新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

社員旅行2017夏 ⑫

2017/07/10(Mon)

警察というモノに関して、私は特に好きでも嫌いでもナイのですが、
警察を「ポリ」と表現する人は品が良くない気がしますクラ駅長です。

特に「ポリボックス」交番所の事ですが、ああ聞くと品の良し悪し
じゃなくて 「プラスチック製のゴミ箱」しか思い浮かばないと言うかね。
奈良程度の田舎だと、意外とよく耳にするのが困り物なんですよ。

20170710a.JPGさて由利高原鉄道ですが、今回で
最終回帰路の車内の様子です。

まずピカチュウ親方駅弁の2食目
秋田はやはり「鶏めし」だわな。
意外と取扱駅が多く、駅ごとに業者
も違って種類が多いイメージです。

そして佐々木さんの案内沿線案内でも、
Panasonicの電池「エボルタ」による
電車運転チャレンジのお話が出ました。

…コレは2015年11月埼玉県川越工業高校電気科の生徒さんが
造った「乾電池だけで走る電車」ギネス記録挑戦同社が協力し、
前郷~矢島の往復22.6kmを走破して、見事にギネス記録を樹立した
というモノです。

前年の2014年に、同じく秋田県小坂鉄道跡地同趣旨の挑戦
行われ、8.5kmを走ったという実績があるものの、現役の鉄道路線では
初めての事だったそうです。

春田社長によると「当然に他所の鉄道会社ドコも断った。しかしこんな
話題作りと経済効果につながる事はナイ。」と、線路を使う事を快諾した
のだそうな。

20170710b.JPG20170710d.JPG 

矢島で折り返して西滝沢久保田の間に当たる20km地点記録更新
そして前郷~矢島往復 22.615km がギネス記録になるのだそうです。

…当日の鳥海山ろく線は、ソノ時間帯に当たる列車2往復を運休して
代行バス輸送を行っています。ソレを考えたら「トンネルを歩く」なんて
のを許可するのは屁でもナイ事だったのかも知れません。

詳しくはPanasonicのサイト動画なども合わせて載ってますので、
http://panasonic.jp/battery/challenge/2015/ からご覧下さい。
感動するよ

20170710c.JPG20170710e.JPG

そんな前郷を過ぎ「鳥海山が最もよく見える」と言われる曲沢で、最後
の最後に全体像がハッキリ見えました。やはり優美な姿をしてますね。

20170710f.JPG 20170710g.JPG

そして由利高原鉄道でも吊革オーナーの制度があるという事で、例に
よって参加者から500円ずつ集めて申し込み。…つばさ君代表して
キャッチコピーを考えてるというのが納得行きませんが。完成したら
同社のFacebookで告知があるようです。

と、山形出身のヨシツグさんから、サクランボの差し入れ。…山形の回
を思い出しますね。私にとってはアノ辺が一番楽しかったなあと回想…。

20170710h.JPG 20170710i.JPG

という事で楽しかった1日が終わり、由利高原鉄道の皆さんとは羽後
本荘駅お別れです

色々とご尽力頂いた春田社長と、社長(木村)よりテンションが高くて、
楽しい案内をして下さったアテンダントの佐々木さん。そして現場の
沢山の方々に改めて感謝ですね。

…ってか最後にたかやすさんが、佐々木さんツーショットを撮られて
ましたが、何でアンタだけ?

この後、私も社員旅行の本隊と一緒に羽越本線秋田駅まで戻って
離脱となりました。 …翌日は弘南鉄道での体験も色々あった事で
しょうが、私はピカチュウ親方の一人勝ち逃げ(だったと聞いてる)の
方が愉快で堪りません

では次回、久し振りに模型鉄ネタを挟んで山口県の続きへと戻ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3788 木村鉄道業務日誌

社員旅行2017夏 ⑪

2017/07/09(Sun)

その「スジ引き体験」なんですが、現場で碌なモノが作れなかったので、
帰ってダイヤ作成ソフトで改めて挑戦してみましたクラ駅長です。

20170709a.png 20170709b.png

機械的に運転間隔を縮めて本数を増やすだけでは面白くナイので、
出来るだけ現行ダイヤを動かさないように作った結果、上記のように
なりました。 朝の通勤通学がもっと便利になるのと、下りのみですが
観光列車が1本、増発されます。

ラッシュ対応1001Dと1002Dは、土日運休でも構わないでしょう。
そして観光列車は、平行ダイヤにするとどぅしても時間が余るので、
前郷駅で15分停車します。地域の皆さんに特産品の屋台でも用意して
貰い、物販タイムを設ければヨロシイかと。

ちなみに2往復とも、羽後本荘には定期列車より後に着いた車両が先
出て行くダイヤが絡みます。…実際には知らないのですが、乗り場
の奥のスペース
車両を留置出来る構造(信号システムも含めて)に
なってると仮定しました。

…コレが現場でサラッと作れてたら、最優秀賞の自信があるのですがね。

さて由利高原鉄道の続きの方ですが、帰りに充当して頂いた「七夕列車」
車両には、更に幾つもの用途があったようなんです。

20170709c.JPG 20170709d.JPG

まず夏場には「ビール列車」としての運転が決まってるようです。
…私も大好きな企画なので、近くだったら申し込んでた所ですが。

以前にも何度か、他社の同趣旨のには乗った事がありますが、ビール
サーバーを設置して生ビールを提供すると、飲食店営業の許可が必要
になります。…正しく取得されておりますね。

20170709e.JPG 20170709f.JPG

そして車両の外観は、Panasonicの電池「エボルタ」のラッピングに
なっています。コレは2015年、埼玉の高校生が「乾電池で走る電車」
記録挑戦にチャレンジし、同社線内でソレまでの記録を大きく更新する
22.6km(前郷~矢島の往復)を達成したんだそうで、ソノ記念だそうな。

私は文系なのでよく分かりませんが、スゴい記録のようで…記念乗車券
も発売されてるようですね(石崎相談役のを撮らせて頂きました)。

20170709g.JPG 20170709h.JPG

詳細は後日に譲りますが、現役の鉄道路線でコノような企画が出来る
のか?ぃゃ、現実にやって成功したワケなんですが、ソレに快く協力
してくれるというのが、由利高原鉄道春田社長スゴい所でしょう。

…そしていよいよ発車時刻となり、まつ子さん最後のお見送り

20170709i.JPG 20170709j.JPG

駅員やスタッフの皆さん総出で、列車が見えなくなるまで手を振って
下さいましたよ。今日1日、ホントにお世話になりました



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3787 木村鉄道業務日誌

社員旅行2017夏 ⑩

2017/07/08(Sat)

20170708a.JPG
社員旅行の昼食で行った、鳥海高原
のレストランにあった貼り紙です。

正直なのは誠に結構な所ですが…
「料理長の都合」て何やねん?

単純に考えれば料理長病気か所用
休んでるのでしょうが、この書き方
だと「機嫌を損ねてストライキ中」
みたいな想像が出来てしまいますね。

…他にどんなメニューがあったのか忘れましたが、下に「ラーメン」とか
見えてる所から察するに、上記のが恐らくメインの名物料理なんでしょう。

私も元は食い物屋なので、事情や気持ちは分からんでもナイのですが、
日曜日にコレはダメでしょう。
「バイトでも作れるように教育しとけよ」と思いますクラ駅長です。

さて由利高原鉄道ですが、そろそろ帰りの列車が到着する時刻ですね。

20170708b.JPG 20170708c.JPG

ホームに到着した列車…最新型のYR3000型を一旦車庫に入れ
1世代前のYR2000型を出してきます。帰りの列車はYR2000型の
2両編成
のうち、後部の1両貸切で使わせて頂けるとの事でした。

20170708d.JPG 20170708e.JPG

…またヘッドマークを掲げて頂いてますね。
定期列車にコレは…一般の方にはナニが何だか分からん話でしょう。
で、貸切で使わせて頂く車両の方は取材時、普段は「七夕列車」として
運転されてるという事でした。

同社では他にも「おひなっ子列車」「鯉のぼり列車」「ハロウィン列車」等、
季節ごとに色んな趣向を凝らした飾りつけが為された列車が走ります。

20170708i.JPG 20170708f.JPG

そんな感じで早速に乗車してみますと…恐らくはアテンダントさんたち
による手作りだと思われる色々な飾りがあり、願い事の短冊は地元の
幼稚園
などの子供たちが書いたようです。

20170708h.JPG 20170708g.JPG

荷物棚に張られた青いビニール紐は、天の川のイメージでしょうか?
こういう低予算な工夫楽しくて大好きです。

そして短冊男の子は総じて子供らしい夢を持ってるのに対し、女の子
(手前の黄緑色)はソノ歳で早くも現実的と言うか…何だかよく分かり
ませんが感心しました

…字体からして保育士さんが代筆したのかも知れませんが、もぅ少し
柔らかくアレンジ出来なかった
モノでしょうか?

という事で、なかなかに見てて楽しい車両帰路の乗り鉄に出発です。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3786 木村鉄道業務日誌