新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

愛国から幸福へ ②

2017/11/25(Sat)

20171125a.JPG  
一昨日の事ですが、大海駅長との
話題に出た天理軽便鉄道跡地
探りに行ってきましたクラ駅長です。

廃線区間JR大和路線法隆寺駅
から、近鉄橿原線平端駅までの
約4kmの区間でして、ソコから先の
天理までは近鉄天理線として現存
しております。

法隆寺の駅前にはレンタサイクルもあるのですが、当然に戻ってくる
必要があるので「自転車で8km徒歩で4kmはどっちがラクか?」と考え、
結局は歩いて片道で探る事になりました。詳細はまた後日やります。

さて愛国駅ですが、まずはココに保存されてる機関車から見て行きます。

20171125c.JPG20171125d.JPG

大正時代の名機である9600型ですね。私も流石にリアルタイム
知ってる歳ではナイのですが、かなり末期まで残ってたイメージです。
「でかぐろ」なんて愛称があったんですか。コレは初めて聞きました。

…と言うか新内駅跡地見たのもコレなんですが、デフ(除煙板)何で
こんなに短い
のでしょう?どうやら「北海道特有の形」らしいのですが、
だから何で?ご存知の方があれば教えてください。

20171125e.JPG 20171125f.JPG

キャブは金網で閉じてありますが、隙間から中を見る事が出来ます。
…ナンバーが「19671」と。もう覚えました?コレは172号機に当たります。

雨ざらしではありますが、キャブ内真鍮の部分などは錆びも少なく
キレイに保存されている印象でした。

20171125b.JPG20171125h.JPG

駅名標新しく造られた感じですね。そして駅前には、カナリ巨大
石造の切符が飾られております。

…実の所、私も硬券の切符「○○から××ゆき」という表記のモノ
知らない世代なのです。後に三岐鉄道などで、例外的にそういうモノ
も残ってると知りましたが、 硬券があったにしても「○○円区間」だった
ような気がするんですよ。
 
ココの場合はブームになってワザワザ作った」のかも知れません。

20171125g.JPG 20171125i.JPG

で最近の最大の関心事「廃線跡は残ってるのか?
見ての通り、駅の周辺から少し離れるとイキナリ家が建ってしまってる
ので期待は出来なさそうですね。

来る途中にも気を付けて見てましたが、北海道のコノ辺なんてのは、
線路はほぼ一直線だった筈なのに、道床の盛り土殆どなく畑に戻って
しまった感じでした。

そして駅前に、車掌車の車体だけが残っておりました。コレは元々は
売店だった
らしいのですが、見るからに潰れてます

問題の記念切符は、相方である幸福駅に行かないと無さそうですね。
ともあれ続いては駅舎の中を見学する事にします。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3926 鉄道保存施設を探る

愛国から幸福へ ①

2017/11/24(Fri)

…久し振りに大阪から加古川まで新快速に乗ろうとしたら、このような
列車を見かけました。

20171124b.JPG 20171124a.JPG

関西では冬場の定番である臨時特急「かにカニはまかぜ」ですね。

キハ189系になってヘッドマーク無くなったから、外見では何が
何だか分からないのが難点ですが、長編成の多い山陽本線区間では
3両編成というのが異彩を放ってて面白い存在です。ちゃんと自動放送
の音声データ
「かにカニはまかぜ」が入ってる事に些か驚きました

…洒落で乗ろうかとも思ったのですが、全席指定(そこそこ空いてる風
ではある)で割高なのと、後発の新快速でも加古川での接続に変化が
ナイので見送りましたクラ駅長です。

さて北海道に戻ります。狩勝峠新内駅跡地で、資料館とエコトロッコ
を堪能した後、再び新得駅まで戻ってきました。

20171124c.JPG 20171124d.JPG

根室本線富良野方面不通なものの、駅は営業してますので、
名物の駅蕎麦で昼食。

当日は付近の公園施設で当地の名産でもある蕎麦「新そば祭り」なる
イベントが開かれており、ココのお店も出店するのでしょう。午後から
臨時休業
になるという事で「ギリギリセーフ」な状況でした。
 
午後からは帯広の市街地を通過しまして、国鉄広尾線の廃線跡に残る
愛国駅と幸福駅を見に行きます。

周知の通りココは、昭和62年に廃止になった路線ですが、おめでたい
名前
の駅が連続しているという事で「愛の国から幸福へ」というキャッチ
コピーでブームになった所です。

両駅は現在でも観光客が訪れるスポットとして残っていると聞きました。

20171124f.JPG 20171124e.JPG

…上2点は最終日帯広駅で見たモノですが、広尾線廃止以後
観光地として人気が高いようで、名所案内にも載ってるし、幸福駅
駅舎をレプリカ化したような観光案内所もありすね。

しかし帯広を起点として愛国10km幸福22kmもあるのか。
…途中に大正駅がある「ほんの2駅間」だというイメージだったのですが、
結構遠いな流石は北海道ですわ。

20171124g.JPG 20171124h.JPG

という事で北海道特有の広い道路をひた走り、まずは市街地に近い方
愛国駅へとやってきました。

…後で駅舎内に入ったら、現役当時の写真などもあったのですが、ソレと
全く変わらない感じに維持されている建物です。

20171124i.JPG 20171124j.JPG

広尾線の開通は昭和4年愛国駅ソレと同時に開業したワケですが
後に相方となる幸福駅の開業は、遅れて昭和31年(当初は仮乗降場)。

…そして「愛の国から幸福へ」というのが初めてテレビで紹介された
のが昭和46年の事なのだそうです。

少なくとも15年間この駅名の組み合わせはメディア的には知られて
なかったワケですよね。今だと誰かが知ったらインターネット一気に
拡散してしまう所かも知れませんが。

ホームには線路も残り、保存機関車として9600型が置かれています。
まずはココから見て行く事にしましょうか。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3925 鉄道保存施設を探る

狩勝高原エコトロッコ ③

2017/11/21(Tue)

20171121a.JPG
…先日、播磨下里お絵描き会の皆さん
打ち上げの飲み会とカラオケをやった
時の事なのですが、置いてあった機械
ジョイサウンドだったので、一発芸
として社長の曲を歌ってやろうかと
デンモクで検索したのですが…

「0件ヒット」と出てしまいましたクラ駅長
です。…誰もリクエストしないから、
いつの間にか無くなったんですかね?

しかし直哉さんによると、ジョイサウンドの公式サイトには掲載があるとの
事だったので、機種によるだけなのかも知れません。実際どうなんでしょ?

さて狩勝高原エコトロッコですが、お借りした足漕ぎ式EF65-500型
電気機関車
で、体験運転の始まりです。

最初の一歩と言うか一漕ぎ目って、結構な脚力を要するのですが、
何せ鉄のレールと車輪だから摩擦係数が小さくて、いわゆる空転
起こります。
後で訊くと雨の日なんかは特によく滑るそうな。…無駄にリアルですが、
だったら砂撒き機能も付けておけば完璧だろうなと思いました。

ちなみにトロッコ鉄道の車両基本が4人乗りなんですが、漕ぐペダル
2名分しか付いてません。…大人と子供の各2名だとすると、お父さん
と子供1人でも楽に走るような感じに見えました。

ただコレがピカチュウ親方だったとしたら?…漕がないで乗ってるだけ
では特急「はつかり」キサシ80「お前も働け」エンジン付きに改造
されたように、楽は許されない状況でしょう。…だから漕ぎなさいね

20171121b.JPG 20171121c.JPG

そんな感じで駅を出発し、まず最初の信号「場」だから場内信号機
なのですが、左から来る2周目用の短絡線合流する信号場のソレ
という事になりますか。…勿論、黄色なら減速赤なら停止ですよ。

コースは幾つかの閉塞区間に区切られており(説明によると13箇所)、
それぞれに3灯式の信号機がありますので、勿論コレも正しく守る事

勾配票6.5‰と見えますね。ちゃんと調べたワケではありませんが
ココまでやってるなら数値は正確なんでしょう。…結構キツいぞ。

20171121d.JPG 20171121e.JPG

そして閉塞信号機のラインの枕木上には「STOP LINE」という文字の
電飾があり、信号が赤になるとコレも点灯します。

乗る前に係の人に守らないとどうなりますか?」と訊ねたのですが
「怒られます、よかったら試しにやってみて下さい。」との返答でした。

…要するに地上子車両の通過を感知し、運転席にあるスピーカー
から「信号を守って下さい!」みたいな音声が流れるんですよ(文言は
ウロ覚え)。そして違反した回数赤ランプが、3個まで点灯します。

こんな「足漕ぎトロッコ用閉塞システムが、市販のメーカーから
売られてるとも思えず、全てはスタッフさんの手造りなんでょうね。
ぃゃスゴいですわ

今日は比較的空いてるものの、繁忙期にはカナリの続行運転になる
ようで、そんな時に閉塞システムが生きてくるのだそうな。

…ちなみにATSのような自動停止装置ナイそうです。が、もしか
したらそのうちに実現しそうな勢いですね。

20171121f.JPG 20171121g.JPG

敷地の奥手で180度転回し、保存車両の脇を通ります。…ココは新内駅
2番線だった所、古いホームが残ってますね。「狩勝」という標識
通り、この先にトロッコ鉄道の狩勝信号場がありました。

ココで、出発時に渡されたタブレットの輪っかをバーに引っ掛けると、
2周目への短絡線に向かう分岐器が開通するという仕組み。

…だからコノ無駄にリアルな発想ドコから来るんでしょう?

20171121h.JPG 20171121i.JPG

分岐器だから信号も2個「短絡線」と「本線」出発信号ですね。

再び同じコースを周回して、最後はに元とは反対向きの方向で到着
(だから転車台が必要)。
上手く停止位置に停まるファンファーレが鳴るんです。

いやー、めっちゃ楽しかったな。見てると「もう1回乗りたい!」とか
言い出してる子供さんも居ましたが気持ちは分かるぞ

社長が行ったら5周ぐらい回ると思います。誰か勧めてあげて下さい

ミュージアムレアな寝台車と、信号装置無駄にリアルで楽しいエコ
トロッコ新内駅跡地充分に堪能し、次の目的地へと向かいます。

…コレは是非とも、誰か案内したくなる所ですよ。ホントにオススメ!



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3922 鉄道保存施設を探る