新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

木坂駅跡地

2017/06/23(Fri)

20170623a.JPG
ジオラマ完成記念という事で、遂に
特急型車両を導入しましたクラ駅長
です。…ぇ、古い?

繰り返しの事ですが、奈良…拡大解釈
して天王寺鉄道管理局をテーマに作る
ので、キハ82「くろしお」「南紀」
そして超短期間奈良を経由する唯一
の特急だった「あすか」に充当します。
(後にも先にもコレ1本のみ!

名古屋猫ヨシヨシ空振りの日に市内の模型店などをハシゴして、
当初の予算よりカナリ安く揃いましたよ。

20170623b.JPG 20170623c.JPG

さて可部線です。加計駅跡地キハ28の復活運転を堪能した後、
広島方面へ戻るべく最寄りの高速入口へ向かったんですが…

20170623d.JPG 20170623e.JPG

加計から更に奥三段峡方向へ向かって走ってると、明らかに鉄建公団
が作った高架の線路が見えてきました。
…そして築堤の上に、明らかに駅と思しき構造物がありますね。

20170623f.JPG 道路から駅まで長い階段が続いて
おりますが、特に閉鎖されてる感じ
でもナイので登ってみます。

「きさかえき」と書いてありますか。
調べてみると、加計から三段峡方向
へ向かって次の「木坂」という駅
だったようです。
この区間が延長されたのが1969年
廃止2003年だから、駅として機能
してたのは34年間という事ですね。

鉄道の路線や駅
としては短命でしょう。…やはりゴリ押し地元の要望
も幾らかあった筈ではありますが)で作ったものの、採算が取れない
のは、ちょっと考えれば分かる話?そうは行かない事情もあったのかな。

20170623g.JPG
ホームや待合室は、コレまた撤去も
されずに残っています
さりとて、何かに再利用されてるワケ
でもナイ完全放置ですね。

遊佐未森さんの曲に「夏草の線路」
というのがありますが、コレは埋もれ
すぎでしょう。
抒情もヘッタクレもないと言うか…。
一応、レールは外してありましたが。

20170623h.JPG 20170623i.JPG

JRのロゴ現在のモノと変わらないので、ココもそんなに古い印象
ありません
ワンマン運転用のミラーなども今と同じ感覚ですね。
…せめてコノぐらい、ドコかで再利用出来ないモノか?

恐らく三段峡まで、他にもこんな感じで駅が残ってる事と思われますが、
キリがないのでココらで切り上げて、高速道路を経由して可部方面
戻る事にしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3771 鉄道保存施設を探る

加計駅跡地とキハ28 ⑦

2017/06/21(Wed)

ブログでの報告は若干のタイムラグがあるので、現時点で既に模型鉄
のレイアウト
は、ジオラマ殆どが出来上がっております

で早くも「次はどぅしよう?」という新たな発想が湧きつつあるのですが、
やはりレイアウト定規による手描きだと面倒なので、パソコンで図面が
引ける
ソフトを購入しましたクラ駅長です。

20170621a.JPG 20170621b.png

…早速に色々とやってみて右上のような感じ決まりました

複線ですが駅は2面3線。真ん中の2番線上下どっちからでも進入
出来る構造です。…はい、最も国鉄らしい駅の形と言いますかね。

現実にコレが一番便利なんでしょ?ダイヤが乱れた時都合のイイ所
緩急接続折り返し運転も出来る…やはりよく考えてあるんでしょう。

そして反対側に車庫線を作り、新製品(30年前基準)ダブルスリップ
ポイントで、上下どちらへも出入り可能にします。

このレイアウトに関しては、まずは細密なジオラマ作らず簡易的に
設置だけしておいて、将来的に有効長を延ばしたり高架の別線などを
敷設して、最終的には大人数で楽しめるモノにする予定なのですよ。

全てが完成した暁には模型鉄合宿なども出来る規模になりますので、
適当にお楽しみに。…って人は集まるのか?

さて加計駅跡地のキハ28です。初夏の爽やかな青空の下を、重苦しい
気動車線路を軋ませつつ徐行しておるのですが…

20170621c.JPG20170621e.JPG 

先述の通りキハ28が走るのは、加計駅留置線の部分です。
元の本線は、現在はソノ横にある敷地内の道路に変わっておりました。

更に先には、鉄橋の遺構だけが残っておりました。…昔はアノ山を
越えて
もっと線路が続いてたのでしょう。

20170621d.JPG20170621f.JPG

留置線の方は、草に埋もれた感じ車止めと停止目標が見えますね。
キハ28はココまで来ます。…ブレーキを軋ませて停止

山肌をバックに上がる排気ガスの煙が、蒸気機関車リアルで知らない
世代にとっては懐かしい風景でもあるのですが私にとっては、やはり
微妙に非日常と言うか、旅先で見た風景なんです。

20170621g.JPG 20170621h.JPG

昔の気動車って、駅のホームでアイドリングが高めなだけで、ウルサくて
会話が出来なかったよな。

…そんな事を思い出しつつ、程なくバック元の位置に戻ります。
貫通扉付近に居る保存会の方が、運転席とトランシーバーで連絡を取り
つつ、慎重に定位置に着けます。…例の「やわやわ」が聞けましたよ。

という事で短い距離ではありましたが、滅多に乗れないオリジナル状態
のキハ28が体験出来ました。…開催日の日曜に合わせて、ワザワザ
遠くまで来た甲斐がありましたよ。

20170621i.JPG 20170621j.JPG

では見る所も一段落したので昼食。ご当地で捕れるらしい、鮎の塩焼き
美味そうなのでコレにしましょう。…まだレンタカーが残ってるので、
ビールが飲めないのが残念。サイダーで我慢します。

店番のおじさん写真を撮ってイイか訊いたら「インスタ映えするように
撮ってね。」ですって!
…何だか時代は変わったなあ。でもすいません、私はアレやってないの

なかなかに見所が多かった可部線の廃止区間ですが、広島方面へ戻る
のに最寄りの高速入口まで行こうとしたら、成り行きでもぅ1箇所見つけ
てしまいました。ソレを見てから復活区間の乗り潰しへと移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3769 鉄道保存施設を探る

加計駅跡地とキハ28 ⑥

2017/06/20(Tue)

ネタ枯渇気味なので前説も些か食い気味で参りますが、その日の
予定を了えた後、山口県の周南市に泊まったんです。
分かりやすい地名で言えば徳山新幹線の駅からすぐ近くの所でしたが。

20170620a.JPG 20170620b.JPG

市の合併名前が変わったのはイイとして「周ニャン市」
…加えて「人がネコになれるまち。」とは何なんでしょう?

確かに私も猫は大好きですが、こうズバリと言い切られても困るような
気がするクラ駅長です。…なってどぅするんでしょう?

ただ飼い主がアイドルで、何故か自分と同世代の女の子もぅ1匹同居
してて彼女は自分にベタ惚れ。…というのろの立場には憧れますが…
ぁ、でもキンタマは取られるのか。やっぱりイイや

さて加計駅跡地のキハ28ですが、復活運転の列車がいよいよ発車します。

20170620c.JPG 20170620d.JPG

走る距離は目測で100m少しでしょうか?よくある体験運転と似たような
感じです。奥手に見える車庫のような建物を過ぎて少し先までね。

クーラーは効いてますが、殆どの窓空け放たれており初夏のいい風
が入ってきます。元々加速の遅い車両だし、速度もソレほど出ない
ですが、「あー、頑張って走ってるなー。」という感じ。

20170620e.JPG 20170620f.JPG

片運転台車の単行なので些かの違和感はありますが、国鉄時代
には気動車の配置転換で、このような単独自走が見られたそうな。

元の本線撤去されて敷地内の道路(右の茶色い部分)になっており、
車両が走るのは留置線なんだそうです。だから車庫があると。

廃止から14年小さな子供さんだとリアルに知らないだろうし、コノ辺
の環境だとバスや自家用車での移動が多いんでしょう。物珍しさに
大喜び
の光景が各所で見られました。

20170620g.JPG 20170620h.JPG

でコノ車庫。恐らく普段は、ココにキハ28が格納されてるんでしょう。
やはり雨ざらしで置いてあるよりは保存状態がイイ感じです。

天井に大きな煙抜きのフードがあるので、元は蒸気機関車を入れてたの
かも知れません。

20170620j.JPG 20170620i.JPG

車庫内を通過すると「音が籠る」ので、サービスがてらに汽笛が鳴ります。

…ぁ、貫通幌捨ててあるぞ。要らないのだったら、ドコかへ売って資金
の足しにするという手段もありそうですが。

乗ってても外から見てても実に楽しい復活運転でした。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3768 鉄道保存施設を探る