新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

ジオラマの「縁」の製作

2017/06/27(Tue)

帰ってきましたクラ駅長です。

20170627j.JPG 20170627k.JPG

昨日は予定通り、朝一の飛行機秋田から大阪(伊丹)に戻り、奈良
帰ったのがお昼前。…そのまま15時30分から夜勤に突入しました。

私としては、社員旅行最後の最後ピカチュウ親方の独り勝ちだった
(と聞いてる)事が通快で大笑いです。

…以後に真似するヤツが出てくると困るけどな。例えばツアーの中で
グランクラス(又はグリーン車)
2席だけ取っといて、くじ引き又は
ジャンケン勝った1人が目的地まで社長と同伴。…というのがあって
も面白いと思うのよね。川副さんに訊くと「イイよ」との事でしたが。
 
さて模型鉄ですが、ジオラマ作成終了段階最後の大きな作業です。

20170627a.JPG 20170627b.JPG

ココまで色々と段階的に作ってきたワケですが、ジオラマのベースにした
パネルの上に、地形や水田など載せて固定したものの、その「縁」
何の処理もしてなかったんですよ。

コレでは足を引っかけて破損する恐れがあるし(と言うか実際に壊した
見栄えも良くないので、ホームセンター角材を買ってきました。
雨の日だったので、入口に置いてあった傘袋が重宝しましたわ。

20170627d.JPG 20170627g.JPG

パネルの厚み2cm少しなので角材の幅3cmです。こんな感じで、
まずは木工ボンドで仮留めして、余ってたレール用の釘で固定します。

…手前の水田の周辺特に問題ナイようですね。

20170627c.JPG 20170627e.JPG

問題なのは奥手の山側です。目分量で作ってたので明らかに隙間が
出来たりハミ出たり数値的なムラが多くて困りました。自業自得

…ソレを補正するのに、土地足したり削ったりの作業が要りますが、
山を除いた最高地点平地より3cm高いので、6cmの同じ厚みの角材
を貼っていきます。

20170627f.JPG 20170627h.JPG

接合部分斜めにカットして処理。…大雑把ではありますが全ての
箇所同じ数値にしたから、見た目は揃ってる筈ですよ。

20170627i.JPG
…選んだ材料が薄かったので隅に
を打つ
のに苦労しましたが、何とか
恰好が付いた感じでしょうか?

最初にも触れたように、このパネル
大学時代に写真用として作ったモノ
使い回しです。
カナリの精度での出来だと思ってた
のですが、複数枚を接合しようとすると
結構なバラつきがあるもんですな。

…という事で、後は細かい修正や仕上げ誤魔化しなどが済んだら完成
となります。ブログは明日から一応、社員旅行の報告に移りますので、
この続きは、またソレが一段落したら。という事で適当にお楽しみに



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3775 バーチャル蔵部駅

湖沼の作成

2017/06/22(Thu)

20170622a.JPG 
その周ニャン市で泊まったホテルの部屋
にあった電話機なのですが…

プッシュホンにある「*」アスタリスク
手っ取り早く言いたい時「米印」
口頭で表現するのはアリでしょうが、
字に書いちゃうのはどうなのよ?と思う
クラ駅長です。

テプラ文字の設定が無かったのか?

さて、可部線の報告加計駅一区切りかな。と思うので模型鉄ネタ
挟んでみます。トンネルが出来たら次は鉄橋の下湖の部分ですね。

20170622b.JPG 20170622c.JPG

発泡スチロール基礎を作る段階でこのような堤防を作ってあったの
ですが、波釘が一箇所水面に出てしまう部分があるので、ちょっと足して
隠します


20170622d.JPG 20170622e.JPG

続いて地形を加工するプラスターを使うのですが、今回は薄めにして
筆で塗って広げる感じ…。

ソノ時に、均一に仕上げるではなく、筆をわざとウネウネと動かして
波紋を描くようにしておきました。…コレは私が独自に考えた方法なの
ですが、役に立つかどうかです。

20170622f.JPG ソレが乾いたら、また木工ボンド
下地を塗ってからダークグリーンの
塗料
で塗装しました。

…私も「水は青いもの」という固定観念
はあるのですが、ソレはだとか深め
だとか、水が常に動てている部分
に限った話だと思うんで、このような
湖の水遠景が緑色かなあと。

奈良こんな場所があるのか

コレまた均一に塗らなくても多少のムラがあった方がリアルでしょ。
適当で構わないと思います。

20170622g.JPG 20170622h.JPG

水面を表現するのには塗料と同じシリーズの中にあったクリアラッカー
を選びました。…昔読んだ本では、透明なシリコン流し込んで固める
方法とか、今だったら「水面を表現するシート」なんてのも売ってますが
絶対に埃が積もって汚くなるのが目に見えております。

…要するに光を反射してテカりが出ればいいので、コレでOKかなと。
閉め切った部屋でやると、違う意味気持ちよくなるので注意しましょう。

20170622i.JPG 20170622j.JPG

という事で、クリアラッカー乾いたら鉄橋を付け直して完成
プラスターのウネウネが、意外とイイ雰囲気になりました。

線路際の護岸は先に買ってあった石垣のプレートを貼って、水際
大量に余ってる灰色のバラストを、線路と同じ要領で固めてあります。
隙間を雑草で誤魔化すのは、もはや定番ですね。

ココまで来たら、完成は間近でしょう。あと一息、適当に頑張ります



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3770 バーチャル蔵部駅

トンネルの作成 ②

2017/06/14(Wed)

今月お絵描き会の開催日が夜勤社員旅行に当たるので行けて
ませんが、播磨下里駅おまけ画像からです。

20170614a.JPG 20170614b.JPG

相変わらずキレイに整備された花壇お花が、晴天の下を走る車両
よく合います。そしてホームの屋根の下にはツバメの巣がありました。
「燕」は国鉄のシンボルでしたからね。鉄道に合うと言えば合うのか?

播磨下里にも些か関係のあるハナシなのですが、ブログのカテゴリー
「リアル交友録」というのを追加しましたクラ駅長です。

…これから記事件数が増えるであろうお絵描き会や、木村社員の皆さん
イベント外で会うヨシヨシ会、あと古いハナシですが結界時代の人脈
皆さんとのオフ会の記事などを、ココに分類します。

さて模型鉄です。トンネル作成の続きなんですが…。

20170614c.JPG 20170614d.JPG

前回までで大体の形が出来ましたので、続いて外観を架装していく作業
に入ります。先述の通り前方後円墳が、コレの練習だったのですが。

20170614e.JPG
…繰り返しになりますが、こんな山…
と言うかトンネル存在しないのは
承知の上です。

現実に鉄道を通そうという所にこんな
地形があれば、少し手前から回避する
か、コノ程度の高さだったら切り通し
してしまうでしょうね。

ともあれ、また雑草と樹を植えて完成

古墳の時はスケール無視の感じで、ライケンとクラスターだけで仕上げ
ましたが、今回は適当に雑木を混ぜてあります

20170614f.JPG 20170614g.JPG

線路奥手ギリギリを走ってるので、手前の方が斜面がユルめ裏側
カナリ切り立った地形になってしまいました。

どちらも斜面が急な部分は、岩石むき出しの感じにして、コンクリート
用の塗料に、時々黒を混ぜて濃淡をつけてあります
初めて作ったにしては、ソレらしいモノが出来た事に満足でした。

20170614h.JPG 20170614i.JPG

そんな感じで完成したトンネルを、ジオラマに固定してみます。ずっと
同じ材料で作ってるから違和感はありませんよね。…接合部分雑草
誤魔化すのは毎度の事ですが。

そしてトンネル内部の、外から見える範囲バラストを撒いたら完成

本来なら鉄道模型のトンネルは、固定せず外せるようにしておくか、
壁際なら裏に穴を空けて車両が脱線した時救出出来るようにして
おくモノらしいのですが、区間も短いし直線だから、まぁ大丈夫でしょう。

と言う事で、トンネルが出来てカナリ完成に近づきましたが、続いては
鉄橋が跨いでる湖沼の部分の作業の紹介です。

また旅の報告が一段落したらのお届けになりますが、適当にお楽しみに



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3762 バーチャル蔵部駅