新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

社員旅行2019冬 片上鉄道Ⅰ-②

2019/03/21(Thu)

20190321a.JPG
近所のコンビニで、御当地モノのポテト
チップスとして「加古川かつめし味」
「炙り柿の葉寿司味」が売られてました
ので、つい買ってしまいましたクラ駅長
です。…兵庫と奈良って事ですね。

どっちもホントに「その県を代表する
食い物か?」と言われたら微妙な所
ですが、ソレなりに知名度はある
でしょう。

かつめしデミソースだから、スナック菓子にしても再現は容易
気がしますが、柿の葉寿司は?恐らく粉末のビネガーを使ってて、
ソレなりに酸味がします。

しかし過去にあった「炙り」でナイ柿の葉寿司のやつとどぅ違うのか?
残念ながらソノ差よく分かりませんでした

さて社員旅行ですが、岡山市内バスで出発して、菊ヶ峠保存車を
見た後、吉ヶ原駅のある美咲町に入りました。

20190321b.JPG 20190321c.JPG


…平行して走るのは吉井川。例の「長船サービスエリア」の横を通り
備前市辺りで瀬戸内海に出る川です。

程なくして特徴ある駅舎吉ヶ原駅に到着しました。…私は4か月
振りぐらいでしょうか?割と見慣れた風景になりましたよ。

20190321d.JPG 20190321e.JPG

バスを降りたら、迎えて下さった保存会の方に案内されて、まずは
手荷物客車内に置かせて頂きます。
…今日は手前の検修車庫に入ってる青い客車…ホハフ2004ですね。

戦前古い木造客車台枠を使い、鋼製の車体を新造した一派。
国鉄式に言うと60番台「鋼体化改造車」と同じ時代の物らしいです。
現役当時から「片上のブルートレイン」として人気がありました

20190321f.JPG 20190321g.JPG

…車内で少し「客車の形式記号」について話題になりましたが、国鉄
「ホハフ」と言えば重量22.5t以上 27.5t未満ブレーキつき三等車
という事になります。

「ホ」「ボギー車」に由来するんですが、この範囲の重量だと鋼製車
では無理がありますね。どう見ても「オ」か「ス」級でしょう。
恐らくは片上鉄道独自の振り方で、国鉄の法則とは違うと思われます。

荷物を置いたら更に歩いて、吉ヶ原駅の駅舎へと向かいます。…まさか
正面から来ずこんな方向から訪問するとは思いませんでした

20190321h.JPG 20190321i.JPG

現役当時客貨両用で使われていたDD13型国鉄のソレと酷似して
ますが、細部が異なるオリジナル発注車です。…動態保存車ですが
私もまだ動いてる所見た事がありません

駅舎に着くとまず、ヘルメットと雨合羽が支給されました。
2日連続ヘルメットですね。何だかエラい事になりそうな予感
ですが、取り敢えずこの恰好で記念写真を撮っておきましょう。

このタイミングで、以前に来た時にお会いした相互応援プロジェクトの
美咲さんともご挨拶が叶いました。2日間、宜しくお願い致します

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4407 木村鉄道業務日誌

社員旅行2019冬 片上鉄道Ⅰ-①

2019/03/20(Wed)

関西新たに設置が確認された駅ノートの1つと言う事で、近江鉄道
日野駅へ描きに行ってきましたクラ駅長です。

20190320i.JPG 20190320j.JPG

左の切り絵店内に飾ってあったモノですが、SY31系セドリック
タクシーが描かれてるので嬉しくて撮影しました。

…ココには古い駅舎を利用したカフェがあるのですが、1つのお店
「日替わりオーナー」として色んな人が使うと言う、面白いシステムに
なっています。詳細はまた後日ね。

さて社員旅行ですが、2日目からは片上鉄道です。

周知の通り同路線平成3年に廃止となり、現在は終点近くの吉ヶ原駅
を中心に、僅かな範囲ではありますが保存鉄道として、ボランティア
皆さんによる維持が続けられている所ですね。
 
20190320a.JPG 20190320b.JPG

廃線になった鉄道なのでアクセスは困難であり、岡山から貸切バス
になりました。まぁ予想通りと言いますか、運転免許(または自家用車)
ナイ人個人で行くのは大変ですから、いい機会になると思います。

中鉄バスというのも元は鉄道会社です。現在の津山線・吉備線戦前
まで中国鉄道という会社の路線だったのが、国有化によってバス部門
だけが残ったモノですね。…と当日の運転手さんに教えて頂きました。

20190320c.JPG 20190320d.JPG

現地まで1時間程度掛かります。車内では、片上鉄道保存会の方から
貸して頂いたDVDを観て、予備知識の勉強会となりました。

…恐らくは地元テレビの情報番組か何かで紹介された時のモノであり、
見た感じとして10年ぐらい前のかな?と推測されます。

そして道路岡山市内から吉ヶ原まで行こうとすると、最短ルート
通るのが菊ヶ峠(きっかとうげ)です。

20190320f.JPG 20190320e.JPG

ココにあるのがアレですよ。片上鉄道で使われていて、今日も見せて
頂くであろうキハ312号同時期に作られたキハ311号保存車

何か月か前に私は実際に通ってココにある事を確認しております
ので、運転手さんに「もし通るなら徐行して頂けますか?」とお願い
して、川副さんにも話を通しておきました

そしたら「じゃあトイレ休憩にするか」みたいな感じで臨時停車

20190320g.JPG 20190320h.JPG

たまたまDVDの場面も何故かコノ車両の紹介ピッタリだったので、
社長が大喜びしてました。…(一時的にだろうが)嫌ってる私が提案
した事だとは知らないんでしょうね。

まぁ社長は兎も角、参加者の皆さんソレなりに盛り上がってたので
独断ではありますが実行して良かったと思います。…よく「要らん事
をする」と言われがちですが、たまには役に立つでしょ。

私は以前に来た時一通り見ましたから、黄色い布袋様とピカチュウ
記念写真だけ撮ってOKとしましょう。

そんな感じで無駄にイイお天気の中、バス吉ヶ原へ向けて走ります。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4406 木村鉄道業務日誌

駅ノート(もどき) 粟生

2019/03/19(Tue)

ココでまた1回駅ノートのネタを挟みますクラ駅長です。

ブログ更新の告知Twitterに上げた場合「いいね」の付き方駅ノート
関連
の方が遥かに多いんです

コレは別に木村鉄道の皆さん不親切とかじゃなく「一々押す習慣が
ナイ」
だけの事なんでしょうね。…まぁ今後もそのままでイイですが。

20190319a.JPG 20190319b.JPG

…今回は粟生駅です。
周知の通りJR加古川線神戸電鉄、そして北条鉄道の3社が集まる
ターミナル駅ですが、実際の所ココには駅ノート設置されてません

北条鉄道間借りしてるだけだからでしょうね。自社の駅なら間違い
なく設置される筈だと思われますが。…しかし折角他の全駅2回ずつ
描きましたから「もどき」で描く事にしようと思い付きました。

20190319c.JPG 20190319d.JPG

…このバリアフリーの御時勢に今時珍しい階段のみの古めかしい
跨線橋
で各ホームが繋がった駅です。

駅舎に近い方から、④神戸電鉄②JR上り①JR下り③北条鉄道
という謎の数字の振り方大いに気になる所ですね。

20190319e.JPG 20190319f.JPG

という事で北条鉄道の乗り場である3番線へ。

…ちなみにコノ日は、近鉄~阪神~神戸高速~神鉄と乗り継いで
粟生まで来ました。コレだけ会社を跨いでも同一のICカード改札
を出ずに来れる所がちょっと不思議ですね。

緑色フラワ2000-3「ねっぴー号」元は三木鉄道の車両だな。

そんな感じで粟生駅の取材はココまでにして、時系列長と田原を
描いたこの記事
に繋がります。…では駅ノートどぅするのか?

20190319g.JPG 20190319h.JPG

播磨下里お絵描き教室では「そういう場合」に備えて、自由に描ける
ノートを借りる事が出来るのです(全部で5冊)
ソノうちの1冊を借りてありますので、ココに描く事にしましょう。

…ちなみに過去作を見てみると、大海駅長水彩画で描いた琴平駅と、
モリノオトさんが描いた、コレは架空の駅でしょうが女性らしい可愛い
タッチ駅の風景がありますね。

「負けてられん」っても無理ではありますが、出来る限り努力しよう

20190319i.JPG撮った写真を元にですが、自宅
時間があるので車両もがっつり描き
込んで、こんな感じになりました。

親子でお出かけしたら、子供だけ
テンション上がって先々行っちゃう
事ってよくあるでしょ?

普段なら輪郭などペン入れする所
ですが、このままの方が柔らかくて
イイかなと思うので省略しました。

貸し出し用のノート人気があるので、なかなか回って来ないのが現状
ですが、まず粟生駅(北条鉄道ホーム)を描いたから、行路を逆に辿る
感じで例えば加古川→大阪→天王寺とか鈴蘭台→新開地→高速神戸
とか、順に奈良まで戻っても面白いかなと思います。

という事でまた社員旅行の報告に戻ります。2日目片上鉄道保存会
で、車両や線路復元作業のお手伝いだそうですよ。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4405 駅ノートの記録