。…付近の皆さん
わんこの散歩やらジョギングやらに利用されてる事でしょう。
随所に東屋のついた休憩スペースが設けられておりました。

20170921d.JPG
そして道々に、このような標識?
建っています。開始地点から段々と
歴史を遡る感じ西暦の年号
日本史の色々な出来事が記されて
おります。…コレまた断面明らか
レールの廃材ですね。

ご当地に関するモノと言えば、加古川
の鶴林寺(かくりんじ)かなあ。

「花の寺」の札所として以前に行った事がありますが、沙羅の花が美しい
のどかなお寺です
…とは裏腹に、同寺から仏像を盗んだ窃盗犯が、とんでもナイ仏罰
受けたという逸話があるそうな。機会があれば書く事にしましょう。

20170921f.JPG 20170921g.JPG

暫く行くと、何やら近代的な建築のお寺が見えてきました。
…案内によると圓満寺という、平安時代に起源を持つお寺だそうです。

しかし建物平成に入っての新築だそうで…五重塔非常階段がある
なんてのは初めて見ましたよ。って事は人が中に入る事を想定してある
(元々はそうでナイ)のだと思われます。

以下、同寺のHPから転記してみますが…

弘法大師空海が御修行のため全国を行脚の砌り、播磨の国阿閇の里
の路傍
に奇瑞を感じ、その地を錫杖でトンと突かれたところ光明遍照
と光り輝く岩が出現し


ぃゃもぅ、空海が杖を突いた事で仏様が出現した土地とか水が湧いた
井戸とか、全国に幾つあるんだよ?というハナシです。
神通力にも程があると言うか…空海は実は井戸掘り職人だったのか?

20170921h.JPG
更に行くと、川を越えて広々とした
公園に入りました。

ココが大中遺跡公園と言いまして、
先述した弥生時代の集落跡である
大中遺跡に当たる場所のようです。

まずはココの資料館に、別府鉄道に
関する展示物もあるという事なので
寄り道していく事にしましょう。

…所で駅の跡は?はい、土山線駅が少なく暫く出てこないのです。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3861 鉄道廃線跡を探る