新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

サッポロビール園 ③

2017/10/29(Sun)

駅の乗り場から旅の若者2人を乗せたんですが、コレが少し変わって
ました
。タクシーは普通、客が2名だと並んで後部座席に乗るモノだと思う
のですが、何の説明もなく1人が助手席に座るのです。

例えばコレが友達の車だと、コノ状態が一般的かとも思うんです。また
後部座席車酔いするから前に座らせて欲しい」という人は時々います。

気になるもんで「ダメというワケではナイけど何で?」と尋ねてみました。
(実際の所、後ろが空いてるなら後ろに座って欲しい。)

「僕ら石川県から来たんですが、石川ではコレが普通なんです。」と…。
加えて「料金を払う方が前」という決まりもあるらしい。

「ケンミンショー」のネタみたいな話ではありますが、ホントに?
じゃあ完全に1人の場合は?…コレは普通に後部の左側だそうな。

まだまだ知らない事が沢山ありますね。勉強になりましたクラ駅長です。

さてサッポロビール園です。引き続き博物館の見学ですが…
前回の北海道工場は、主にビールの製造工程などなのに対し、こちらは
その歴史や広告の移り変わりなどの展示がメインでした。

20171029a.JPG 20171029b.JPG

そして撮影も自由という事で、代表的なのがこんな所でしょうか。
どちらも子供心に覚えてる感じですよ。

ポスターのモデルさんは最初(昭和初期など)は主に美人女優なんかを
起用してたのが、途中から時々男性の俳優さんが混じるようになります。
コレは三船敏郎さんですか。

サッポロビールの企業面接に来た男子学生が、面接担当者何を
訊いても全く答えない。で流石にアタマに来て「何とか言いなさい!」
と言ったら「男は黙って(略」。…コレで採用決定!という話があります。

…まぁネタと言うか都市伝説だと思いますよ。少なくとも真似しない方が
イイでしょう。

20171029d.JPG 20171029c.JPG

そんな感じで見学を終えそろそろお昼ですね。レストランが併設されて
おり、幾つかのお店があるようなのですが、ドレにしようかな?

20171029e.JPG 20171029f.JPG

見学スペースと同じ開拓使館にあるジンギスカンホールが、基本的かつ
リーズナブルかな?という事でココに決定。…雰囲気付けとして展示して
あるケッセルという仕込み釜は、大正時代のモノらしいです。

やはりジンギスカン料理がメインのようで、最初から焜炉と鉄板が用意
してありますが…北海道の形なのが笑えました。「ビール庭園」の方とは
違いますね。

20171029g.JPG 20171029h.JPG

出て来たラム肉の盛り方が、コレまた北海道に見えるんですがコレは
偶然
でしょう。狙ってたとしてらスゴいのですが。

食べ放題のコースなどもありますが、貧乏なので節約すべく単品注文
にしたのですが、追加してるうちに食べ放題を上回る私の負け!
そのシワ寄せが、後日のセイコーマートへ行く事になります。

ともあれビールとジンギスカン腹も満たされ午後の予定に移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3899 駅長が見た風景

サッポロビール園 ②

2017/10/28(Sat)

奈良も段々と観光シーズンに入り、観光の仕事が多くなってきました
クラ駅長です。コレまた先日、仕事木津川市浄瑠璃寺へ行きました。

20171028j.JPG20171028i.JPG
 
前回はプライベートで猫ヨシヨシに行ったのですがソレ以来、仕事として
は久し振りになります。

…見た感じ意外と猫が少なめだったので住職さんに訊ねた所、
寒くなったからねー、みんな部屋に籠ってるよ。」との事でした。

しかし何匹かは受付近くの廊下などに居まして、団体で来てた学生さん
たちがヨシヨシしてました。

…お寺の方が1匹抱っこしたまま案内してるとか、絶対に狙ってるでしょ?

さてサッポロビール園です。ココは2015年までは実際のビール工場
併設されていたらしいのですが、現在の北海道での製造拠点は完全に
恵庭北海道工場に移ったという事で、博物館と飲食店だけになって
おりますが…

20171028a.JPG 20171028b.JPG

レンガ造りレトロな建物と併せて、この煙突も周囲から目立つので
風景としての名物になってるようですね。

まず総合受付があり有料見学ツアーの他、レストランの利用申し込み
ココなようです。

20171028c.JPG 20171028d.JPG

時間の都合で今回は、勝手に見て回れる自由見学(無料)にしておき
ますが、展示品以外に建物一見の価値がある気がしました。

近代的な工場清潔感があってイイものですが、こんな所で作った
ビールはまた趣きが違って美味いのではナイでしょうか?(お隣の札幌
ファクトリーでは地ビールとして僅かに製造もしてるそうな。)

20171028e.JPG 20171028f.JPG

一応、去年北海道工場を見学した時の記憶を思い出しつつ見ており
ますが、巨大な煮沸釜も残されておりました。…こういう装置も時代に
よって進化していくモノ
なのでしょう。現物は昭和40年から最末期まで
使われてたモノらしいです。

20171028h.JPG 20171028g.JPG

建物の模型文献資料など…。
北海道で最初にビールの製造が始まったのが明治9年の事。当時は
開拓使というお役所が行う官営事業だったようです。

…やはり同時期から北海道でも日本酒の製造は始まってるようですが、
ソレらは民間の造り酒屋さんの仕事であり「文明開化」というモノとは
一線を画してたのかも知れません。

段々と腹が減って…というかビールが飲みたくなってきましたが、見学は
もう少し続きます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3898 駅長が見た風景

サッポロビール園 ①

2017/10/27(Fri)

いつも仕事で車を駐めさせて頂く、薬師寺門前奈良漬け屋さんで、
お客さんが買い物をする時に「たまには私も」という事で買いました。

20171027i.JPG 20171027j.JPG

セロリってのが珍しいでしょ。普通は瓜や大根が基本だと思うのですが、
見てるとゴボウだのスイカだのメロンだの色々な種類があるんです。

…思い付くモノを片っ端から漬けて商品開発してるのかも知れません。

セロリは私は、ナマよりも刻んでカレーに入れたりもしますので、奈良漬け
で食べても美味いのではナイか?と思ったんです。…はい、シャキシャキ
した
歯ざわりがイイですね。

さて北海道です。開拓の村馬車鉄道などを見た後、苗穂方面へ戻って
きました。

20171027a.JPG 20171027b.JPG

苗穂は元々は機関区があった所で、現在は苗穂運転所として近隣で
使用する気動車の車両基地にもなっています(電車は札幌運転所)。

ココで午後から、JR北海道の苗穂工場の中にある北海道鉄道技術館
を見学に行くのですが、少し時間があるので先に昼食にしましょう。

20171027c.JPG 20171027d.JPG

駅から少しの所にサッポロビール園という施設があり、ココに
ジンギスカンのレストランやら、ビールの歴史が学べる博物館がある
という事なので、今日はココと決めておりました。

札幌周辺には、似たような名前サッポロビール関係の施設複数
あって、私も地元で調べてる段階では「ドレがドレやら?」だったの
ですが、まず「サッポロビール園」ってのが上記のソレですね。

20171027e.JPG 20171027f.JPG

千歳線「サッポロビール庭園駅」の近く、恵庭市にあるのがサッポロ
ビール庭園北海道工場…。去年に行ったヤツです。

そして札幌ファクトリーってのが、工場跡の建物お洒落に再利用した
商業施設と…。ようやく全体を理解した感じですよ。

見ての通り、この施設も元はビール工場だったようで、ソレを改装して
の博物館という事になりますか。
積まれた樽何やら書いてあるのが見えるのですが、何と読むのか?

20171027g.JPG 20171027h.JPG

「麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる」か。素直に横書きに
すればイイのに。と思うのですが、開業式の時のサイン復元したモノ
という事で「そりゃ仕方ナイ」という事に納得です。

こっちが建物の正面でココに受付があるらしいので、行ってみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3897 駅長が見た風景