新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

別府鉄道を探る ⑩

2017/09/29(Fri)

関西国際空港へ行くと毎度目に付くのがコレなんですが…

20170929b.JPG20170929a.JPG

今回もポケモンストアパイロット仕様巨大ピカチュウ(中でトランポリン
みたいな遊びが出来るやつ)に見送られ、旅立つ事になりましたクラ駅長
です。…他の空港にはナイのに、何で関空だけなのかしらね?

やはり国際空港であるが故に、外国人ウケを狙ったものなんでしょうか?

さて別府鉄道を探る旅ですが、そろそろ野口線終点である野口駅
到着です。先述の通り、昔(1984年まで)は山陽本線加古川からココ
を経て高砂港まで、国鉄高砂線が走っておりました。

20170929d.jpg 20170929c.JPG

高砂線の廃線跡というのも、殆どの区間が道路に転用されており、
信号機などの設備モニュメントとして残ってるらしいと聞いております
ので、今後の課題になるでしょうね。取り敢えず今回は野口駅跡です。

花壇のように嵩上げされた部分に線路が敷かれ、気動車用のDT22
思しき台車が置かれています。…「台車1個」というのも珍しい?

20170929g.JPG20170929h.JPG

所でコノ台車気動車用なので変速機に繋がるディファレンシャル
(継手)
が片方に付いてる構造なのですが、試しにシャフト(軸)部分
を触ってみたら、ちゃんと回転しました!優秀なベアリングだな。

20170929e.JPG 20170929f.JPG

野口駅高砂線で、加古川から1つ目の駅だったワケですが、昭和の
時代同名のアイドルさんと言えば「新御三家」野口五郎さんですよ。

Wikipediaによると現役当時彼のファンの皆さんの聖地だったとか。
四国予讃線には五郎駅があるワケで…「野口→五郎」の切符が
発券出来れば、さぞかし売れた事でしょう。でもココ既には無人駅…。

ちなみに「野口→五郎」廃止当時の普通運賃で調べると、宇高連絡船
を入れて4,900円と出ました。…記念切符として買うには高いかな?

20170929i.JPG 20170929j.JPG

そんな感じで最後は一度、加古川駅に立ち寄ってから、自転車を借りた
東加古川駅まで回送して別府鉄道を探るサイクリングの旅は終了と
なります。…午後から天気が良くなったのでカナリ日焼けしましたよ。

高砂線跡地と、かつめし他のお店次回以降の課題ですな。

時系列としては梅宮大社の猫ヨシヨシagainに繋がりますが、既に終わり
ましたので、次回の記事は同じく京都府浄瑠璃寺における猫ヨシヨシ
へと移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3869 鉄道廃線跡を探る

別府鉄道を探る ⑨

2017/09/28(Thu)

折角の北海道なのにカメラが不調な状態で大丈夫だったのか?ですが…

20170928a.JPG
不具合による影画面の右上に出る
のは分かってますので、ソレが気になる
ような構図
になる場合、あらかじめ画質
(画像サイズ)を上げて
おいて、被写体
左下に寄せて撮る

…で後からトリミングして、影の部分を
切って
しまうという事を続けておりました
クラ駅長です。

右上に写るのが色の濃い物だったり、複雑なトーンになったりする時は
気にならないのですがね、上のような空や看板困り物です。

ともあれ、次に使う予定10月14日までに直るので一安心ですわ。

さて別府鉄道を探る旅です。引き続き円長寺駅の跡地を見ておりますが…

20170928b.JPG 20170928c.JPG

車両と併せて、駅で使われていたであろう駅名票廃止時の案内看板
などが残されています。

円長寺という駅名は近くにあるお寺に由来するのだと思われますが、
地図で見るに「円長寺公園」というのも別に存在するようです。…じゃあ
ココは何て言うの?標柱のようなモノを探したけど見つかりません

20170928d.JPG 20170928e.JPG

敷地内にあるベンチも、見た感じ枕木の廃物利用でしょうか?
ともあれキハニちゃんに会えましたので、廃線跡の旅を再開です。

暫く行った県道386号線と交差する付近が藤原製作所前駅跡地
ようです。…藤原製作所という会社は「株式会社テイエルブイ」と名前
を変えて現在も存在する機械メーカーで、コノ他にも付近には食品工場
などが多い地区のようでした。

加古川・野口方向から、ソレなりに通勤需要などもあったのかもね。

20170928f.JPG 20170928g.JPG

その先の水路(呼称不明)にかかる橋は、鉄道のガーター橋そのまま
転用した感じのモノでした。…こういうのは面白いから好きです。

と、ココでそろそろお昼なので昼食にしましょう。…加古川と言えば
名物の「かつめし」という料理がありますので、事前に調べてきました。

20170928h.JPG 20170928i.JPG

先程の鉄橋から水路に沿って、少し南へコースから外れた所にある
「ラッキー食堂」というお店が近そうなので、ソレにします。

御飯の上にボリュームのあるカツレツ牛・豚・鶏などが選べる)が
載っており、デミソースともまた違う感じのコクのあるソースが掛かった
お料理です。…ずっと自転車を漕いできましたから、コレは美味い

お店によっても味に差があるらしいので、今後また食べ比べの出来そうな
ネタでもありますね。

20170928j.JPG
そしてコノ「かつめし」にも擬人化
された萌えキャラちゃんが存在する
という…ソノ名も「かつめしちゃん」
https://twitter.com/katumesiです。

ホントに播磨地方の人ってもぅ…。

ともあれ食事を終えたら元の廃線跡
に戻り、遊歩道間もなく終点です。
駅跡ではナイけど東屋がありました。

この先の広い道路を渡ると野口線の終点で、国鉄高砂線に接続していた
野口駅の跡地に出るようです。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3868 鉄道廃線跡を探る

別府鉄道を探る ⑧

2017/09/27(Wed)

年に1度の北海道という大仕事を終えたので、再びカメラの修理
試みるべく、空港から梅田ニコンプラザ直行しましたクラ駅長です。

20170927i.JPG 20170927j.JPG

流石に本家本元だけあって、見積工期ソノ場で出ました(10日程度)
しかも宅配便自宅まで届けて貰う手続きも出来ます(別途手数料)。
「今までのは何だったんだ?」という事にもなりますが。

さて別府鉄道を探る旅です。引き続いて野口線跡を進んで行きますが…
野口線はカナリ早い時期に貨物の取り扱いヤメてしまい気動車に
よる旅客列車が運転されていた路線です。

途中駅は別府港別府口坂井円長寺藤原製作所前野口

20170927b.JPG20170927a.JPG

こちらもほぼ全線区間遊歩道として整備されており、駅の跡地には
こんな感じで休憩出来る東屋が設けられております。

「夜桜会」って何やねん?ですが、消えかかってる元の表記を見ると
「坂井休憩所」と読めますね。ココが恐らく坂井駅の跡地でしょう。

20170927c.JPG 20170927d.JPG

遊歩道(左)一般の道路(右)が並行している所もあります。
変わった光景に見えますが、一方が鉄道線路だった事を想像すると、
まぁよく見る風景ですね。…線路跡玄関が向いてるお家は、廃線後
に建った
モノかも知れません。

そして公園風に少し広くなった所が円長寺駅の跡地だという事で、
ココにもう1両の保存車がありました。

20170927e.JPG 20170927f.JPG

三岐鉄道からやってきたバケットつきのキハ2号ガッタン姉妹では
長女キハニちゃんに当たります。

そしてこのキハニちゃんは、保存会の皆さんによる復元作業が行われ
ており、社員旅行北条鉄道を訪れた時に案内して下さった誉田さん
がその世話人でもあるんですよ。
…アレ以来、ずっと「実物を見てみたいな」と思っておりました。

20170927g.JPG 20170927h.JPG

こちらも雨ざらしカナリ痛んでるようですが、着々と進んでる感じです。
オリジナルオレンジ色のツートンカラーでしょうが、何故かピンク?
今後の展開が期待される所です。

ではコノ円長寺駅の跡地をもぅ少し見てから、廃線跡の旅へと戻ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3867 鉄道廃線跡を探る