新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

和歌山線2題…北宇智駅 ③

2018/03/13(Tue)

社員旅行おまけネタ、まずは島根のお菓子についてなのですが。

20180313a.JPG 20180313b.JPG

播磨下里に持参したしまねっこサブレ」の他、定番銘菓のどじょう掬い
まんじゅう」
も買ったのですが、休憩時間直哉さんが食ってたやつ…

ポテトチップス出雲ぜんざい味?…ぜんざいは別に出雲だけ食べ物
では
ナイでしょうに、コレしかネタが無かったのか?
…確かにぜんざいと言うか、餡子っぽい甘辛い味ではありました。
ポテトチップスのご当地ネタも、段々と迷走気味な気がするクラ駅長です。

さて北宇智駅ですが、続けて駅周辺を見て行きます。

20180313c.JPG 20180313d.JPG

発想を鉄道から離して考えると、ココは奈良と大阪南部で府県境を
分けてる
金剛山系の山への登山口なんですよ。

生駒山葛城山よりは健脚向けと言うか、本格的な登山者向けの山
であり、観光施設少ない感じでしょう。

そして猫塚古墳古代の猫が埋葬されてるんでしょうか?…しかし
直接ヨシヨシ出来ない物件に関しては、興味がナイのでスルーします。

20180313e.JPG 20180313f.JPG

登山口の駅という事で、所轄の五条警察署宛ての登山届出書が用意
されていました。…コレは確か、国鉄時代からも変わらない習慣の筈。

私は登山やトレッキングに関して無知なのですが、無届けで登ると何か
罪になるんでしょうか?

ちょっと前、意識高い系(左寄り)のおばさん無届三重県御在所岳
に登り、案の定と言うか遭難して救助されるという出来事がありましたが。

…救助された時の事情聴取で責められた事を逆恨みして「警察は優しさが
足りない」みたいな事をツイートして炎上。…までがセットです。

20180313g.JPG 20180313h.JPG

そして駅舎より立派なのがトイレ。…無駄にロココ調(適当)な表札です。
と比べると、駅のトイレというのもキレイな所が多くなりましたね。

学生時代駅掃除のバイトをしてた身からすると、羨ましい限りです。
ついでの事にユニフォームや掃除道具も昔より洗練されてる気がするわ。

20180313i.JPG 20180313j.JPG

そんな感じで最後は殆どスイッチバックと関係ない展開になりましたが、
奈良行きの電車
が来たので帰る事にしましょう。

…奇しくも先日、奈良線と和歌山線来年の春から遂に新車が導入
される
というニュースが出ました。

広島地区に入った227系増備車で、イメージカラーは濃い緑色
先行タイプと同型だとしたら転換クロスシートになるよね。

105系意識して撮るのも、コレが最後になったかも知れません。

では次回、コレまた久し振りに貧乏料理の報告を挟みます。…四十九日
の供物
と食材倉庫の在庫整理の色々なネタが溜まっておりますよ。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4034 乗り鉄日誌>JR西日本

和歌山線2題…北宇智駅 ②

2018/03/12(Mon)

20180312a.JPG
ホットケーキミックスやら落花生などの
お菓子材料が残ってるので、ソレら
消費
すべくホットケーキ(チョコ風味)
作ってみましたクラ駅長です。

…ソレに関してはまた後日、貧乏料理
の回を設けて詳しくやりますが、ひっくり
返す時に何故か、謎の空洞が出来て
しまい、タブレット(通票)みたいになった
んですよ。…通票ってかヘモグロビン?

…この状態で量産が効くのなら「通票ケーキ」として売れるかも知れません
(単なるドーナツ状では芸がナイ)が、偶然なので何ともですね。

さて北宇智駅です。スイッチバック駅だった頃の遺構が残ってるのを順に
見て行きますが…

20180312b.JPG 20180312c.JPG

先述のようにスイッチバック駅ですが、ホームは2本あって、上下交換
が可能
な線形でした。…1本(現在の坪尻駅など)だと普通列車同士
停車しての交換は無理
ですよね。

奥手側が駅舎に近い1番線国鉄時代列車の編成も長く有効長は
6両分あったと記憶しています(末期は主に113系)。

駅舎解体されましたが、現在も必要な信号設備の小屋?と、一部の
線路残っています。…カナリ草に埋もれた状態ではありますが。

20180312d.JPG 20180312e.JPG

駅前にある住川街道という踏切を渡って東へ少し行くと、国道24号線
に出るんですよ。ココにバス停があるのですが、コレが何と東京行きの
夜行バスも停まるという状況。
…この村の人たちは、バスなら乗り換えナシで東京へ出れるワケです。

20180312f.JPG
その住川街道踏切ですが、スイッチ
バックがあった頃は列車が引込線に
入ると折り返すまで4分程度遮断機
が降りっ放しになってたそうで、確かに
不便な話ではあります。

現在は廃止されたのですが、ココにも
遺構が残ってると言うか、柵で不自然
仕切られた先に引込線が残ってる
のが確認出来ますね。

カナリ小さいですが、当時の画像だとこんな感じです。直進2本
駅への進入線へ反れて行くのが和歌山方向への本線です。

20180312h.JPG 20180312g.JPG

吉野口方向への見た目がこんな感じ。引込線もカナリ削られています

この区間は20‰程度の勾配が連続してる区間なので、ソコに駅を作ろう
としたらスイッチバックになるのは必至なのですが、蒸気機関車の時代
と違って、現在の電車ではソレほどキツい勾配でもない

…なのに駅への出入り時間が掛かるという事で廃止されたようです。

20180312i.JPG 20180312j.JPG

和歌山(五條)方向へは本線を下って行く格好になりますが、こちらも
21‰の勾配です。

スイッチバックに侵入する際、運転士さん反対側の運転席移動する
でもなく、窓から後方を確認しつつのバック運転を行ってました。

ソレが危険だという事で、JR西日本内規が変わった(ちゃんと反対側
へ移動する)のと、線形が複雑なので信号関係のトラブルが多かった
いうのも、スイッチバック廃止された理由のようです。

風情だけ不便なモノ残しておくワケには行かないでしょうからね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4033 乗り鉄日誌>JR西日本

和歌山線2題…北宇智駅 ①

2018/03/11(Sun)

…タクシーにも犬や猫が乗る場合があります。自家用車持ってナイ
動物病院へ連れて行ったりするのが一般的で、社長も時々やってる
かも知れない事ですよね。

法的にどぅなのか知りませんが、飼い主がソレなりにケースなどを用意
してる
場合には抵抗なく引き受ける事にしておりますクラ駅長です。

で、メーターのうちの客数操作の所に、折角だから犬猫も足しておくの。
アバウトな資料程度の数字なので問題はナイかと思うんですが。

さて、長らく放置してました(というかコレ自体が隙間ネタの)和歌山線
ですが、吉野口駅に続いては隣の北宇智駅を見に行きます。

20180311a.JPG 20180311b.JPG

…改めて見ても、吉野口駅駅名票というのは近鉄JR逆転した
かのようで不思議です。そして柱にはレトロな琺瑯製の案内書きも。

北宇智吉野口から和歌山方面1つ目の駅ですが、山間部なので
結構な
距離があるようです。

そもそも今回の隙間旅は、吉野口より先に「北宇智はどぅなったのか?」
という動機で思い付いたんですよ。…お絵描き会の時に常連のF17さん
和歌山線の駅ノート巡りをする事になった事を話されてましたので、
久し振りにソノ存在を思い出したような事情です。

20180311c.JPG 20180311d.JPG

という事で見えてきましたね。線路が不自然に曲がった先に、コレまた
不自然に曲がったホームがあるのと、進行方向の右手草に埋もれた
引込線のようなモノが見えますね。…取り敢えずは到着しました。

20180311i.jpg
北宇智駅は周知の通り、2007年3月まで
スイッチバックがあった駅であり、関西では
唯一の存在でした。

初めて来たのが小学校4年生の時、学校の
鉄道クラブ(あったんです)で見学に来たん
ですが、勿論国鉄時代有人駅でしたよ。

まぁ比較的近所なので、和歌山へ行く時は
通るし、このブログの初期、廃止になった
直後にも一度来たんですが、アレからもぅ
11年ですから、カナリ久し振りではあります。

…余談ですがソノ鉄道クラブは、顧問意外にも若い女の先生でした。
特に鉄ヲタという事もなく、他に適当な人材が居なかったから、たまたま
「旅行好き」という事でやらされてたようですが。

昭和50年代「いい日旅立ちキャンペーン」全盛期なので、鉄ヲタとは
行かずとも鉄道旅行に詳しい若い女性今より多かったと思われます。

20180311e.JPG 20180311g.JPG

前回、11年前に来た時には、まだ古い駅舎とホームが残り、ソコから
線路を跨いで新しいホーム無理矢理に仮設通路が作ってあったのを
覚えてますが、後に山小屋風の新しい駅舎(元の駅舎よりカナリ小さい
が造られたようです。

スイッチバック存在時交換も可能な線形(有名な所では姨捨駅に近い
感じ)でしたが、現在は単なる1本ホームの駅です。

20180311f.JPG 20180311h.JPG

この春のダイヤ改正から、和歌山線ICOCA対応になるらしいのですが、
取材時はまだの状態でしたので、忘れないうち帰りの切符を確保して
駅の跡地を探る事にしましょう。

元の駅舎完全に撤去され、敷地も柵で囲われてて立入禁止ですが
隙間から色々見える状況です。…ホーム2本とも残ってますよ。

…「近代の文化である鉄道にも考古学の余地が存在する」というのが、
私の持論でもありますので、ゆっくり見ていく事にしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4032 乗り鉄日誌>JR西日本