新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

西宮北口を探る ②

2017/08/16(Wed)

播磨下里スイカを貰い、リアル会社の飲み会余ったキムチを貰い…
冷蔵庫がエラい事になってます
クラ駅長です。

20170816a.JPG 20170816b.JPG

現時点でスイカは何とか消費出来ましたが、キムチはまだ上の量の3/4
程度
が残っております。…そもそもが「漬物=保存食」だと思うので
賞味期限
などは気にしてナイ(と言うかパッケージがナイので分からん
のですが、まだまだ掛かりそうですね。

20170816c.JPGさて西宮北口です。

1987年まで存在したダイヤモンドクロス
の跡地などを探りつつ、西宮ガーデンズ
という商業施設の中へやってきました。

…奈良で言うとイオンモールみたいな
規模の大きな施設です。館内へ入って
から
の方が歩く距離が長かったのです
が、「阪急西宮ギャラリー」という一角が
あるんですよ。…ココの事ですかね?

20170816d.JPG 20170816e.JPG

…昔は大手の鉄道会社には「球団が付き物」みたいな感じで、阪急電車
には阪急ブレーブスというプロ野球チームがありました。

後にオリックス買収され、現在はバファローズと合併してるアレですが、
若い人はもう知らないかも知れません。

私はプロ野球に関する知識殆どナイので、コノ辺は適当にスルーして
鉄道に関する展示だけ見る事にしますが。

20170816f.JPG 20170816g.JPG

20世紀初頭小林一三氏が興した阪急電鉄(の前身)は、沿線を
宅地開発したりレジャー施設を建設したり、当時としては画期的な経営
方法
で発展してきたのは周知の通りです。

在阪の他の大手私鉄と比べると「ブレが少ない」というのが私の印象…
車両の塗装や内装にしても戦前あたりから殆ど変わらないイメージです。

20170816h.JPG 20170816i.JPG

で、問題のダイヤモンドクロスに関しては、1/150大きな模型で再現
されています。…恐らくは最末期の1980年頃の様子だと思われますが。

元々は宝塚からココまでだった路線が今津まで延びて、現在の形状
なったのが1926年の事らしいのですが、当時は立体交差を作るのが
大変だったので、コノような恰好になったそうですよ。

…時代が進んで運転間隔が密になり、編成も長くなるとやはりコレでは
不便なんでしょう。ソレと架線も90度に交差するから、パンタグラフの
傷みが激しいんだと聞いた事がありますわ。

20170816j.JPG 20170816k.JPG

そして現在の西宮ガーデンズの場所に、元々あったのが上記の阪急
ブレーブス本拠地だった西宮球場です。…野球の他にアメフトの試合
とか各種のコンサートもやってたのかな?
「駅の真横に球場がある」という図式も最近は減りましたよね。

という事で神戸の川崎重工から始まった日帰りの旅の報告はココまで。

よく考えたら近鉄と阪神相互乗り入れになって、神戸奈良から
近い場所になりましたので、コノ方面は今後も色々とネタ探しに行ける
かも知れません。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3825 鉄道保存施設を探る

西宮北口を探る ①

2017/08/15(Tue)

カワサキワールドを見た後、更に地下鉄三宮へ出て次は阪急
乗るワケなんですが、ココで1箇所寄り道しましたクラ駅長です。

そごう神戸店内にある「ひょうご ふるさと館」という所で、はばタンの
グッズが売られてると聞いたもんですから。

「ゆるキャラを都道府県に1匹ずつ集める」という適当なプロジェクトを
始めて、兵庫県代表はコイツと決めてたのですが、実体を売ってる所
少なくて困っておりました。…普通にサービスエリアとかに居ないのよ。

20170815a.JPG 20170815b.JPG

めでたく手頃な大きさのをゲットしましたよ。割と高級そうなアクセサリー
とともに、カギ付きのガラスケースに入ってて大笑いです。

はばタンと言えば、のせでんのイベントでコイツが社長と抱き合った時、
逆上した渡辺さん頭が取れそうな勢いで殴り掛かっておりましたが、
ソノ話を大海駅長に話したら、えらくドン引きされてしまいました。

…やっぱり木村外の人から見れば、私らの行動は「変」なんですってば。
そんなはばタンと一緒に、阪急電車西宮北口駅に到着しました。

20170815c.JPG 20170815d.JPG 

ココは神戸本線今津線交差する駅であり、私が子供の頃1984年
までは2本の路線地上で直角に平面交差していた所です。
世代的に被ってますが、実際に見ないまま廃止された物件です。

この構造では、やはりダイヤの維持が困難になるのと、どっちかってと
危険な構造でもあるので、現在は神戸本線側をメインとした橋上駅
変ってしまいましたが、近くに遺構や解説の展示があるという事なので。

20170815e.JPG 20170815f.JPG

まずは現在の同駅の説明からですが…東西方向に走る神戸本線と、
南北方向今津線のうちの北側が地上駅として残り、コンコースと
今津線の南側
高架になってるという複雑な造りです。

ソノ結果、今津線南北に分断されて直通出来ない構造になりました。
今津線は南の終点の今津阪神電車と接続するのですが阪神連絡用
としての意味合いが高かったモノと推測されます。

現在は「今津北線」「今津南線」という表現をする場合もあるらしいです
が、南北を通して乗る客というのは元から少ないのかも知れません。

20170815g.JPG 20170815h.JPG

駅の南西側に、神戸本線今津南線が繋がる短絡線があって(画像左)、
南線の車両はココから出し入れするのでしょう。

今津北線への短絡線は駅の北東側。コレは昔からあるようで(画像右)、
同じ方向にある西宮車庫への出入りも可能…。

20170815j.JPG 20170815i.JPG

そして駅の南東側にある西宮ガーデンズに面した遊歩道に、平面交差
してた時のレールダイヤモンドクロスの一部が残されてるという事で
見に行ってみました(地図の現在マークの地点…この地図は西が上)。

…んー、付近にソノ由来を書いた説明書きなどがあるものの地味です
場所も駅から離れてるので、元あった場所という事もナイのですが。

20170815k.JPG
その西宮ガーデンズというのがコレ。

元はココに、阪急ブレーブスの本拠地
だった西宮球場があり、2002年の閉場
後に商業施設としてオープンしました。

…この中にある「阪急西宮ギャラリー」
にも、駅に関する展示物があるらしい
ので、続いて探りに行ってみます。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3824 鉄道保存施設を探る

カワサキワールド ④

2017/08/14(Mon)

播磨下里駅お絵描き会スイカ割りをやった時、野菜直売所の方が
余ったスイカを下さったのですが、ソコへ更に列車を降りて通りかかった
おばちゃん
から、タマネギの天ぷらを頂きました。

20170814a.JPGしかしコレは「皆さんありがとう」
素直に喜んでイイのでしょうか?

スイカと天ぷらってのは確か、最悪
食い合わせじゃなかったかな?

実は私も「そのように聞いた事がある」
という程度だったので、実際はどぅ
なのか?
調べてみましたクラ駅長です。

ネットに載ってる記載マトメて言うに…

天ぷらの油を消化するために多く分泌された酵素が、スイカの
水分で薄まってしまうため、消化不良を起こす可能性がある。」


のだそうです。
なるほど、ソレほど最悪って事(毒物が合成されるとか)もナイようだな。

大海駅長万一の事を考えて、分散して持って帰るように配ってくれ
ましたが、私なら多分大丈夫です。子供の頃から胃は鍛えてますので。

20170814b.JPG
さてカワサキワールドです。
引き続き0系新幹線先頭車…殊に
運転席を見て回っておりますが…

車庫などに車両を留置する時に使う
車輪留めが残っておりました。
…こういうのって使い回すイメージ
だったので、何気に珍しくないですか?

R18とあるのは編成番号の事でしょう。

 
R編成ってのは、国鉄末期に「6両こだま」だったグループですね。

20170814c.JPG 20170814d.JPG

方向幕の設定器もありますね。コレも私が引っ掛かるポイントなんです
が、恐らく山陽新幹線博多まで開業しても、0系は「のぞみ」には
使わない
だろうから、コノ程度の枠数足りるんでしょう。

0系の方向幕なんて、今は出物があればカナリの高値になりますが。
ぁ、「こだま/小倉」がナイけど大丈夫?

20170814e.JPG 20170814f.JPG

そんな感じで0系見終えたら、隣にあるのが次世代型の路面電車
「SWIMO」実物大モックアップです。

試作車として実際に造られたモノと形がカナリ変わってますので、
こっちはホントに設計段階のモノなのかも知れません。

20170814g.JPG
運転席至ってシンプル
まぁ模型みたいなもんですからね。

実際の所、電車を動かすのにコレだけ
装置と計器
では足らないでしょう。

この手の低床式の電車ってのは私は
「ドコに機械が入ってるのか?」
毎度悩むのですが、高性能バッテリー
ギガセルは、座席の下にありました。

「SWIMO」現実の鉄道会社では岡山電気軌道導入を発表している
ものの、実現には至ってナイようです。
…まぁ「導入=新線の開業」でないと意味のない車両でしょうけどね。

20170814h.JPG 20170814i.JPG

続いてが鉄道模型のコーナー。迫力のあるHOゲージは子供さんにも
大人気ですが、やはり「川崎重工が製造した車両」というコンセプトで
マトメられてるようでした。

…だったらソノ大部分を占める京阪電車がナイのが些か残念だけど。

20170814j.JPG
おまけ

模型以上に人だかりが出来てる箇所が
あったので覗いてみたらコレでした

「電車でGo!」高速編だから2代目?
コノ筐体そのものも、最近は滅多に
見かけなくなりましたので、小さな子供
さんには逆に珍しいのかも知れません。

グラフィックコノ程度で充分なので、路線だけ新規で作ればウケるぞ。

緑色のベストのおじさんが、ボランティアと思しきスタッフさんでして、
横に付いて子供たちに運転の指導をしていました。
…私も初代の山陰本線だったら、人に教えれる自信があったりします。

ほんの「ついで」程度に立ち寄ったカワサキワールドでしたが、ネタが
多くて本編より長くなりましたね。

ココから続いては地下鉄阪急で移動して、次の見学地へと向かいます。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3823 鉄道保存施設を探る