新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

東信貴鋼索線 ⑤

2018/01/20(Sat)

父親が亡くなり、その事後処理も一段落したとは言え、なかなか遠方
は行けない
クラ駅長です。…そっちの準備が出来てませんのでね。
旅に出るというと大抵は2か月ぐらい前から計画する。)

20180120i.JPG 20180120j.JPG

なのでまた近場ですが、JR和歌山線五条駅から西吉野方面へ向かう
五新線の跡地を探ってきました。

跡地というか未生成線バス専用道路になってたモノが、更にバスの
廃止廃線跡になったという稀有な物件です。詳細は後日ね。

さて東信貴鋼索線ですが、桜並木のトンネル(季節的にハズレですが)
を抜けて上り階段を上がると、車道に出ました。

20180120a.JPG 20180120b.JPG

ハイキングコースとしてはココで終了(又はココからスタート)のようです。
…目の前に学校らしき建物が見えますね。

奈良県立西和清陵高校と言います。…私の記憶ではココにあったのは
同じ奈良県立ですが信貴ケ丘高校というのじゃなかったかな?

20180120c.JPG 20180120d.jpg

開校1986年…私が高校に入学する2年前だから、当時としては最新
新設校でした。この頃は生徒数が多くて学校も増やす傾向だったん
ですよ(人気の学校は競争率が高くて受験とか大変だったな)。

ソレが近年の少子化で、2004年に少し南にある上牧高校と合併して、
現在の名前になったようですね。

…上記の通り信貴ケ丘高校開校1986年だから、東信貴鋼索線
廃止3年後という事になります。

廃線跡はこの学校の校内を突っ切って行く格好になり、尚且つケーブル
カー上下交換地点がこの校門付近にあった事になるようです。

20180120e.JPG 20180120g.JPG

…流石に知らない学校敷地内無断で入るワケにも行かず、入った
所で恐らく土地の高低差が出来てるから、そのまま出れる保証はあり
ません
。ココは迂回して道路を下る事にしましょう。

電柱と電話ボックス垂直だとすれば、道路の傾斜の程度が分かると
思います。…ケーブルカーにしてはユルいか?斜面の下半分の事だし、
道路化の時に曲線を付けて緩和されたフシもありますね。

20180120f.JPG 20180120h.JPG

このカーブから先が、廃線跡に戻る感じでしょう。過ぎると真下に終点の
信貴山下駅
が見えました。…ケーブルカーだから一直線ですね。
距離にしたら1km足らずかな?実際に生徒さんが歩いてるのが見えます。

バスも走ってるようですが、高校生の体力なら怪我病気ない限り
コノ程度は毎日歩いても平気でしょう。
という事で、間もなく廃線跡巡り終点信貴山下駅に到着です。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3982 鉄道廃線跡を探る

東信貴鋼索線 ④

2018/01/19(Fri)

山陽電鉄別府から姫路方向へ3つ目が、山陽電車の高砂駅なの
ですが、少し前にツイッターで、アリバイトリック的なネタがあったのを
思い出しまして、今更ながら見に行ってきましたクラ駅長です。

20180119a.JPG 20180119b.JPG

東京にも京成高砂駅というのがありますが、要するに山陽電車の3050系
などと京成電鉄に乗り入れる都営地下鉄の5300形塗装が似ている
という事から「どっちの高砂駅?」みたいなネタが話題になったんですよ。

…私は京成高砂駅は、乗り換えただけなのでよく覚えてナイのですが、
向こうは駅ナンバリング制度の導入で「KS10」という表記が追加されてる
筈ですよね。

完全にソックリなのではなく、知識のナイ人は騙せても鉄ヲタなら見破る
…というレベルなのがウケたのだと思います。

さて東信貴鋼索線ですが、続いて廃線跡ハイキングコースを進みます。

20180119c.JPG 20180119d.JPG

ハイキングコースとして整備されたもの廃止直後の事だったと記憶して
おります。…廃線から30年以上が経ち、ソレの設備も年季が入ってる
感じなんですが。

比較的平坦な箇所ブロックタイルで舗装されてます。そして勾配部分
枕木による階段。…まぁ元々が線路なので、ソノ場にある枕木を流用
すれば工事はラクだったかも知れません。

20180119e.JPG 20180119f.JPG

架線柱に、近鉄の財産票辛うじて残ってるモノが幾つか見られます。
…土地は廃線後に、恐らくは自治体に譲渡されたのだと思われますが、
カナリ乱暴に外した結果なのでしょう。ソレが面白いんですがね。

線路脇の竹藪私有地だという事で、しっかりガードが為されてます。
…季節によってはタケノコ泥棒とか居るのかも知れませんな。

20180119g.JPG 20180119h.JPG

途中、明らかに車両の幅より狭くなってる箇所がありました。…法面を
保護してある金属製の部品まだ新しそうな感じなので、最近になって
崩落でもあったのか?

そしてカナリ大規模な桜並木が出てきます。道サイズと比較するに、
どう考えてもケーブルカーの通過は無理。…廃線後の整備でしょう。

20180119i.JPG 20180119j.JPG

由来を示した看板がありましたね。平成4年だから、廃線後約10年
経って植えられた感じかな?勿論、花が咲くまでの樹に育つにも時間
が要る事でしょう。春に来てたらイイ眺めだったと思われます。

そんな感じで山を下ってる筈なのに、何故か上り階段が出てきて自動車
の走行音が聞こえてきました。…ハイキングコースとしてはココで終わり
のようですね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3981 鉄道廃線跡を探る

東信貴鋼索線 ③

2018/01/18(Thu)

播磨町に泊まった時、夜の電車移動で見た別府駅おまけ画像です。

20180118a.JPG 20180118b.JPG

高架になってるホームから見える遊歩道が、まず別府鉄道廃線跡なの
ですが(同地点)、線路跡だとは知らないで通ってる世代も増えたんだろう
なと思うクラ駅長です。

そしてコノ辺山陽電鉄と、ほぼ平行して走ってるのが山陽新幹線です。
やはり新幹線は早いので、夜間に撮ると「ブレる」を通り越して面白い写真
になりますね。

さて東信貴鋼索線ですが、ハイキングコースとなった廃線跡を下っていく
事にしましょう。…イノシシマムシスズメバチ注意するのだな。あと
倒木落石毒キノコ…って歩く気無くすわ!

20180118c.JPG 20180118d.JPG

…数々の脅しアイテムが書いてあった割には、穏やかで歩きやすい道
のように感じます。
地面に立った状態と、車両に乗ってる感じ(しかも40年近く前)では感覚
が違うのでしょうが、ケーブルカーが通ってたにしては狭い感じか?

20180118f.JPG 20180118e.JPG

何メートルか置きに等間隔で出てくるのは架線柱の跡
用途不明の、恐らくカランカランと鳴る金属棒が取り付けてあります。

道の脇に廃レールが放置されてました。
いかにもケーブルカー用と言うか低規格の軌道に使う感じの小断面の
レール
ですが、コレとて再利用する方法はあるでしょうに。

20180118g.JPG 20180118h.JPG

暫く行くと小さな橋梁が出てきました。ウロ覚えの記憶ですが、そう
言えばあったような?…恐らくケーブルカーのガーター橋に、そのまま
コンクリート製の橋桁載せただけかと思われます。

斜面ギリギリまで頑張って覗いてみるに、古い橋脚もそのままでした。
…まぁ人が歩くだけの加重耐えればイイのでしょう。

20180118i.JPG 20180118j.JPG

途中に幾つか、ビーチパラソルだけの簡単な休憩スペースがあります。
うちわが標準装備されてますので、夏場には便利な存在でしょう。

そして架線柱を見上げてみると、架線を吊るす横棒の跡がしっかり
残ってるのが確認出来ました。…こういうのは非常に楽しいですね。

近鉄単線区間でも概ね2本脚(…線路の両側で構えるタイプ)のが
多いのですが、ココは進行方向の左側しか出てこないんですよ。

1本脚タイプだったのか、反対側は抜いてしまったのか(ソレも面倒
な話ですが)?今となってはもう覚えてナイですね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3980 鉄道廃線跡を探る