新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

三木鉄道を探る ⑧

2017/12/13(Wed)

20171213a.JPG
…そろそろスタッドレスタイヤの季節
なってました。
一般タクシーは、中古のホイール
取り付けたやつが用意されてますので、
車の担当者自分で取り換えます

とは言え奈良という所は、平地では滅多
に雪が積もらず「コレのお蔭で助かった」
という経験は、営業車に関して今まで
ありませんクラ駅長です

…もしかしたら今後は、経費節減「取り付け易い今時のタイヤチェーン」
に変っていくかも知れませんね。別にソレでもいいと思うし。

さて三木鉄道を探る旅ですが、続けて三木駅跡地記念公園を見て終了
となります。…始めたのが遅かったので、そろそろ陽が暮れてきましたよ。

20171213b.JPG 20171213c.JPG

何本かのレール転轍機などが、コレまたモニュメント的に残されており
ますが、ホーム線路高さが同じなワケはナイので、線路側を嵩上げ
した状態なのかも知れません。…このぐらい乗っとけば良かったな

20171213d.JPG 20171213e.JPG

信号機逆光でマトモに撮れないもんで、開き直ってこんな感じに。

三木線末期は途中に交換可能な駅なく全線1閉塞で運転されて
おりました。…第三セクター化加古川まで直通する列車なくなった
のが敗因かも知れませんね。

20171213f.JPG 20171213g.JPG

そして先程から気になってる、線路跡溝が切ってある状況…。
ココにもサイクルトロッコがあるんですか!

運転時間カナリ限られてるのと、車両にカバーが被せてあるので
どんな感じなのか分からないのですが、調べてみるに三木鉄道カラー
の車両
で、往復400m程度を走れるのだそうです。

20171213h.JPG 20171213i.JPG

経済成長期のように、役目を終えた鉄道完全に姿を消すでは
なく
、このように僅かにでも跡地が残されて存在が後世に伝えられ
いくという風潮は楽しい事ですよね。

そんな事を考えつつ、日暮れもそろそろ限界かと思うので、三木鉄道
の探索終えて帰る事にしました。

あと兵庫県で行ける廃線跡とすると、高砂線とか尼崎港線ぐらい?
以前に駅跡だけを巡った鍛冶屋線をしっかり見るのもイイかな。

では次回、お待ちかね(私が)沖島猫ヨシヨシの報告へと移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3944 鉄道廃線跡を探る

三木鉄道を探る ⑦

2017/12/12(Tue)

20171212a.JPG …続いて北条鉄道の車両なのですが、
窓枠の下のラインに沿って、このような
ワイヤー
が通してあるのに気が付き
ましたクラ駅長です。

私はまだ未見なのですがコレは、車両
側面にもイルミネーションを施して、走り
ながら光らせるための準備らしいです。

無駄に光る乗り物と言えば、私が一番
に思い付くのがデコトラなのですが。

それも現代のやつよりは菅原文太さん時代レトロな感じ?…デコトラ
というより「トラック野郎」ですかね。

お絵描き会「そういうお題」が出たら「そういう絵」を描いてやろうと
思いますが、どうなります事やら?

さて三木鉄道を探る旅ですが、終点の三木駅跡地で、駅舎を改装した
「三木
鉄道ふれあい館」を見ております。
一角で走行シーン前面展望などを収録したDVDが上映されてました。

三木鉄道に最終的に3両在籍していたミキ300型気動車は、全て他の
鉄道会社
引き取られ、今でも元気に走っております

20171212b.JPG 
103…ひたちなか海浜鉄道(そのまま)
104…北条鉄道(フラワ2000-3)
105…樽見鉄道(ハイモ295-617)

フラワ2000-3だけ盲点的に実車の
全体写真が見つからないのですが。

何れも車齢が若かったし、各地の第三
セクター会社シリーズ車両はみんな
同系列みたいなもんですからね。

ちなみにWikipediaを見ると、それぞれの買い取り価格も出てまして…

105…樽見鉄道=3,470万円
104…北条鉄道=1,785万円
103…ひたちなか海浜鉄道=500万円

売れた順番により、希望価格下回って交渉売れ残りを叩き売った
という感じらしいのですが、エラく差がついたもんですな。

20171212c.JPG
そして2008年三木鉄道は惜しまれつつ廃線
となり…と言うかよっしーじゃないですか!

…何かの指示を出してるように見えますね。

他に画面を見てる人が居なかったもんで
管理人のおじさん許可を頂いて巻き戻し
一時停止をかけて確認してしまいました。

テロップは「さよならグッズが売られていた
と、あくまで他動的な書き方ですがコレは
「売ってる人」であり、編集方法に一抹の
無責任さを感じるのは私だけでしょうか?

20171212d.JPG 20171212e.JPG

「ふれあい館」の見学はコノ辺にして(…面白いネタが拾えたので)屋外
へ出てみましょう。

隣接して「MIKI夢ステーション」という、カフェが併設された産直売店
ありましたが、夕方で閉店した所でした。車庫を再利用した建物だそうな。
 
広場は児童公園になっていますが、遊具に三木鉄道風のカラーリング
の乗り物があるのが微笑ましいですね。

20171212f.JPG 20171212g.JPG

元の貨物ホームの上屋休憩スペースとして残されており、横には
グランドゴルフゲートボールどう違うのか?)のグラウンドがあります。

時間帯によって使用するグループ明確に決まってるようで、責任者の
氏名と固定電話の番号まで表示されてますよ。…今時大丈夫なのか?

…アレはお年寄りのレジャーではあるものの、場所取りゲームの判定
を巡っての対立やトラブルが結構あると聞きます。
要らん事でエネルギーを使って死期が早まったらどうするんでしょう?

20171212h.JPG 20171212i.JPG

要らん事を心配しても仕方ナイので、続いては「鉄道の駅だった」という
痕跡を見て行く事にしましょう。

電柱に記された「工」のマークは、やはり国鉄(工部省に由来)のモノか?

そして線路跡は、モニュメント的にレールが残されてるようでもあり、
ソレにしては溝が切ってあるから何かが走るようでもあり…答えは次回
になりますが、更に見学を続けます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3943 鉄道廃線跡を探る

三木鉄道を探る ⑥

2017/12/11(Mon)

昨日は毎年恒例奈良マラソンの日でした。

20171211i.JPG 20171211j.JPG

午前中を中心に、奈良市内の中心部から天理方面にかけて、カナリ
大規模な交通規制が敷かれるのですが、規制上手く避けつつ目的地
へ行くというのがゲーム感覚で面白く、始めて最初の年は嫌だったけど
最近は楽しく感じるようになってきましたクラ駅長です。

さて三木鉄道を探る旅ですが、起点の厄神駅から営業キロにして6.6km
終点の三木駅跡地に到着しました。

20171211a.JPG 20171211c.JPG

ココは元の駅舎「三木鉄道ふれあい館」として残され(15m程度移築)、
ボランティアと思しき年配の男性が案内役として常駐しています。

奈良からソレほど遠い場所でもナイのですが、全国乗り潰しという
ネタを思い付く前に廃止されてしまったので、現役の頃には来れません
でした
木村鉄道入る前でもあったしね。

20171211d.JPG20171211b.JPG

出札口現在の施設としての事務室なのか?改札のラッチも残って
ますが、ホームへの出入口閉鎖され、小さなタイルを材料にした
モザイク絵列車が停まってる様子が再現されています。

元の待合室と思しき残りのスペースは、資料館のような展示室です。

20171211e.JPG 20171211f.JPG

三木鉄道移管直後は、キテツ1型(元フラワ1985型)と同一の
2軸タイプLE-CarIIシリーズだったんですよ。ソノ名もミキ180型

幾ら建造費をケチったとは言え、やはり輸送力に限界があったようで、
その後はLE-CarIIを採用してた各社と同様一般的なサイズの気動車
に変っていく事になります。

写真を見てると、別府鉄道だとか他の路線のモノも混じってますね。
広く「播磨地方の鉄道に関して」という事にしておきましょう。

20171211g.JPG 20171211h.JPG

本棚には「鉄道ファン」「鉄道ジャーナル」などの雑誌がずらーっと
カナリの冊数のバックナンバーが揃ってるようです。…こういうのは
恐らく個人の寄贈でしょうね。

ガラスケースには鉄道模型クリアファイルなどのグッズがありますが、
どうやら売り物ではナイようです。…だったら展示してどうする。自慢?

ともあれ屋内の展示物を見てると、上映されているDVD気になる人物
映ってる事を発見してしまいました。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3942 鉄道廃線跡を探る