新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

樽見鉄道 薬草列車 ②

2017/05/27(Sat)

続いて名古屋港の風景です。猫ヨシヨシでネタが確保出来た時の導入
カット
として色々と撮っておいたのですが…

20170527a.JPG 20170527b.JPG

観光地としては水族館があったり、かつての南極観測船「ふじ」が係留
されてたりします。

魚より南極犬(タローとジローの銅像がある)より…と思って碌に
見なかったのですが、数時間のヒマ潰し(大曾根イベントの間合い運用)
などには良さそうな気もしますクラ駅長です。鉄道から離れますけどね。

さて薬草列車です。私以外は全員がおばちゃん層…とい変に偏った
客層
大垣駅を出発します。終点の樽見まで1時間と少しの旅ですね。

20170527c.JPG 20170527d.JPG

…まず乗務員さんの自己紹介から。運転士は清水さん(向かって左)、
案内役の営業社員は森下さん。森下さんはちょっとよっしー似?

ちなみに一般営業の2両目にも、乗客対応のために別の乗務員さん
が乗務します。

20170527e.JPG 20170527f.JPG

…テーブル上には既に、松花堂弁当のような箱に入った薬草料理
並んでおります。
内容がイラストで印刷された掛紙が置かれているという事は、通年
(でナイにしても長い期間)で内容は変化しないと思われますが。

提供する飲食店のスタッフ乗務せず、森下さんが食前酒を配って
歩きます。ベータカロチンが多く含まれるクコのお酒だそうな。

20170527h.JPG 20170527g.JPG 

 …一応全員で「乾杯」を唱和した後、フタを開けてみましょう。
掛紙の裏には、手描きコピーではあるものの個々の料理と食材が説明
されておりました。お茶の茶葉にはイチョウが含まれるらしいです。

20170527i.JPG 20170527j.jpg

樽見線大垣を発車すると、大きく左にカーブして東海道本線と別れ、
程なくして揖斐川の長い鉄橋を渡ります。…最初の見せ場ですね。

6個が連なる大きなトラス橋は、御殿場線単線化された時に余った
やつを再利用したものだそうで、開通は昭和31年の事です。

こんな大きなモノ神奈川県からどぅやって運んだのか?

乗客の大半を占めるおばちゃん達は、幾つかのグループで座ってるの
ですが、1人だけ個人参加の私を担当者は「コイツは鉄ヲタだろう」
見抜いたのか、ロングシートの一番前を頂きました。

そんな感じで薬草列車の旅まだまだ続きます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3744 乗り鉄日誌>第三セクター路線

樽見鉄道 薬草列車 ①

2017/05/26(Fri)

…先日の名古屋で、猫ヨシヨシは不発でしたが珍しい列車を見ました
クラ駅長です。

20170526a.JPG 20170526b.JPG

コレも一応は観光列車になるらしいのですが、名古屋から飛騨古川まで
行く臨時列車「ぬくもり飛騨路」ですね。

種別が今時珍しい「急行」なのですが、もぅ急行専用車両と言うのも存在
しませんので、ワイドビューキハ85系が充てられています。
ヘッドマークステッカーに見えるんですが。あと横幕は「臨時」です。

資料によると景勝地徐行運転したり、途中の下呂では30分以上の停車
時間
を取って物産品の販売なども行われるそうな。

全席指定ですが、見た感じ満席っぽかったので、指定券を取るのは大変
なのかも知れません。

さて新たな報告です。先日コレまた比較的近場のネタという事で樽見鉄道
の薬草列車に乗ってきました。
 
  20170526d.JPG 20170526c.JPG

同社の薬草列車5月~11月木曜と金曜に運転されています。
土日の設定がナイという珍しい状況ではありますが、翌日の前説にも
書いたようになかなか予定が合わず先延ばしになってたんですよ。

冬場に運転される同趣旨「しし鍋列車」には申し込んだのですが
コレはソノ日の分が定員割れで開催されなかったりもしました。

という事で、ようやく来れた大垣駅からスタートです。

20170526e.JPG 20170526f.JPG

当然に事前予約制なので、電話で予約して振込用紙を送って貰い、
代金を振り込んだら参加証と案内書が送られてくるという…現代では
アナログな仕組みです。

…同社の全区間に乗れる1日フリー乗車券が入ってました。
コレで大垣駅の改札を通る。帰りコレで帰ってくるという事ですな。

20170526h.JPG20170526g.JPG

定期列車前にもぅ1両薬草列車用の車両増結さけており、コレが
会場として使用されます。…516号は今では逆に珍しくなった樽見鉄道
のオリジナル塗装車
ですね。

ちなみに後方の617号は、三木鉄道廃止後に同社に引き取られた
車両で、唯一のセミクロス車でもあります。

20170526i.JPG 20170526j.JPG

LED式の方向幕にも、しっかり「薬草列車」の文字が入っております。

という事で車内に入ってみると…客は見事に全員がおばちゃん層!

コレが土日開催だったら、ソレなりに家族連れなども混じるんでしょう
けどね。男性ですら私1人だけという稀有な状況です。

ともあれ発車時刻になりましたので、薬草列車の旅がスタートです。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3743 乗り鉄日誌>第三セクター路線

建物を配置してみる

2017/05/25(Thu)

20170525a.JPG   
先日の大海あすかさん「お絵描き会」の時は、
何も考えずに北条町まで車で行ったワケですが、
鉄道を乗り継いで奈良から播磨下里まで行くと
どうなるか?改めて調べてみましたクラ駅長です。

幾つかのルートがあるワケですが、最も乗り換え
が少ないクロスシート車の区間が多いルートで
考えるに、奈良出発1時間も早くなるんですね。

一番の原因加古川線のダイヤの薄さにあります。

全線1閉塞北条鉄道頑張って1時間毎なのに
加古川線厄神から先が1時間40分開くんですよ。
…やっぱり次回も車にしようっと。

さて模型鉄です。前回までで商店街やタクシー会社などの建物用意
出来ましたので、今回はソレらを配置していく事にしましょう。

20170525b.JPG 20170525c.JPG

駅の場所最初に決まってますから、ソレを囲むように角材で土台を
設置していきます。…家並みの裏と湖の間田んぼにしてしまいます。

ベニヤ板の木目消えるまでプラスターを塗り、木工ボンドの水溶液
コーティングしてしまうのは、畑などの地形と同じです。

…続いては ジオラマ専用のコンクリート地面用の塗料灰色に塗装。
ムラにならないように何度か繰り返して塗りました。

20170525d.JPG 20170525e.JPG

駅前にはバス停ぐらい欲しいよね。って事で、バス停を買ってきました。
今時の屋根付きのスタイルです。車道部分はカットして、屋根の及ぶ
範囲のみを設置。…2個入りなので残り次のレイアウトで使うかな。

20170525f.JPG 20170525g.JPG

塗料の類乾いたら、いよいよ建物を並べてみましょう。ちなみに嵩の
高い建物
固定しませんので、普段はこんな感じで段ボール箱に収納
しております。…次回で紹介する予定お寺の建物も入ってますが。

自動車接着せず、ソノ時々のランダム配置とします。
なかなか「昭和の駅前通り」みたいな雰囲気になってるじゃないですか。

20170525h.JPG 20170525i.JPG

絡めて反対側から見るとこんな感じ。
…駅前の建物は「ジオコレ」で統一して、コンビニとかファミレスとかの
現代的な建物置かなかった事敢えて正解かも知れません。

タクシー会社も商店街の横に収まり、車両希望通りに配置出来ました。
プリウス初代セドリック同居してるのが「模型ならでは」だね。

があるから駅前に町が出来るのは自然な事として、空いてる空間は
どうしましょうか?全部を田んぼで埋めるのも芸がありません。

奈良をイメージしたレイアウトだから、ソノ辺はちゃんと考えてあります
樽見鉄道の報告の後、空いてる土地の処理方法に続きます。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3742 バーチャル蔵部駅