新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

沼島への旅 ③(猫空振り…)

2017/09/11(Mon)

…先日、会社の研修で何度目かの飛鳥地方へ行きましたクラ駅長です。

20170911i.JPG 20170911j.JPG

新しく見学出来たのが、去年オープンした「四神の館」というキトラ古墳
の壁画に関する体験学習施設です。…今時の施設らしく、暗めの室内
凝った感じの展示方法で、なかなかイイ感じの所ですよ。

さて沼島ですが、よりも神社が矢鱈と目に付くので、一応お参りして
いく事にしましょう。先述の沼島八幡神社です。

20170911a.JPG 20170911b.JPG

灯篭の竿には「鱧縄中」とあります。コレは「鱧縄中」というグループが
コノ灯篭を寄進したという事。…鱧を獲る漁師さんたちの事でしょう。

…現在でも沼島では鱧料理が名物なのか、ソレを扱う料理屋さん
何軒か見かけました。
いいお天気で、石段を登ると眺めのイイ所ではありますが、猫は?

20170911c.JPG
離島にありがちな狭い路地などを探してる
のですが、なかなか見つかりません。

すると、お婆さんを連れた介護施設の女性
から「どちらへ行かれますか?」って感じで
声を掛けられました

観光客に対する親切なのか、不審者を警戒
してるのかはです。好意的に前者として…

離島に居てがちな猫探しております
と、一応正直に答えておきました

お婆さんも「あー、昔は沢山居たんだけどねぇ」みたいな反応です。

…私が見たネットの情報だと、つい2年ぐらい前の記事だったのですが
ソノぐらいでも状況か変わる事があるのかも知れません。

20170911d.JPG 20170911e.JPG

ともあれ島内の地図を見てもう一箇所気になってた神社があるので
行ってみます。「おのころ神社」と書いてありますね。

日本書紀によると、イザナギイザナミという夫婦の神様が天の上
から、まだマグマ状だった地球に剣だか杖だかを突っ込んでグリグリと
かき回し、垂れた滴が固まったモノ島となった

コレが「淤能碁呂島」という、日本列島で最初に出来た島なんだそうな。
で、おのころ島の伝承地ってのが淡路島周辺に幾つかあって、沼島も
ソノ1つだという事なのでしょう。

ソレはいいんですが、近いと思ったら結構な山道でした。
霊験あらたかな場所ですから、簡単には行けない所にあるようです。

20170911f.JPG 20170911g.JPG

簡素な拝殿素朴な神社ですが、島の人たちからは大切に祀られてる
ようです。で、敷地内にイザナギとイザナミの石像がドーンと。

…どう考えても自動車が入れない山の上に、どうやって設置したのか?
ヘリコプターで空輸するとか、大掛かりな工事だったのかも知れません。

しかしコノ剣だか杖だか失礼ながらステンレス製の物干し竿にしか
見えないのですが…もぅ少し凝った素材は無かったのか?

20170911h.JPG
由緒のある神社ではあるものの、
ココにも猫は居ませんでした

ソノ代わりに見たのが、参道の脇の
防火用水から出て来た大量のカニ!

前回の祝島では、空振りの代わりに
出会ったのがわんこ1匹でしたが…
コレまた微妙なセレクトですな。
正直ヨシヨシしにくいじゃないですか。

…という事で今回も猫に関しては空振りに終わりました沼島の旅ですが、
夏のイイお天気の日に、よく歩いて適当に勉強になった一日でした。

コノ辺で些かネタが枯渇気味になりましたので、次回からはお手軽に、
地元の廃線跡を探ってみる事にしましょうか。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3851 駅長が見た風景

猫がやっぱり居なかった祝島 ②

2017/07/16(Sun)

20170716a.JPG
シフトが改まりました
ので、カレンダー
も新しくなりました
…画像の下にある標語は、毎月自分で
考えて提出するモノなんです。

会社全体で事故の統計を取った場合、
やはり多いのが後退時(バック)
事故なんだそうで「ソレを無くすには
どうしたら良いか?」という事をいつも
聞かれるんですよ。

全車にバックモニターを標準装備すればイイと思うんですが、ソレは
流石に無理があるので、「バックしなければバックの事故は起こらない
という結論に至りました。

要するに住宅地などで「遠回りになっても迂回すればそのままの向きで
戻れる」という状況があるでしょ?「そんな時はそうする」と言うか…。
…何事も「発想の転換」が大事だと思いますクラ駅長です。

さて祝島ですが、先程から結構な気温の中を「ねっこねっこ~♪」と歌い
つつ歩いておりますが、なかなか見つかりません

20170716c.JPG 20170716d.JPG

こういうにありがちな急な石段を登って、高台の方へ行ってみました。
…取り敢えず「キレイな景色だなあ」とは思うのですが、猫は?

そもそも何で「祝島で猫ヨシヨシ」なのかと言うと、ネットで前回までの
続きから調べて、ソレなりに「居る」という情報があったからなのですが、
殆どが10年近く前のモノだったりして、 ソノ辺の危惧は何となく感じて
おりました。…しかし近くまで来て放っとくワケにも行かんと言うかね。

20170716b.JPG20170716e.JPG

そんな感じで1時間以上歩いて、人間以外で会ったのがわんこ1匹…。
コーギーって云うんですか?何となくやる気のナイ表情をしてますが、
私の心中もこんな感じなので、状況にピッタリではあります。

やはり情報が古かっただけに、今回は完全な空振りだったようですね。

20170716f.JPG 20170716g.JPG

疲れたので港の近くの喫茶店で休憩。自家製のケーキなどを頂きます。

ついでの事に、店のご主人「猫について」訊ねてみました。
コノ店の雰囲気に合う「ほっこり系」な男性でしたが、曰く「確かに以前は
沢山居たんだけど、病気が流行って全滅した。」のだそうです。

閉鎖的な空間なだけに、そういう事には弱いのかも知れませんが、島に
よっては「増えすぎて困ってる」所もあるだけに、残念なお話ですね。

証拠と言うか何というか、ソノ頃に広島に住む女性カメラマンの方が
撮った写真を何点か見せて頂きました。…惚れ込んで通ってたそうな。

20170716h.JPG 20170716i.JPG

「サービスにどうぞ」という感じで、名産のビワを頂きました。
売り物にならないやつ立派に見える美味いけど)が、このような
飲食店に回ってくるルートがあるらしいです。

帰りの船には、そのビワが大量に積まれておりました。

ともあれ今回は空振りでしたが、好天の中をカナリ歩いたからイイ運動
にはなったかな?
再び柳井港駅から山陽本線に乗り、帰途に就く事にしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3794 駅長が見た風景

猫が居ないかも知れない祝島 ①

2017/07/15(Sat)

20170715a.JPG少し前の前説で「仕事で行く大阪が恐い」
というハナシをしましたが、実は京都
恐いクラ駅長です。

…やはり大阪と同じく、車線が多くて
車の量も多い所へ、京都は市バス
頻繁に走ってて左端の車線を塞いでる
し、学生が多いから原付も多いんです。

長距離のお客有り難い存在ですが、
出来れば奈良県内を走ってたいね。

京都帰路の高速代が出ないから、帰るのも遅くなるし…。

さて、ココまで来るだけで無駄にページ数を空費した感じの祝島ですが、
ようやく上陸しましたので、猫を探しに出かけましょう。

…ちなみに私はいつも猫探しの時は、他人に聴かれないレベル音量
ではありますが「ねっこねっこ~♪」歌いつつ歩く癖があったりします。

20170715b.JPG 20170715c.JPG

案内図によると、島の大きさはタテヨコとも一番長い部分で4km程度
でしょうか? 集落東の端に固まっており、急斜面を登った真ん中の
高台学校があるようです。 …瀬戸内海の島は、概ねこんなスタイル
の所が多い
ような気がしますが。

今回の滞在時間1時間と50分。船から降りた「他所者」は私の他に
釣り目的のおじさんが数人と、何かの仕事で来たらしいパンツスーツの
女性が1人
。…純粋な観光客は私だけのようでした。

20170715d.JPG 20170715e.JPG

地図をよく見ると、随所に猫マークがありますね。説明には「猫エリア」
と書かれています。 じゃあココから行くのが常道でしょう。

20170715g.JPG 20170715f.JPG

そんな感じで探索を始めます祝島の集落も、他の離島にありがちな
感じ
自動車不可の狭い路地が入り組んでおります。

ココの建築の特徴として、石積みの壁漆喰で塗り固めた「練塀」という
モノがあるそうな。 台風がよく通る場所なので、ソレに耐え得る構造
工夫されてるのだと聞きました。

「チャリンコハウス」という、無理矢理な名前自転車置き場があり
ますが、なかなか出てきませんねぇ。

20170715h.JPG 20170715i.JPG

ようやく1匹発見か?と思ったけどスケールがおかしい
…よく見たら置物でした。 と言うか今までだったら船が着いた時点で
何匹かのお出迎えが来るもんなんですが、今回はソレも無かったし…。

個性的な構造のお家の間を縫いつつ、猫エリア外ウロウロと歩いて
みましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3793 駅長が見た風景