新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

生駒山ケーブルの保存車 ②

2017/05/10(Wed)

その生駒山上にある遊園地は、今年で開業88周年になるんだそうです。

…何年か前に関西でも電鉄系の遊園地撤退が相次ぎ現存する
少ないモノ
となってしまいましたが、まだまだ立派に現役なんですよ。

20170510a.JPG 20170510b.JPG

入園料が要らないので、敷地の中を抜けていきます。
…「動物と触れ合えるとかそういう施設でもナイ」のに猫が居ました
突発猫ヨシヨシか?」と思いましたが、愛想が悪かったね。

ちなみに今後の猫ヨシヨシに関しては、新たな候補地2箇所ほど見当
つけて計画しておりますクラ駅長です。

さて生駒山麓公園のケーブルカーですが、引き続き見て行きますと…

20170510c.JPG 20170510d.JPG

何故か「楽」という名称?も書かれております。同じ近鉄ですが団体列車
の「楽」
とは関係ナイと思われます。

サイドミラーが無残にも曲がっておりますが、ソレ以外はしっかり残ってる
様子でした。…山上側のヘッドライトは、ちゃんと角度が上向きなのね。

20170510e.JPG
ケーブルカーの駅ってのは、大抵に
おいてホームが狭い駅間で撮るにも
無理のある地形が多い)ので、車体を
真横から離れて見る機会ってのが
なかなかナイのですが、やはり見事な
平行四辺形になっています。

そして車両を置く場所にしても、平地に
置くと変になるので、このような斜面
上手く選んだ
ケースでしょうね。

ドアが開いてますから、車内に入ってみましょうか。

20170510f.JPG 20170510g.JPG

車内の感じは私も覚えがあるのですが、階段ごと固定式クロスシート
が配置されています。

郊外私鉄の沿線で育ったもんで、そもそもクロスシートというのが
子供心に珍しいワケで、ケーブルカーのような短距離の区間でも、
いつもとちょっと違う旅気分だったものです。

しかしモケット部分は、井笠鉄道と同様に木のベンチに造り替えられて
おりました。…背もたれの白い部分は、ニス塗りだったように思いますが
昔から木製です。オハ61系とかと同じ、あんな感じですよ。

20170510h.JPG 20170510i.JPG

運転席周りはこんな感じ。真ん中の丸い椅子左右にスイングする構造
になってて、コレで乗務員さんの出入りが容易になる仕組み。
但しコレも現役時代はモケット貼り今は木製です。

あるサイトによると「運転機器は殆ど残ってない」と記されてますが、
そもそもケーブルカーの運転席なんて大抵はコノ程度でしょ?期待する
方が無駄
のような気もします。

20170510j.JPG 20170510k.JPG

戸袋付近の柱鋼製車体更新したとは言え、車内は木造「半鋼車」
なので、コノ辺は木製なんでしょう。優美な曲線が採用されています。

そして車内にあった「ミニギャラリー」の中に右のような写真が。
宝山寺線離合地点4両が並んだ瞬間のようです。
向かって一番右側のがココにある「いのり号」なんですが。

双方の終点同時発車すれば、中間地点4両が並ぶのは必至です。
しかもコレは恐らく、踏切のド真ん中から撮ってるので、撮影用無理に
並べた状況かと思われます。ホントに4両並んだら圧巻でしょう。
 
という事で、私には近場ながらインパクトの強い生駒山ケーブルでした。
…続いてまた模型鉄の報告を挟んでみましょうか。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3727 鉄道保存施設を探る

生駒山ケーブルの保存車 ①

2017/05/09(Tue)

…そんな感じで久し振りケーブルカーで着いた生駒山上ですが。

20170509a.JPG 20170509b.JPG

駅の屋根に載ってる「ケーブルのりば」ネオンサインに、そこはかとナイ
哀愁
を感じてしまいましたクラ駅長です。

…最近、ネオンサインを用いた広告って減りましたよねLEDの画面
直接、文字や動画を写す方法が主流になったからでしょうか?

このサビ具合ではもう使ってナイのかも知れません。時代は変わったね。

さて続いては、この生駒山上駅から生駒山の尾根伝いに北へ2kmほど
歩いた所にある生駒山麓公園へと移動します。

20170509c.JPG 20170509d.JPG

宿泊施設やらフィールドアスレチックやらのある、この地区の自然公園
のような所なんですが、基本的には自動車生駒駅からバスで行く所
なんですね。私のように歩いてきた客は珍しいのかも知れません。
(帰りはバスにしました。)

尚、尾根伝いに走る信貴生駒スカイラインという有料道路は、自動車
専用なので、歩く場合は脇道の遊歩道探しつつの行程になります。

20170509e.JPG 20170509f.JPG

敷地内の多目的広場付近に、生駒山ケーブル古い車両が保存されて
います。…ケーブルカーの保存車ってのは珍しいんじゃナイかな?

20170509h.JPG
車両はコ1型(…近鉄ではケーブル車両
「鋼索線のコ」を充てる)と言い、1918年
に生駒山ケーブルが開業した当時の木造車
1928年鋼体化更新した車両でした。

…ソレが何と2000年「ブル&ミケ」登場
まで宝山寺1号線で使われてたんですよ。
物持ちの良すぎるハナシですね。

私の記憶では、塗装はこのような茶色では
なく、宝山寺2号線みたいなツートンカラー
でしたが、末期登場当時の色に戻された
ようです。

20170509g.JPG 20170509i.JPG

車体の傍に、上に記したような車両の由来と、ケーブルカー特有の
左右の形状が違う車輪が保存されております。

…文字がカスれて読みにくいのと木の陰が邪魔で撮りませんでしたが。
そして僅かながらケーブルと滑車も再現されています。

20170509j.JPG 20170509k.JPG

愛称は「いのり」…。
ケーブルカーの名前としてはと言うか抹香くさい感じがせんでもナイ
のですが、行先が宝山寺というだからかも知れません。
ちなみに相方の2号車「めぐみ」と言いました。

妙に高く上がったパンタグラフが目に付きますが、台座が銀色に塗装
してあるものの、よく見たら木製なんですね。…絶縁は大丈夫なのか?

では続けて車内なども見ていきます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3726 鉄道保存施設を探る

鍛冶屋線跡地を探る ③

2017/05/02(Tue)

…という事で、日々の不用品やら預かりものを整理して、実家に運ぶ
になりました。

ちなみウチの実家というのは、親がカナリ気合を入れて建てたと言うか、
「大阪の食い倒れ」「京の着倒れ」に並んで「大和の建て倒れ」に相当
する無駄に広い家なのです(実際に家で見栄を張る文化がある)。

自分たち私が結婚して子供が2人…最大で6人程度が暮らせるように
想定してあるのに今はこのザマなので、に例えると現在の下関駅なみ
の「規模に対しての使ってなさ具合い」なのです。…分かります?

20170502a.JPG 20170502b.JPG

…ともあれ乗用車には載らない量だし、改めて梱包し直すのでホーム
センターの軽トラそのまま行くワケにも行かずレンタカーです。

遂に「大井川鉄道のヘッドマーク」仕分け対象になってしまいました。
実家に住んで鉄道部屋を作る時には、改めて飾る事にしようと思います
クラ駅長です。

20170502c.JPG さて鍛冶屋線跡地を探る旅ですが、
線路跡と思しき県道を走って終点
鍛冶屋方面へと向かいます。

…ネットで「鍛冶屋線記念館」という
のを検索すると、先程の市原駅記念館
と、終点の鍛冶屋駅の記念館。更に
途中の町役場らしき所にもソレらしい
がヒットするのですが…
もぅ少しオリジナリティのある名付け方
は出来なかったモノかしらね?

20170502d.JPG 20170502e.JPG

町役場の方は、ストリートビューなどで見てもソレらしいのは見えず
恐らく建物内に資料室がある程度なんでしょう。という事でパスして、
鍛冶屋駅にやってきました。

20170502f.JPG 20170502g.JPG

駅舎は外装はそのままのようですが、内部が改装されており、半分が
地域のコミュニティセンター?で反対側に小さな資料室がある構造です。

…しかし、見事に施錠されておりましたよ。もしかして限定公開?
建物を通り抜けてホームへは出られます中村町1つ手前の駅だな。

20170502h.JPG 20170502i.JPG

ココに保存されてる車両もキハ30型。…末期に加古川線などで見られた
緑色です。…雨ざらしなので少し褪せ気味ですが、元は現在の紀勢線
みたいな色でした。

…あら、コレも施錠ですか。まぁ中に入っても何もなさそうなんですが。

20170502j.JPG 20170502k.JPG

…折角だから記念写真道を廃止して終着駅だけ残した格好なので、
建物の周りを道路が周回するロータリーのような地形になってます。

そしてコノ辺では廃線跡遊歩道として整備されており、一直線のソレが
続いておりました。

という事で3日間かけて四国~岡山~兵庫と続いた旅の報告もココまで。
見どころが沢山あって1か月以上引っ張れましたね。

続いては、今回の旅に先立って少しだけ「もどき」の改装をやったネタを
挟んでみようと思います。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3719 鉄道保存施設を探る