新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

きらきらうえつ ②

2017/07/21(Fri)

20170721a.JPG
飛行機
ついでにもう一件。コレは秋田
から大阪へ帰る途中に見た風景です。

元々が低い高度で飛ぶプロペラ機なの
ですが、着陸態勢に入る頃に奈良県を
横切るワケでして、わが故郷の町
ハッキリと確認出来ました

北から南の方向なので一般的な地図
とは
反対向きではありますが。

ついでに言うと、大阪府に入るともっと高度が下がりますので、鉄道の
線路なんかは列車が走ってる様子や両数、そして例えば近鉄ビスタカー
などの特徴的な車両明らかにソレと確認出来るようにもなります。

鉄ヲタ飛行機相容れない所があると言いますが、こんな楽しみ方
出来るという事をお知らせしておきたいクラ駅長です。

さて「きらきらうえつ」ですが、折り返しの車内清掃が済んだようなので、
早速乗車する事にしましょう。

20170721d.JPG 20170721e.JPG

車内はハイデッカー方式ですが、デッキから客室まではバリアフリー化
スロープになっています。…私の席は先頭の4号車、ギリギリだった
ので通路側ですが、ウロウロするのでこっちの方が都合がよろしい

…という事で、荷物を置いたらまたホームへ撮影に出ると。

20170721b.JPG 20170721c.JPG

形式としては485系ですわな。ジョイフルトレインの一種でしょうが、
殆どが定期運用なので4両とも普通車です。

クハは普通なら「481」の所を「485」というオリジナル形式700番台
国鉄時代
からサロンカー的な車両に振られがちな番号ですね。

関西人の私にはあまり馴染みがなく、今回初めて実物を目にしたワケ
なんですが、登場は2001年。…改造されてからもぅ20年近く経つのか。

20170721f.JPG 20170721g.JPG

座席横幅は普通車サイズですが、シートピッチはグリーン車並み
取ってあるそうな。そして運転席直後には展望室があります。

座ってる若者は、後姿がつばさ君に似てますが当人ではありません
ってかずっと座ったまま退かないので、仕方なくコノ状況で撮りました
…「空気を読めず欲望のまま独占する」って所も似てる事になるか。 

20170721i.JPG20170721h.JPG

展望室側面大きな窓や、運転席の背後から前方を望める空間の
取り方などは、やはり同じ東北地区「リゾートしからみ」などに通じる
所がありますね。

そんな感じで既に発車しておりますが、続いても車内の面白い所を探し
歩いてみる事にします。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3799 乗り鉄日誌>JR東日本

きらきらうえつ ①

2017/07/20(Thu)

…しかし飛行機という乗り物は、実際の出発時刻よりカナリ早く空港へ
行く必要がある
ワケで…今回も1105発だというのに奈良からのリムジン
バス
の都合で大阪空港に着いたのが8時半過ぎ

20170720a.JPG 20170720b.JPG

荷物を預けて「そらやん」を買ったら、後はする事がないワケなんです。

…必然的に朝から飲む事になるのですが、コノ時間ではまだモーニング
しかやってナイ所が多く、広い空港内ビールを探すのに苦労しました
クラ駅長です。

さて秋田です。突発的「きらきらうえつ」に乗ると決めたので、まずは
指定券を確保して、実景撮影と駅弁の購入なども済ませてしまいます。

20170720c.JPG20170720d.JPG

秋田駅3年ぶりぐらいでしょうか?
今回も「駅弁の種類が豊富な事」を楽しみにして来たのですが、以前に
(自分が)大好評だった「キングサーモン弁当」は見当たりませんでした。

翌日ピカチュウ親方に訊いた所「往々にして期間限定だったりするケース
が多い」との事。じゃあ取り敢えずは、前回と違う種類のを選んで買って
おきましょう。

そして画像はナイのですが、売店(Newdays)ビールを買おうとしたら
レジのお姉さんが 「大人の休日倶楽部会員証はありますか?」と。
…何やら会計が割引になるらしいです。「そんな歳ではありません。」
と返してしまいましたが。

ともあれ「きらきらうえつ」の入線まで少し時間があるので…

20170720f.JPG 20170720e.JPG

反対側のホームに停まる「リゾートしからみ」を見に行きました。
コレと「きらきらうえつ」延長運転となる「きらきらしらかみリレー号」
が、ココで相互連絡するというダイヤのようですね。

20170720g.JPG 20170720h.JPG

以前に乗った「青池編成」に続き緑色の「ぶな編成」新型車になって
しまい、キハ48で残るのはコノ「くまげら編成」だけなんですよね。
心を動かされるモノはありますが、目的地(羽後本荘)とは反対方向だ。

…しかし固定編成化して中間に挟まった運転席の、この汚さは何だ!
ワザワザ「外して洗う」という事はしないのでしょうが、見ててツラいぞ。

20170720i.JPG 20170720j.JPG

そんな感じで入線時刻となり「きらきらうえつ」が入ってきました。
下り便がココで折り返すので、ソレが着く1346に入線だというのは時刻表
を見れば分かる
話。

車内清掃が行われてるので、まずは外観からですが…
予想以上にキラキラしてますな。そして4両編成の全車がハイデッカー
方式
なので窓が高く、屋根も昔のブルートレインみたいな高い丸屋根
集中クーラーのようです。

…そろそろ車内に入れそうですか?では続いて車内紹介に移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3798 乗り鉄日誌>JR東日本

秋田への旅

2017/07/19(Wed)

その柳井港の駅前に、このような石碑がありました。「急行停車記念」

20170719a.JPG 20170719b.JPG

記念碑の前にスペースがあり、屋根みたいな鉄パイプがありますから、
花壇みたいな使われ方だったのかも知れません。

日付が「昭和四十三年十月一日」とあるから、いわゆる「ヨン・サン・トオ」
の白紙改正
の時でしょうね。山陽新幹線岡山開業を控え、山陽本線
一番賑やかだった時代の事だと思われます。

…当時は列車愛称も些か氾濫気味であり、全てを把握するのは難しいの
ですが「ヨン・サン・トオ」で柳井港駅通る区間増発された急行だけで
「玄海」
「ながと」「山陽」「はやとも」「日南」「雲仙」「西海」と…コレだけでも
カナリ多いですね。

もしタイムマシンが存在すれば、まずはコノ時代で乗り鉄してみたい
思ってますクラ駅長です。…明らかに今より大変だけど楽しそうだよね。

さて新たな報告ですが、時系列の通り次は社員旅行の前日のネタです。

20170719c.JPG 20170719d.JPG

休みは取れていたのですが東京前乗りが難しい(基本的にイベント参加
夜行バス使いたくない)ので、大阪から飛行機秋田まで行って
しまいます。

昼過ぎには着くから、夜までを自由時間にして現地でドコか見に行こう
…と考えておりました。

20170719e.JPG 20170719f.JPG

大阪~秋田の飛行機は今だにプロペラなので、飛ぶ高度が低いんだ
そうな。「その分、地上の景色がよく見えて面白い。」と…川副さん
言ってた通りの状況です。

左が佐渡島、右が男鹿半島なのですが、地図でよく知ってるのと同じ形
をしてました(当たり前だけど)。

20170719g.JPG 20170719h.JPG

…そんな感じで景色を楽しみつつ大阪から2時間弱秋田に到着。

空港には、飾られてるモノとは別に「なまはげ」のお面なども売って
ましたが、蓑や包丁などの小衣装&道具無かったね
あればフル装備で身に着けて、羽後本荘駅で待ってた所なんですが。

取り敢えずリムジンバス秋田駅に向かいます。
当初の予定では、先述の通り羽後亀田駅で降りて周辺を今西刑事
気分で歩いてみよう

とか思ってたワケなのですが、改札前の発車案内を見るに…

20170719i.JPG 20170719j.JPG

「きらきらうえつ」があるんですか!…しかしアレは新潟~酒田のモノ
ではナイのですか? …慌てて時刻表黄色いページを見直してみます。

そもそも行路を組む時に、臨時列車あまり意識しない(掲載よりカナリ
前に作る事が多い)ので、普段はあまり見ないんですよ。

正しくは「きらきらしらかみリレー号」
秋田から青森方面への「リゾートしらかみ」連絡させるべく、たまに
延長運転する事があるらしいという事を知りました。

みどりの窓口で訊ねてみるに「酒田までなら空きがある」という事なので
先に押さえておく事にしましょう。

やはり「きらきらうえつ」のメインの売り物は、上りの酒田~新潟で見れる
日本海に沈む夕陽なんでしょうね。惜しいハナシではあるものの、新潟
まで行ってると帰りが遅くなるのも事実。

…今回は「車両メイン」という事で「きらきらうえつ」の旅を始めます。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3797 その他の乗り物ネタ