新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

駅ノート (廃)枝下

2019/01/08(Tue)

続いて同じ三河線廃線区間にある枝下駅に来ましたクラ駅長です。

…先程の三河広瀬から猿投方向へ1駅、距離にして1kmほど戻った所
にあるのですが、以前に廃線跡巡りで来た時はソレまでにある鉄橋など
に気を取られて、すっかり見落としてた所なんですよ。

20190108a.JPG 20190108b.JPG

ココは廃線後地域の皆さん方のための公園として整備されてるようで、
「わくわく広場」という名前が付けられておりました。…ホームや待合室
の跡もそのまま残されてる感じです。

そして「枝下」「しだれ」と読むのだという事も初めて知りました。
スマートフォン予測変換に強いから、ある程度の地名も出ますが、
パソコンのワープロソフトだと変換しないんですよ。

20190108d.JPG 20190108c.JPG

付近には桜の樹が多く「しだれ桜」から来た地名なのかも知れません。
待合室にはテーブルがあり、矢鱈と灰皿が多いんです。
恐らくはお年寄り用散歩休憩スペースだったりするんでしょう。

元は貨物用の引込線があり、この辺りで取れる粘土焼き物用として
出荷されてたと言う説明書きがありました。

20190108e.JPG 20190108f.JPG

…そしてココにもトロッコがあります。どうやら地元の方手造りした
ようで、公園の遊具のような扱いなのかな?管理の人も居ないし無料
で使えるようです。

線路カナリの距離で残ってまして、前後を確かめたワケではナイの
ですが、航空写真で確認するに総延長で600m程度か?カナリの距離
を走れますね。

但し足漕ぎ式ではナイので(単なる台枠だけ)、誰かに押して貰う必要
があり、1人で来ても面白くないのは事実。

20190108g.JPG 20190108h.JPG
駅ノートは広場に
あるポストみたいな
の中にありました
が、見た目がほぼ
「妖怪ポスト」です。

そしてコノような環境
では雨にも弱いよう
でベコベコだしカビも
生えてます

作品としては河合野好
さん1点だけでした。

…ソレでも来てる人が居るって事に驚きです三河広瀬もノートが出て
れば他の絵師さんの作品鑑賞できた所でしょうね。

20190108i.JPG 20190108j.JPG

なので色々と考えた上、周囲の状況を確認したら先程の三河広瀬まで
戻って、別の紙に描いて貼り付ける事にします。

季節外れではありますが桜の樹を満開にして、一家でトロッコ遊び
…一度、リアルにやってみたいもんですね。

ともあれ新年の駅ノート名鉄三河線廃線区間から始まり、2枚を
無事にクリアしました。名古屋市内の中心部まで戻って1泊し、翌日は
三河線反対側の廃止区間を探りに行く事にしますよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4335 駅ノートの記録

駅ノート (廃)三河広瀬

2019/01/07(Mon)

そんな感じで今年は元日から駅ノートを描いておりましたクラ駅長です。

20190107a.JPG 20190107b.JPG

…完全に陽が昇ると日本晴れのイイお天気になってきました。この駅に
来るのはカレコレ3度目です。

基本的に土日の午前中は、地元の方ほぼ趣味でやってるような喫茶店
が開かれ、お年寄りが野菜を持ち寄って売ってたり、そんな場所なんです
お正月はどうなんだろう?…と考えつつ来たんですよ。

年末年始を含む割と長期間お休みのようですね。ソレでも鍵は開いて
ましたバスの待合室としての機能も果たしてるからなのですが。

20190107c.JPG 20190107d.JPG

喫茶店をやるので駅舎内テーブルが沢山あります。暖房入って
ません
陽当たりがよくて暖かく描きやすい環境でした。

鉄道が廃止されて以来、ココはバスターミナルとして機能してるらしく
小型の路線バス一度に4台とか5台とか集まって同時発車するん
ですよ。相互に乗り換えられるダイヤになってるんでしょう。

20190107e.JPG 20190107f.JPG

…詳しくは廃線跡を探りに来た時の記事を参照して頂ければイイの
ですが、簡単に周囲を見回っておきます駅が廃止されてもココは
ホームや線路が残されてて、まるで現役の駅に見えますな。

桜や紅葉の時期更にキレイだろうと思われます。

20190107g.JPG 20190107h.JPG

所で駅ノートですが、ある聞いて来たものの早朝からカナリ探した
けど見当たらないのですよ。…実際、記入用と思しき鉛筆が引っ掛け
てあるのは発見したのですが。

…散歩に来た地元のご老人に訊いたら「いつもココにあるんだけどね」
という感じで、どうも長期休業の前に喫茶店の方片付けて帰った
可能性があるらしい。

ソリ代わり、同駅を紹介した新聞記事などを入れてあるクリアファイル
がありました。コレを代用出来ないモノかしら?

20190107i.JPG 20190107j.JPG

という事で今年の1作目です。…三河広瀬であるという必然性はナイ
ですが、折角お正月なのでソレらしいネタをと考えて、羽根つき対決

ぱの黒いので、ミスして墨を塗られても外見的な変化は少ない
から、それを気にせずプレーに集中出来る。だから羽根つきが上手い
という強引な設定にしてみました。

ノートがないので別の紙に描いて、クリアファイルの空いてる所に入れて
きましたが、ずっと休業だから発見されるのは月末ですな。

何とか無事にスタートしましたね。では続いて枝下(しだれ)駅
を見に行く事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4334 駅ノートの記録

駅ノート 紀伊神谷

2019/01/05(Sat)

そんな感じで橋本から約50分かけて紀伊神谷に到着しましたクラ駅長
です。高野山へ行くのに通った事はあるんですが、降りようと思った
のは今回が初めてですわ。

20190105a.JPG 20190105c.JPG

高野線山間部そのままに象徴するかのように、急勾配と急カーブ
の途中にある駅です。山合いなので、陽が射す時間短かいのでしょう。
常に日陰にあるイメージですね。

20190105b.JPG 20190105d.JPG

ホームにある駅名票「こうや花鉄道」という愛称が付けられた、橋本
から先の各駅共通のタイプ。…各駅の標高が書かれています。

島式ホーム1面の駅で交換可能な線形。橋本方向を振り返ると、急勾配
登りきった所にある事が分かりますな。
スイッチバックにも見えますが左は安全側線でしょう。

20190105e.JPG 20190105f.JPG

構内踏切を渡って通路を下った所に駅舎がありました。…左は玄関側
から
のカットですが、駅前徒歩でしか通れない通路なので、車を
横付けする事は出来ません

右が駅前のメインストリートです。…って、見事に林道ですね。
近くに小さな集落はあるものの、高野山へ行くメインの車道とは離れて
ます
ので、時々しか通りません

…後で駅ノートを描いてる途中、1回救急車が通りましたが、コノ辺では
救急指定の病院遠いかも知れませんな。

20190105g.JPG 20190105h.JPG

同駅は昭和3年開業だという事で、恐らくソノ当時からの駅舎なの
でしょう。最初はココが終点として暫定開業したような感じだったらしく、
レトロモダンっぽい凝ったデザインが、建物の随所に見られます。

…こんな秘境駅にも関わらず、駅員さんが配置されてます。しかし切符
の自販機ありません窓口はありますが切符の販売しないそうな。

今でこそ、自動札機ICカードに対応してますが、ソレ以前はココで
乗車証明証を受け取り、着駅清算だったらしいです。

20190105i.JPG 20190105j.JPG

駅ノート過去にあった物無くなり、最近になって復活したと聞いて
きました。…しかし私がソノ話を聞く前の日付の作品が残ってる所から、
恐らくは何カ月の間行方不明だったと推測されます。

駅舎を囲むようにが流れており、陽が射す時間短いのでしょう。
紙が常に湿ってる感じで、インクで描いた絵は悉く裏写りしてました。

私のは季節柄クリスマスです。…高野山という真言宗の聖地に近い
所にサンタさんは来るのか微妙ですが、てん幼児設定なので。

ホームの駅名票は実際は、ベンチより奥にありますが、大きく描きた
かったので手前に持ってきました。…絵だから出来る遊びですね。

という事で関西の駅ノート追加コンプリートです。
続けてはお正月名鉄三河線廃止区間にも(廃)駅ノートがあるという
事なので、比較的近そうなソレから行ってみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4332 駅ノートの記録