新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

岩国駅について考える

2017/07/17(Mon)

20170717a.JPG先日、また会社の観光研修奈良
公園周辺をウロウロしておりました
クラ駅長です。

画像はソノ昼食に頂いた蕎麦です。
…奈良市内にも意外と自家製で蕎麦
を打ってる蕎麦屋が多いんですよ。

普段は蕎麦だけで1食1,000円超という
豪勢な使い方はしないのですが、研修
には会社から補助金が出るんです。

さて、祝島の猫ヨシヨシすっかり空振りだったワケですが、帰路という
事で柳井港駅から山陽本線に乗って広島方面へ向かいます。

こっち方面で新幹線の最寄駅新岩国なのですが、山陽本線からは
外れてて便利が悪い。だから岩国で乗り換えて、そのまま広島まで行く
感じになります。

20170717b.JPG 20170717c.JPG

以前から思ってたのですが、岩国駅ってのはJRの主要駅の中で
残ってる、数少ない昭和情緒の駅じゃナイのかと?

各地の都市主要駅が都市開発で高架化したり、駅舎が橋上化したり
する中で頑なに「地べた」に存在し、ホームから上に登る階段と跨線橋
で通路が繋がれていますよね。

 20170717e.JPG 20170717d.JPG

木造スレート葺きの屋根が付いた跨線橋なんてのも、本線クラスの
主要駅
では滅多に見れなくなったような気がします。

岩国市は戦争末期に米軍による空襲に見舞われてますので、各種
の建物は戦後すぐぐらいの建築でしょうか?
そう言えば以前は駅蕎麦のお店もありましたよね。

20170717f.JPG 20170717g.JPG

昔は多数の優等列車昼夜を問わず発着してたイメージの駅ですが
新幹線の岡山開業時ぐらいがピークだそうな)、今では短編成の
普通列車がノンビリと行き交い、たまに貨物がバキバキ通る感じ…。

でも線形は昔のままなので、駅の幅も広く跨線橋も矢鱈と長いんです。
島式ホームの間に、機回し線貨物の待避線を挟むからなんですが、
ココも私にとっては萌えるポイントかな。

…そしてココまで来ると私が考えるのは一点

「時代物のロケに使えるんではナイか?」

流石にSLを持ち込むのは無理としても、旧型客車を並べて汽笛などは
効果音で後付けする。…新金谷では撮れない長編成が置けるぞ。

しかし跨線橋スタイルの主要駅ってドコがありますかね?東京名古屋
大阪昔から高架でしょうが…。

JR西日本はJR各社の中で映画やテレビのロケ最も協力的な会社
(最悪が東海)だと聞いた事がありますので、是非とも何かの形で実現
して欲しい
所です。

20170717h.JPG 20170717i.JPG

そんな昭和情緒岩国駅でも、時代の流れと言うのか新しい駅舎と
跨線橋
の工事が始まっておりました。なのでこのページ過渡期の
資料
として残しておければ面白いかなとも思います。

では次回、また模型鉄の進捗について報告する事にしましょうか。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3795 乗り鉄日誌>JR西日本

周南市(福山)への旅

2017/06/26(Mon)

社員旅行の2日目にご参加の皆様、お疲れ様でした
私は昨日1日のみの参加ですので、途中離脱しまして秋田県秋田市より
お送りしておりますクラ駅長です。

20170626i.JPG 20170626j.JPG

昨日は主に由利高原鉄道って事で、私は宿泊地の羽後本荘でお出迎え。

また後日に詳しくやりますが、右は同社の春田社長アテンダントの
佐々木さん。…がっつり鉄ヲタ春田社長と、可愛くて楽しい佐々木さん
の案内で楽しい一日となりました。

このブログを出したらすぐに秋田空港へ向かい、朝一の飛行機大阪へ
戻ります「朝帰り」の最高記録(=小倉)更新してしまいますね。

さて広島ですが、可部線廃止区間新規開業(復活)区間同時に
探るという珍しい旅をした後、新幹線周南市(徳山)へ向かいます。

20170626a.JPG
…翌日は山口県の柳井に用事がある
ので泊りは広島でも良かったのですが、
何で徳山なのか?

コノ辺りの山陽本線を見渡すと、快速
を含む優等列車壊滅的に少なく
これからの夕方、そして翌朝の移動が
面倒に感じたからなのです。…途中の
岩国新幹線の駅が離れてるし。

…ハナシは変わりますが、模型鉄も最終的には新幹線対応の高架線
作る予定なのですが、ソノ際には西日本の車両で揃える積りなんです。

出来るだけ編成を縮小せずに使いたいので、西日本の8両固定編成
手頃かと思うのです。

20170626b.JPG 20170626c.JPG

レンタカーを返したので、ようやく酒が飲めます。時間があれば駅で
何か…と思ったんですが、日曜日でカープのデーゲームがあったりして
矢鱈と混んでるのでヤメました。

売店で見つけた「宮島ビール」という地ビールと、先程の「ぷらっとホーム
つなみ」
で買って来た乾き物で一杯。

宮島ビールは何だかフルーティなやつと、独特の苦みがあるやつと他所
では見ない不思議な味でした。
乾き物は、イワシの炙り焼きポン菓子あられ?何れもご当地モノです。

20170626e.JPG
という事で40分程度徳山に到着。
やはり新幹線は早いですね。

…はい、しつこいけど周ニャン市です。
「ニャン」は兎も角周南市という地名は
何となく中国の都市のように聞こえます。
「周防国の南部」という地理的な理屈
は分かるのですが。

ココは工場の夜景も有名なんですか?

…素人目には仕組みのよく分からない配管のウネウネ「美」を感じる
層が居るというのは聞いた事があり、私も興味が無い事もナイのですが、
ワザワザ見に行くには至りませんでした。

20170626d.JPG 20170626f.JPG

という事で翌朝徳山から戻る感じで乗り鉄(移動レベルですが)を始め
ます。…ホテルが駅の近くで尚且つ最上階だったんですが、意外と海に
近いんだという事は知りませんでした。

20170626g.JPG 20170626h.JPG

乗車券京都市内までです。途中に立ち寄る柳井(駅は柳井港)
途中下車扱いとし、広島からは新幹線なのですが。

…引き続きいいお天気に恵まれたので、光付近瀬戸内海の眺め
楽しむ事が出来ました。

柳井港からは、猫ヨシヨシ目当て祝島という小さな島に渡ります。
また模型鉄社員旅行の報告を挟むので、暫く間が空きますが…。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3774 乗り鉄日誌>JR西日本

可部線復活区間 ②

2017/06/25(Sun)

社員旅行前乗りで、本日は秋田県由利本荘市よりお送りしております
クラ駅長です。
…日程的には昨日と今日がお休みなのですが、東京への前乗り叶わず
しかも明日は夜勤なので秋田でもぅ一泊してから飛行機で大阪へ帰って
15時30分から仕事なのですよ。…キツいな

秋田市同じホテルに2泊したかった所ですが、発表が一か月を切った
状況では無理
でした。…本隊も2箇所のホテルに分宿なんでしょ?

20170625i.JPG 20170625j.JPG

昨日は大阪から飛行機秋田に着いたのが昼過ぎだったのですが、
ホテルに入るのが夕方でイイとしたら、ドコか一箇所見に行けるなあ
という事で、秋田駅でたまたま見つけた「きらきらうえつ」が、酒田まで
なら
空いてるという事で、乗り鉄してきました。

…思いがけず予想以上のネタが拾えましたよ。

さて可部線の復活区間です。思いがけず現れた広島の新車227系
短区間ですが乗り潰しに出発しましょう。

20170625a.JPG 20170625b.JPG

まだ新車の匂いが残る車内ですが、グッドデザイン商品だったんですか。
基本的な造り225系と似たようなモノですが、やっぱり赤い!

資料によると、広島地区新車が入ったのは115系3000番台2扉
通称「広島シティ電車」)以来32年ぶりの事らしいです。…こりゃ大騒ぎ

20170625c.JPG 20170625d.JPG 

そんな事情の新車227系で、新たに開通した区間を走ります。
2013年可部線の既存区間乗り潰しに来た時に、残ってる軌道などを
ちょっとだけ見た
のですが、やはり風景は覚えてるもんで、少し感動して
しまいました
よ。「あー、遂に復活したのね。」って感じで…。

途中に河戸帆待川という駅があり、営業キロ0.8kmが2区間で1.6km
鉄建公団のソレとは違い、地元の強い要望によって叶えられた区間
です。この流れは小さなようで大きな進歩かも知れません。

20170625e.JPG 20170625f.JPG

という事で、乗車時間約4分終点あき亀山に到着です。
…単純計算すると表定速度時速24kmですね。確かに駅間も短いし、
殆ど徐行運転のような感じでした。

広い留置線が設けてありますが、バラストまだ新しくキレイですね。
ちなみに元の可部線にも「河戸」「安芸亀山」という駅があったようですが
現在のモノとは違う場所なんだそうです。

20170625g.JPG 20170625h.JPG

さっき車を放置しようかと考えた駅前。まだガランとした感じですが
ちょっと離れると住宅地が広がってるのが見えます。
今後、市民病院が移転してくる計画もあり、再開発されるのでしょう。

「何もナイぞ」と思ったあき亀山駅ですが、近くに元の河戸駅待合室
が移築されており、駅ノートや駅名標が存在するのだそうです。
ごめんなさい、後から教えて頂きました

という事で、同じ電車で可部まで引き返し、広島駅へ戻ってレンタカーを
返したら本日の予定は終了です。
 
いいお天気に恵まれた1日、珍しいモノが沢山見れて充実した可部線の
でしたよ。…宿泊地は例の周ニャン市です。では新幹線移動ね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3773 乗り鉄日誌>JR西日本