新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

西信貴鋼索線 ②

2018/01/09(Tue)

帰ってきましたクラ駅長です。という書き出しも久し振りですが。

20180109i.JPG 20180109j.JPG

取り敢えず、日々同じ調子で参加してても進歩がありませんので、自分
今年の目標として「ソレなりに人物を描けるようにする」というのを
決めました。

駅ノート絵師さんの作品の多くには、可愛い女の子が登場します。
あのような技術一朝一夕には無理でしょうが、やはり憧れますので…

身の回り可愛い女の子って…まずは社長でも描けるように訓練しよう。

さて西信貴鋼索線ですが、発車前車両チェックから行きましょう。

20180109a.JPG 20180109c.JPG

詳しくは後述しますが、行き先である信貴山朝護孫子寺は、に縁の
あるお寺です。

…なので近年、勘違いした阪神タイガースファンの皆さんの信仰も集め
ちゃってる
らしいのですが、寅年でもナイのに境内には大きな張り子の
があったり、このケーブルカーにも寅のキャラクターが描かれてます。

名前は「しぎとら君」と言うそうな。…「なごとらさん」って人なら知って
ますが、最近会ってナイなあ。別にいいんですが。

3匹が親子(家族)なのか、単に大きさを変えて複数配置しただけなの
かはです。…ってか、他にポーズ等のバリエーションナイのかも?

20180109b.JPG 20180109d.JPG

車内には、やはり朝護孫子寺交通安全のお札がありますね。

近鉄の路線ですが、生駒のケーブルカーと同じく、別会社と思しき
ブルゾンを着た乗務員さん運転?します。

年が改まって初詣の時期になったら、馬鹿みたいに混むのでしょうが、
年末のコノ日は快適に空いておりました。中年のおじさんが、一番前
「かぶり付き席」親子さんに譲ったのは微笑ましい光景です。

20180109e.JPG 20180109f.JPG

そんな感じで中間地点対向車とすれ違い、鋼索線に時々あるような
短いトンネルを抜けます。

片方の車輪フランジがナイ場合、恐いのは横揺れに対してでしょう。
この程度のカーブ半径と速度では大丈夫。ってのはアタマでは分かって
るんですけどね。

20180109g.JPG 20180109h.JPG

段々と傾斜がキツくなり、同線の最大である480‰に達しました。
普通の鉄道と明らかに条件が違うのに、同じ基準でサラッと書いてある
のが恐いわ。

という事で、10分足らずの乗車時間で高安山に到着です。

高安という駅は大阪線山本車両基地のある所ですが、ソレに
対しての「高安山」だよな。

何故「山本山」ではナイのか?海苔会社みたいだから?
ともあれココから先には、世界的にも珍しい廃線跡があるそうですよ。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3971 乗り鉄日誌>その他の鉄道

西信貴鋼索線 ①

2018/01/08(Mon)

本日は播磨下里お絵描き会前乗りとして、兵庫県播磨町よりお送り
しておりますクラ駅長です。

20180108a.JPG 20180108b.JPG

…まぁ毎度の如く、早朝奈良を出れば間に合う距離ではあるのですが、
前日が折角のお休みだったのと、前夜に行っときたいお店などもあるので
今回に限り前乗りとしました。ようやく「お出かけ解禁」だしな。

兵庫県一番小さな自治体だという播磨町ですが、こんなに立派なホテル
があるとは驚きです(猫殴)。…たまにはラクさせて下さいよ。

さて新たな報告です。
12月時点で、まだ父親が「生きてるもののヤバい」から遠出が出来ない
という状況で、近場の廃線跡として、1983年に廃止された東信貴鋼索線
奈良県側から信貴山へ登るケーブルカーを思い付いたんです。

しかしコノ寒いのに歩いて山へ登るのは面倒である。…だったら歩きを
下りに
すればイイじゃない。ならいっそ、大阪側からもう1本のケーブル
カー
信貴山に登ろう。ぁ、あの山の上の平地廃線跡じゃなかった?

…という思考での小旅行となりました。

20180108c.JPG 20180108d.JPG

そんな感じで奈良から近鉄に乗り、布施回り河内山本に到着。
ココから信貴線という短距離の支線で、大阪側のケーブルカー
西信貴鋼索線が出る信貴山口駅へ向かいます。

京阪京津線で頻繁に登場した40‰の勾配ですが、同等のソレ近鉄
の場合、こんな所にあるんですよ。大阪線青山越えや、南大阪線
穴虫峠
のような長距離の難所は概ね33.3‰までに抑えてあるんですが。

20180108e.JPG 20180108f.JPG

という事で信貴山口に到着。ココからケーブルカーに乗り換えます。
…ココもブログでは紹介した事なかった。と言うか、前回に乗ったのは
恐らく高校生の頃でしょうか。特に用事がナイと来ませんからね。

最近になって、西信貴鋼索線でも交通系のICカードが使えるように
なったようです。…しかしケーブルカーってのは結構高いでしょ。
意識しないでタッチだけしてると、残高不足になる可能性が大きいね。

20180108i.JPG 20180108h.JPG

コンコースの広くなってる部分に、お約束「車輪と分岐器の解説」
ありました。…未だに私は「フランジのない車輪落ちずに転がってる
という状況が信じられないワケなんですが。

20180108g.JPG 20180108j.JPG

そんな西信貴鋼索線昭和5年大阪方面から信貴山朝護孫子寺
への参詣輸送を目的として、さっき乗ってきた山本からの支線と、更には
ケーブルを降りた先にある山の上の平坦線とともに開通しました。

戦時中は例によって不要不急路線として休止されたものの、戦後になって
ケーブルカーのみですが復活し、現在も元気に走っております。

朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は後述しますが、毘沙門天と寅を祀る
お寺
なので、寅年でもナイのに車体は寅だらけです。

ではそろそろ発車のようなので、乗車して待つ事にしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3970 乗り鉄日誌>その他の鉄道

生駒山ケーブル ④

2017/05/08(Mon)

私は日々、平日幾らでも休める身なので、この連休祝日仕事
入れるか家に籠ってジオラマ製作をやってたのですが昨日は唯一、
名古屋までお出かけしてきましたクラ駅長です。

20170508i.JPG 20170508j.JPG

さっちょコスプレイベントに出るので、その撮影を頼まれたのです。

木村鉄道でも社長撮影会があったので、裏番組のような隙間企画ですが
日程的にはこっちの方が先に決まってたんですよね。

私とたかやすさんで撮影を行い、夕方からは木村イベントの間合い運用
まさゆきさんヨシヨシ会に参加。…例によって私はまた、スピンオフ企画
のみの参加
でしたが、楽しく過ごさせて頂きました

アニメ系のイベントってのもコノ歳で初参加だったのですが、なかなか新鮮
でしたよ。世の中色んな人がおりますな。

20170508a.JPG
さて生駒山ケーブルですが、宝山寺駅から
山上線に乗り換えて更に上を目指します。

ホームの上に駅舎が乗ってる構造なのか?
地下トンネルのような所からの発車でした。

…余談ですが宝山寺の門前町というのは、
カナリの急坂で道も狭いのに、意外と住んでる
人が多く
、たまーに奈良市内からもタクシー
来る事があるん
ですよ。

地元の人たち冬場とかどうしてるのかな?
高確率で凍結したり雪が積もったりするぞ。

20170508b.JPG 20170508c.JPG

そして山上線には梅屋敷霞ヶ丘という途中駅が2箇所あります。

流石にココまで来ると人家は少ないのですが、梅屋敷駅の周辺は元々
別荘地みたいな所なのと、地図で見て分かる通り宝山寺お寺に近い
しかも駅の方が上にあるから、徒歩なら下った方がラク。…という利点
があるようです。

20170508d.JPG 20170508e.JPG

停車しましたが乗降客はありませんでした。昔は車内にバスみたいな
降車ボタンがあって、降りたい人はソレで合図する必要があったそうな。

ついでに調べたら、梅屋敷という駅は東京京急本線にもあるんですね。
そして梅屋敷を出ると離合区間に差し掛かります。

20170508f.JPG 20170508g.JPG

上から降りて来たのは相方の「スイート号」
胸焼けそしそうなぐらい豪華デコレーションケーキのデザインです。

日本人の感覚では食い物が青いというのが些か不気味ですが、
アメリカ辺り
では普通なのか?外国製の菓子ではよく見る気がします。

そして2つめの途中駅霞ヶ丘に停車です。
…ココはホントに何もありませんケーブルカーの特性上、下の梅屋敷
同時に停まってしまうから存在するようなモノかも知れませんね。

運転本数は多いものの、見事な秘境駅ですよ。…ヨコミはこんな所にも
ちゃんと降りたんだろうな?

20170508h.JPGという事で、約6分終点生駒山上
到着です。

…言わずと知れた遊園地の駅であり、私も
家族があった頃1度来た事はあった
ですが、ソノ時は車だったもんで、久し振り
生駒山ケーブルの旅でした。

珍しい見どころ結構あったでしょ?
 
平日なので遊園地閑散としておりますが、
何故か中国人のカップルだけは複数居ました。
…ホントにコイツらはドコにでも出てくるよな。

続いてはココから、生駒山を尾根伝いに北へ少し歩いて、ケーブルカー
の保存車両
があるという公園へ行ってみる事にします。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3725 乗り鉄日誌>その他の鉄道