新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

小松島ステーションパーク ③

2019/02/05(Tue)

大曽根の丸銀からの帰り、京都から近鉄に乗り換えたら復刻塗装の
8400系に当たりましたクラ駅長です。

20190205b.JPG 20190205a.JPG

8400系3両編成は基本的には田原本線でのワンマン運用が多いん
ですが、時々「3×2=6」にして奈良線京都線に入ってきます。

恐らくは2世代ぐらい前800系とか820系をイメージしたモノなんです
が、私が子供の頃は帯はナイけどほぼコレでしたわ。
…だから珍しいというより懐かしい感じですね。

あと1本、更に古いモスグリーンの塗装があるので、何かの機会にまた
撮ってきましょう

さて小松島ステーションパークです。続いて公園そのものを詳しく見て
いくワケですが、やはり鉄道公園の一種という事で…

20190205d.JPG20190205c.JPG

機関車の形など、鉄道をイメージしたオブジェが沢山ありました。
左ののやつは水飲み場のようです。

車止め車輪の形をしてます。「歩行者に注意」の看板に添えられた
イラストが子供でなくお年寄りな所が現代的ですな。
…そしてやはり、公園の遊具汽車デザインのモノが目に付きました。

20190205e.JPG 20190205f.JPG

…そんな感じで取り敢えずは、保存車両廃線跡などに関してを先に
済ませましたが、来た時から気になってるのが猫です!

この公園を紹介したサイトやブログを断片的に調べたら、時々猫が
写り込んでるモノは見かけるものの、「公園に猫」って付き物ですから
当たり前の範囲だと思ってたんですよ。

私の基準では2匹以上居て近寄っても逃げなければ「猫ヨシヨシ場
認定」なので、ココからはカテゴリーを変えて続ける事にします。

20190205g.JPG 20190205h.JPG

最初に会ったのが、このハチワレちゃん黒ちゃんでした。
1月の事ですが、イイお天気のホーム跡は暖かくて日なたぼっこ
最適なのでしょう。2匹ともしまい忘れてますな。

鉄道のホーム(を模したモノですが)の高低差って、遊ぶのにも丁度
いいのかも知れません。

20190205i.JPG 20190205j.JPG

暫くして三毛ちゃんが登場。ココは機関車のサイドタンクの上ですが
黒いから熱を吸収して暖かいのかも知れません。…でも夏場は無理?

周囲を見回ってると、客車の下には明らかに猫用のお皿などがあり、
誰かがエサをあげて猫たちの溜まり場である事が分かります。

突発的猫ヨシヨシに当たって、私にとっては珍しくラッキーです。
更なる猫を求めて公園周辺を回ってみましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4363 猫ヨシヨシ日記