新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

いすみ鉄道の夜行列車 ⑪

2017/01/26(Thu)

20170126a.JPG今回の旅では実の所、幕の内弁当
もう一種類用意していたのですが…

ホテルで出された夕食カナリ豪華
だったのと、年越しソバやら何やらで
入らなくなってしまい翌朝の朝食
回す事となりましたクラ駅長です。

熱海「来福幕の内」です。
駅弁が正月料理とは!今年もソレに
終始する1年になるのかしら?

さて「いすみ鉄道の夜行列車」です。2度目国吉駅を発車してから
車内灯が減光され、より夜行列車ムードになってきましたね。
…まぁ実際は座席車の場合「点けっ放」しが多いのかも知れませんが。

20170126b.JPG
ココから大原に向かい、再び上総中野まで
走った後、更に戻ってくる大多喜までが減光
タイム車内放送もお休みとなります。

…時間にして3時間弱でしょうか?
先述の通り、国鉄時代夜行の気動車列車
というのは少なかったワケで…当たり前ですが
エンジンの音と振動でなかなか熟睡出来る
モノではありません。…よく停まるしな。

何度か目を覚ましつつ寝てましたが、不案内
な路線なだけにドコを走ってるのか分からず
ソレがまた面白かったですね。

…ちょっと調べてみたのですが昭和57年の時刻表だと、似たような乗車
時間
夜行の気動車列車というと、例えば以下のようなモノがあります。

急行「のりくら9号」 名古屋2350---金沢0529
急行「のりくら12号」 金沢2307---名古屋0517
土讃線 快速731D 高松0047---中村0751

乗車率にもよるでしょうが、キツキツの定員気動車振動&加減速
だと寝れたモノじゃなかったかも知れませんね。

「いすみ鉄道の夜行列車」は基本が1ボックス占有のプランなので、
恵まれてる方なのかも知れませんが、現代では出来ない体験でしたよ。

「社長が鉄ヲタ」といういすみ鉄道のですから、次々と楽しい企画が
出てきますよね。ホントに「もっと近くにあればイイのに」と思います。

 20170126d.JPG20170126c.JPG 

という事で、4時23分の大多喜着「ハイケンスのセレナーデ」によって
起こされ、車内灯も明るくなりました。

ココ始発列車は5時36分の大原行き。まだ1時間以上の余裕があります。
恐らくソレに充当されるであろう古参の206号が、側線でアイドリング
を初めておりました。

20170126e.JPGそして最終区間、のんびりと大原まで
走って一応は終了となります。
…基本は更に折り返して大多喜まで
なのですが、半分ぐらいの方ココで
降りた感じでした。

席が近かった鉄ヲタさんから、大多喜
でタクシーを予約してあるとの事で
「初日の出を見に行きませんか?」
と誘われたのですが…疲れてたので
遠慮
させて頂きました。すいません。

後で気が付いたのですが、例えばソレに参加して明るくなった頃に
大原に戻れば、ピカチュウの飼い主に会えたかも知れません。

ではココからおまけ画像。まずはキハ28のヘッドマークからですが…

20170126g.JPG 20170126f.JPG
上総中野の停車中に
取り換えた物のうち
先述の「白浜」の他
がこんな感じ…

他にドノぐらいの
種類があるのか?

ネットで検索するに
外房線限らず房総
半島の急行や
準急
殆ど網羅してる
感じでした。

「そとうみ」「うちうみ」「うち房」「そと房」とセットで、安房鴨川
通って千葉方面に戻る循環列車を為してた系統ですね。

…そもそも房総半島列車愛称氾濫気味だった地域なので、今回は
見られませんでしたが臨時の「フラミンゴ」などもあるようです。

つまりココで所有するヘッドマークの中では「夷隅」だけがオリジナル
という事になりますか。…金さえ出せば色々と作ってくれそうだよな。

20170126h.JPG 20170126i.JPG

帰りの幕張電車区付近で見た初日の出と、新幹線からの元旦の富士山
今年はイイ年になりますでしょうか?

当日の模様を記したいすみ鉄道リアル社長ブログの記事に、
  私が写っておりました。よかったら探してみて下さい。
  →http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20170101



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3623 乗り鉄日誌>第三セクター路線

いすみ鉄道の夜行列車 ⑩

2017/01/25(Wed)

20170125a.JPG
…先日の名古屋で立ち寄ったコンビニ
なんですが、何故か味付けタマゴだけ
無駄に充実した品揃えで驚きました
クラ駅長です。

時間が遅くて、ソレ以外の商品が殆ど
売れてしまっており目立つのも事実
なのですが…名古屋の人味付け
タマゴ
殊の外ウルサいんでしょうか?
…こんなに要らんでしょ。

さて「いすみ鉄道の夜行列車」 ですが、2度目に停まった国吉駅で、
中華料理店「揚江」さんの特製の年越しソバを頂く事になっております。

20170125b.JPG
自家製の麺を一度揚げたフライ麵
使ってるそうで、野菜や魚介などの具
充実した 特製の年越しソバだそうです。

…フライ麺のあんかけソバもう少し
薄くした
イメージでしょうか?
今回だけのモノなので、確たる商品名
はナイ
とのお話でした。
…ちなみに1杯800円だったと思います。

20170125c.JPG
一般的な蕎麦と違って、調理に時間が掛かる
のが難点
ですが、極寒の環境で頂く暖かい
料理は有り難いモノ
でしたよ。

やはり後になるほど列が長くなり、初詣に行く
時間がなくなったワケですが、まぁイイや。

本来なら1時間の停車時間の間に、ココから
歩いて10分程度の所にある上総出雲大社
参拝して、また戻ってくる段取りだったんです
けどね。

…もぅ特に「縁結び」必要ナイだろうし。

一応は「お乗り遅れのナイようにご注意下さい」とアナウンスされて
ますが、遅れてもココで待ってれば戻ってきます

ホームでは乗客の鉄ヲタさんたちが持参したサボ「側面の撮影会」
も開かれてました。同社の方に許可を取っての事だと確認しております。

20170125d.JPG20170125e.JPG
 
こういう遊びが出来ると分かってたら、私も何か持ってくりゃ良かったな。

…と言うか、自分1人でなく連れが居るなら国鉄制服で来る所です。
ソノ話を周囲の人にしたら「次回は是非!ヒーローになれますよ。」
との事でした。…機会があれば考えておきましょう。

20170125f.JPG20170125g.JPG

高価なホーロー製のサボが沢山ありますね。こちらは北海道シリーズ?

そしてココから先は車内灯が減光され、より夜行列車ムードになります。

20170125i.JPG 20170125h.JPG

私は今回「ボックス席で睡眠を取る」というのも体験してみたくて、
車内が明るいうちから色々な姿勢を試していたのですが、1ボックス
が占有出来るという事で左のような感じに決まりました。

国鉄時代の時刻表を見るに、非電化区間は特急以外の夜行列車
でも大抵が客車列車となっており、気動車での夜行列車というのは
極端に少ない
のですが…どのような寝心地になるのでしょうか?



※コメント・感想は
→こちら までお願い致します。

No.3622 乗り鉄日誌>第三セクター路線

いすみ鉄道の夜行列車 ⑨

2017/01/24(Tue)

20170124a.JPG
先日ご紹介した「新幹線ゲーム」に続いて
見つけたレトロ系のゲームアプリがコレ…。

本物は「ピカデリーサーカス」と呼ばれる
ルーレットゲームです。私が子供の頃に見た
ので、40年ぐらい前に流行ったモノでしょう。

コレはホントにランダムに数字が出る仕組み
のようで、上達のし様がナイんですよね。
競技人口も少ないのか、レビューとか攻略法
なども全く出てきませんのよ。

…支給されるコイン全く増えず、無駄に
破産を繰り返してるだけのクラ駅長です。

さて「いすみ鉄道の夜行列車」ですが、 トイレの故障により15分遅れ
大多喜を出た後、コレまた2度目の停車となる国吉に到着です。

20170124b.JPG 20170124c.JPG

本来ココでの停車時間一番長く丁度1時間停まるんですが、先程の
遅れの影響45分程度に短縮される見込みとなりました。

年が改まったという事で、キハ28側ヘッドマーク「ひので」
房総急行でなく元々は修学旅行電車の愛称だった気がするんですが。

20170124e.JPG 20170124d.JPG

前回に来た時は、駅弁に夢中で気が付かなかったのですが、ココには
人車のレプリカ車両が展示されています。…関西でソノ存在が思い
当たらない交通手段ですが、関東の方に多かったのか?伊豆とか。

そして前回から気になってたのが、駅名標の下にある「上総出雲大社前」
という表記。…分社でしょうが、こんな所に出雲大社があるんですな。

20170124f.JPG 20170124g.JPG

ココで1時間も停まるという理由の中に「初詣にも行けますよ」という
意味が含まれております。頂いた案内書の中に、解説書や道順の地図
なども入ってたのですが、結論から言うと私は行けませんでした

…まず先程の遅延停車時間が短くなったのと、ココで提供される(有料
ですが)年越しソバの方が勝ってしまったから。というのが理由ですね。

20170124h.JPG 20170124i.JPG

そんな感じで駅舎の方へ…。石炭ストーブ赤々と燃えております

ソバを作って下さるのは、いすみ鉄道のレストラン列車のうち「飲茶列車」
を担当されている「揚江」というお店のご夫婦。

中華料理屋さんなので、一般的な和風のソバとは違うモノが出てくる
と聞いております。どんな感じなのか?私も列に並んでみる事にしました。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3621 乗り鉄日誌>第三セクター路線