新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

今頃サンライズ瀬戸 ④

2016/11/21(Mon)

…ちょっと前に「直火焼きコンロ」を買ってきて「1人直火焼肉」をやった
ハナシを書きましたが、火災報知器が作動してセコムに通報が行って
しまい、ソレ以後は運転を見合わせておりますクラ駅長です。
 
20161121a.JPG 20161121b.JPG

で先日、前回の教訓を活かして「1人しゃぶしゃぶ」をしてみました。
コレだと煙は出ないし、そもそも豚肉の方が単価が安いから経済的でも
あります。…まさに鉄道の「無煙化」みたいなもんですね。

「雰囲気的に物足りない」という所まで似てるとは驚きですが。

さて「サンライズ瀬戸」です。東京出発と同時に飲み始め、途中の記憶が
なくそのまま寝入ったようで、目が覚めたら大阪駅の場内に入る所でした。
乗り降りは出来ませんが、乗務員さんの交代で停まる「運転停車」らしい。
 
「朝風呂」派の私ですが、明るくなるまでシャワーを済ませておきたく
3号車のシャワー室に向かいます。

20161121c.JPG 20161121d.JPG

シャワー室の使い方に関しては、東京を出る前にピカチュウの飼い主
から詳しく聞いてきましたが、私には初の体験です。

まずは320円シャワーカードを購入。以前は車掌さんが手売りしてた
らしいですが、現在は自販機になっています…中途半端な金額なのは、
消費税が上がったからか?。

20161121e.JPG 20161121f.JPG

ソレを持ってシャワー室に入り、機械にカードを入れると使用可能
なるという仕組みなんですね。

ドノ程度の利用客が居るのか知りませんが、私が使ってるのは早朝の
5時台。場所で言うと姫路の手前です。特に待つ事もありませんでした。

20161121g.JPG 20161121h.JPG

内部はこんな感じ。…ホントに列車内にシャワーがあるとは!
微妙なタイミングで「北斗星」「カシオペア」などを知らないもんで、
時代は変わったなぁ。と思わざるを得ません。ぇ、戦前からある?

お湯が出る時間は6分間一時停止も可能だから「合計で」って事だな。
…アレだ。洗車場にある100円の掃除機と同じような仕組みなんでしょ。
ちなみにシャワー室に入ってられる時間30分以内という事です。

そんな感じで無事に「初列車シャワー」を終えました。
最後に「洗浄ボタン」を押して、次の人のために浴室内をキレイにします

20161121i.JPG 20161121j.JPG 

夜行バスとてたまに使うのですが「朝に風呂に入れない」というのが
不満なんですよ。特に木村イベントだと、そんな状態社長の御前に
出る事になりますからね。

…そして私が心配してたのは「混んでて待たされるor使えずに終わる」
という点なのですが、平日だからなのか時間帯のせいか大丈夫でした。

やがて外が明るくなり、陽が昇ります。ホントに「サンライズ」だな。
間もなく岡山に到着ですね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3557 乗り鉄日誌>JR西日本

みすゞ潮彩号 ⑦

2016/11/12(Sat)

20161112a.JPG 近鉄の駅で見かけました。
「駅長杯ゴルフコンペ」だそうです。

…普通は「〇〇杯」というと、ソノ名の
役職の偉い人から優勝杯を貰うという
意味だと思うのですが「かかってこい!」
だから、もしかしてコレは各駅の駅長さん
とゴルフで直接対決するんでしょうか?

ちなみに私はゴルフとか全く出来ません
クラ駅長です。

リアル労働組合(京阪電車系列) の役員をやってた時に、コンペとか
何度か誘われたんですけどね。ウチは父親も全く知らないし(使わんクセに
セットは買わされてたけど)教えてくれる先輩とかも居なかったもんで。

さて「みすゞ潮彩号」ですが、山陰本線の要衝の一つ、長門市から仙崎支線
で一駅、終点の仙崎に到着です。

20161112b.JPG 20161112c.JPG

乗り潰しで来た時から約2年ぶりですね。「みすゞ潮彩号」は、ココで
13分ほど停車して折り返します。基本的に盲腸線の小さな駅というのは、
来た列車が数分で折り返してしまうケースが殆どでしょう。

20161112d.JPG前回は「長門市まで戻っても1時間待ち」
という状況だったので、町を散策して
徒歩長門市駅まで帰ったのですが、
今回は割愛します。

陽当たりが良すぎる場所にあるのか、
観光用の駅名標色落ちが激しくて
ちょっと物悲しい感じですね。

帰りは長門市まで一区間の乗車なので
もぅ自由席でいいなかな。

20161112e.JPG 20161112f.JPG

そんな感じで帰りは長門市で下車。「みすゞ潮彩号」は再び、下関方面
へと戻って行きました。
…見ているとやはり「帰り便」というのは空いてます。指定席には数人
だけ乗ってる感じだったね。

ココからは美祢線経由で厚狭へ出て帰るのですが、時間があるので
暫し休憩。そろそろ「ちゃんと撮っといたほうがイイ」ようなキハ40
を眺めたり、駅前でウロウロしたり…。

20161112g.JPG 20161112h.JPG

前回に入った大衆食堂日曜日でお休みでした。

駅前に「コンビニエンスストア」という名前だけど、老夫婦がアバウトに
やってるような何でも屋さんがあった(20年前っぽい着せ替え人形とか
置いてあった)ので、ソコでビールを買い、ホカ弁屋「おかずのみ」
という買い方でアテを調達。飲みながら美祢線を待つ…。

20161112i.JPG 20161112j.JPG

こちらも国鉄情緒が色濃く残ってる駅が多い区間ですが、見た目は純然
たるローカル線なのに、貨物輸送石灰石だったかな?)がある関係で
「幹線」に分類される(地方交通線でなく)そうな。

という事で厚狭に到着、ココから山陽本線新山口へ出て、新幹線
京都方面へ帰りました。

土日に一泊旅行を設定した事で「SLやまぐち号」「みすゞ潮彩号」
を制覇できた今回の旅の報告ココまでです。
最初は「何が何でも平日!」と決めてたけど、そろそろ慣れてきましたね。

では続いては保存施設ネタ僅か数年間だけ存在したという姫路の
モノレール
を探りに行ってみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3548 乗り鉄日誌>JR西日本

みすゞ潮彩号 ⑥

2016/11/11(Fri)

20161111a.jpg 
実家の母親からきた郵便物です。エラく古い
少額の切手
が大量に貼ってありますね。
祖父切手集めを趣味としてたので、このような
特に希少価値のナイ記念切手大量にある
ようで、母は「使わんと勿体ない」という理由で
普段使いしてるそうな。

そう言えば昔の切手「SLシリーズ」なんて
のもありましたよね。丁度完全引退する時期
記念として発行されたモノだと思うんですが。

…アレが残ってたら、鉄ヲタ同士の文通最適
な気がするので、一度実家で探してこようと思う
クラ駅長です。

さて「みすゞ潮彩号」です。 海岸沿いの風景を眺めつつ列車は進みます
が、この辺でレクリエーションのお時間のようです。

20161111b.JPG 20161111c.JPG

アテンダントのお母さんの指示で、海側に向いていた座席90度回転
させ、進行方向に向けます。一体何が始まるんでしょう?

20161111d.JPG 20161111e.JPG

拍子木の音とともに始まったのは紙芝居でした。
このアテンダントのお母さん(掲載許可を得ています)は、下関紙芝居
グループ
ボランティアさんだそうで、車窓に見える風景の解説をしつつ、
上下それぞれの列車で1回ずつ紙芝居の上演をするんだそうな。

手作りと思しき拍子木用の巾着がカワイイです。
仙崎行きの列車では、ご当地の詩人である金子みすゞの生涯

…私は上っ面しか知らないのですが、彼女の詩というのは死後何年も
経って
ようやく発見&評価されたそうですね。
私のブログ死後に評価されたら面白いと思うんですが。

ちなみに帰り便の出し物は、宮本武蔵vs佐々木小次郎巌流島の決闘
だそうです。…正直こっちの方が見てみたかったな。

20161111f.JPG 20161111g.JPG

長距離列車なくなり完全にローカル化した山陰本線ですが、普通
列車は割と頻繁にすれ違う感じ。
コノ辺りでも一部の駅「京都方面」という表示が残ってたりします。

やがて列車は長門湾?に近づき、仙崎と陸続きになっている青海島
見えてきました。

20161111h.JPG 20161111i.JPG

という事で、下関から2時間と少しの旅を終え、長門市に到着です。
ココからは仙崎支線あと一駅で終点ですね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3547 乗り鉄日誌>JR西日本