新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

駅ノート 西岸

2018/09/22(Sat)

…そんな感じで続いてのと鉄道の駅ノートですが、次は西岸駅へと
向かいましたクラ駅長です。

ちなみに沿線他の途中駅田鶴浜能登中島にも寄り道してノート
有無を調べたのですが、双方ともにありませんでした。
田鶴浜能登中島有人駅であり、ソコに差があるのかも知れません。

20180922a.JPG 20180922b.JPG

西岸駅構造や雰囲気としては、よくあるローカル線の途中駅です。
こちらは対向式のホーム交換可能な駅ですね。

20180922c.JPG 20180922d.JPG

特筆すべきは、やはりココもアニメの聖地であるという事でしょう。
「花咲くいろは」ですか。例によって私は詳しく知りませんが。

ココは会社をあげてアニメヲタク…ぃゃ観光客の誘致に努めてるので、
駅舎内にもポスターが多数貼られ、劇中に登場する同駅がモデル
湯乃鷺駅駅名標も、ソレらしいのが設置されておりますよ。

元はアニメなのに、看板は実体というのが逆転現象で面白いわ。
西岸駅副駅名としては「小牧風駅」
…とココまでは、以前にも途中下車した時に見たのと同じ内容です。

20180922g.JPG
今回は駅ノートを描くワケですから、ソレを
メインに見ていきますが、何と冊数の多い事!
…最新のモノで35冊目になってます。

直近の5冊は何故か「№33」抜けてます
手近に出してあります。概ね4か月程度
1冊全てが埋まる感じに見て取れました。

そしてたバックナンバーが全部、ファイル化
されて残ってるの。

刑事ドラマなどで新人刑事が大量の資料
目の前に積まれ「え、コレ全部っすか!?」
というあの状況と同じだわ。

20180922h.JPGはい、流石に全部見てたらソレだけで
日が暮れそうなので、直近の5冊だけ
にしておきましょう。

先輩絵師さんの作品は、そけっとさん
河合野好さんの2点。確か大海駅長
最近描いてた筈ですが、抜けてる
№33に入ってたのかも知れません。

あとは駅ノート外同作品のファン
の方
の上手い絵が多くあります。

…そして管理者がコレまたマメな人なんでしょう。書き込みに対する
返事も書かれてました。…ネットの掲示板と違ってすぐに見れるモノ
ではナイですから、気になったらまた見に行く必要があるって事か?

20180922e.JPG 20180922f.JPG

例によって資料や筆記用具大量に用意されておりました。
東美浜でも見た「カニの手みたいなボールペン」ココにもあるのは
偶然でなく作為でしょうね。

名刺ホルダーもあったので、見たら大海駅長播磨下里お絵描き教室
のが入ってました。…私もいつものを挟んでおきましたよ。

20180922j.JPG 20180922i.JPG

…私のはもぅ、アニメのパロディというとコレしか浮かびません
ぱの旅館の仲居さんてんが主人公たちが通う学校の制服です。
のろ
面倒になって誤魔化しました。さっき主役だったからイイじゃん。

知らないながらに衣装などソレなりに再現してる」という点で見て
頂ければと思います。

絵を描いてて踏切の音が聞こえてくると、手を止めてホームに出にゃ
ならんような強迫観念があるのは、播磨下里での癖でしょうね。
何本か列車が来た中に「花咲くいろは」ラッピング車両もありました。

はい、では続いて能登鹿島ですよ。テンポよく行きましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4227 駅ノートの記録

駅ノート 笠師保

2018/09/21(Fri)

…という事でのと鉄道ですが、まずは笠師保駅駅ノートから始めて
参りますクラ駅長です。

先に言っときますと、現在も営業している路線に存在する駅ノートは、
ココ西岸能登鹿島3箇所。事前にネタを考えた時に、他の2駅
何とか思い付いたんですが、ココだけが浮かばなかったんですよ。

5月の丸銀石川県在住のねごつさんと久し振りに話した時に、事情を
説明して同駅についても訊ねた所が「何もナイよ」という返事でしたし…
さてどぅしますか?

20180921a.JPG 20180921b.JPG

ともあれ駅の状況から見て行きます。オーソドックスな木造平屋の駅舎
で、ホームは単線1面だけの駅でした。駅舎はあるものの無人駅です。

同社では観光PRのためか各駅に愛称的な副駅名が付けられており、
ココは「恋火駅」とも言うらしいです。

20180921c.JPG 20180921d.JPG

また同社の各駅には、国鉄時代からの琺瑯製の駅名標が残ってる駅が
多く、ココにも横長の大きなモノを含めて幾つか確認出来ました。

20180921e.JPG 20180921f.JPG

私が着いてすぐ、丁度駅に停まったのが観光列車「里山里海」でした。
…コレに関しては以前に乗った事がありますので、詳しくはまとめページ
を参照して頂ければと思います。

右の画像はホームにあった「恋火ホタル」という謎の物体
お酒のワンカップと思しきガラス瓶が並んでて、中にLED電球らしき
モノが仕込んであります。夜になったら光ったりするのかしら?

20180921g.JPG 20180921h.JPG

駅ノート窓口跡のカウンターに置かれています。

造花ではあるものの花瓶があり、おかんアートの一種と思しき刺繍
作った蓮の実らしきモノ(…全て推測の域を出ない物体ばかり)が
あったり、ココも無人駅ながらキレイに保たれている駅でした。

20180921i.JPG
先輩絵師さんの作品は河合野好さん
のが一点のみでした。

…愛称である「恋火駅」に因んだネタ
のようですが「ホビローン!」って何?

同氏の作品西岸能登鹿島でも
見かけましたが、書き込みから訪問
順を推測
するに、私と反対方向だった
ようで、ココが最終地点なのかな。

20180921j.JPG
さて私の分ですが…色々と考えて、
有名な缶コーヒーのCMパロディ
にしてみました。

…たまたまYouTubeにある総集編
みたいなのを見てたら、のと鉄道で
ロケをしてる分があったのと、アレ
には突拍子もナイ有名人が出てくる
事があり、ゲスト出演として大海駅長
 (あすかちゃん)を思いついたのです。

不自然に青いのは承知の上ですが、大海駅長の作風を尊重してます。

特に必然性が無かったので、最終のコマに笠師保駅の駅舎を入れて
無理矢理「ココが舞台」という事にしてありますが。

…と、いきなり苦しい展開から始まりましたが、あと4冊あるのよね。
果たして無事に回れるもんなんでしょうか?

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4226 駅ノートの記録

能登への旅2018 ①

2018/09/20(Thu)

車ネタで記事を書こうという日に、ナビ画面の画像を前説に使うと
紛らわしいのは承知の上ですが、消化して行かないといけません。

その台風21号直撃の日は、大阪方面へも何度か行きましたクラ駅長
です。…朝は電車が動いてたもんで、奈良の各職場では出勤したけど
帰れないという人が続出したらしいんです。

20180920a.jpg 20180920b.jpg

ローカルネタになるので他地域の方には悪いのですが、生駒山の下を
トンネルで抜ける第二阪奈道路動いてたものの、ソノ先の阪神高速
通行止めで大渋滞

古い阪奈道路倒木が多くて奈良行きの車線通行止めという事で、
カナリ面倒な事になりました。…売り上げが良かったからヨシとしますが。

20180920c.JPG
さてココからは一連の能登シリーズ最終章
のと鉄道駅ノート廃線跡巡りの旅を報告
して参ります。

昔は能登半島の先まで通じていた能登地方の
鉄道ですが、今は国鉄第三セクター化した
のと鉄道が、七尾線穴水までを残すのみと
なってしまいました。

しかし輪島・珠洲方面への廃線跡が、カナリ
面白い
状態で残っていると聞いてます。

で、駅ノート廃駅を含めて5箇所だそうな。

20180920d.JPG
穴水
までの現有路線に、笠師保・西岸・能登
鹿島とあって、珠洲方面への能登線跡波並
・恋路という感じです。

当日は昼過ぎ実家へ帰る用事があり、ソコ
から始めて翌日と翌々日2日半の予定。

…現地での廃線跡巡り目的の半分以上
占めますので、もぅ奈良から車で直行する
事にしました。

軸となる七尾までが約350km。およそ7時間
掛かる計算になっています。

20180920e.JPG 20180920f.JPG

途中で100km置きぐらいに休憩を入れつつ、七尾に着いたのが23時
概ね予定通りでした。

…普段ならココでホテルを取っておくのですが、着くのが深夜となると
何となく勿体無い気がして、当初からスーパー銭湯ネットカフェ
積りにしております。

20180920g.JPG 20180920h.JPG

駅から離れた郊外になりますが、予約できる&シャワーの設備がある
店舗を見つけたので、ココを押さえてきたんです。

ネットカフェに泊まるのは久し振りですね。家族があって家に帰り
たくない時は、よくこういう所で時間を潰してたもんですが。

パソコンが目の前にあるから、調べものやブログの更新も出来るし、
座卓の席を選んだのでそのまま寝る事も可能便利な世の中ですな。

20180920i.JPG 20180920j.JPG

日付けが変わった当日駅ノートがメインになるので、ココで下描き
などもやっておきます。…今回は大海駅長(のキャラ)特別出演する
ので、ソレは特に念入りにね。

明るくなったらガスを充填して出発です。…能登地方オートガス屋
さん少なく、ネットで調べた所に確認の電話をしたら既に廃業して
たり、探すのに些か苦労しました

そんな感じで、まずはのと鉄道笠師保駅からスタートします。

駅ノートにも廃線跡にも分類できないネタは、コノように「能登への旅」
という事にして途中で挟む事に致しますので、適当にお楽しみに

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4225 タクシーもどき運転日報