新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

きらきらうえつ ⑥

2017/07/25(Tue)

20170725a.png
土曜に名古屋日曜に播磨下里イベント
が連続する
ので、「一々帰るのが面倒だから
泊まって行けないか?」という事を一応は
考えました
クラ駅長です。

新幹線を使えば、名古屋からでも余裕を
持って参加出来そうですね。
しかし土曜ってのはホテルが割高になる
が多く、ソレがキツくて諦めました

アリバイトリックみたいで面白いと言えば
面白いのですが。

さて「きらきらうえつ」ですが、秋田から約2時間酒田に到着です。

20170725b.JPG
駅名標のあるイラストから「ココは山形県
だったな」思い出した感じでしょうか。

…繰り返しになりますが同列車ココから
新潟までが定期運用
であり、殊に上り便
途中で見れる夕陽が一番の売り物だったり
しますが、残念ながら私はココまで。 

もう一度行きたい所ではありますが、
ワザワザ乗り直しに行って大丈夫かな?
私の運の悪さでは、多分にして悪天候
なる気がせんでもありません。

20170725c.JPG 20170725d.JPG

やはり定期運用の範囲に入ると、駅名標もソレを意識したデザイン
だったり、専用の乗車位置案内があったりしますね。

20170725e.JPG 20170725j.JPG

乗務員さんはココで交代し、車販スタッフの人ココから乗って
「きらきらうえつ」は発車して行きました。車内では撮れなかったの
ですが、車掌さんにはオリジナルの制服があるようです。

奥手に停まるキハ40系新潟色ですね。ココまで来ると新潟文化圏
である事が分かります。

20170725f.JPG 20170725g.JPG

到着したホームでアレコレ撮ってるうちに、先程の貨物列車が追い
ついてきました。 …機関車は確か、東日本から貨物に移籍したやつ
ですよね。

…やはり寝台特急の削減によるモノでしょうか?些か汚れてますが、
そのままの色で使ってるのが面白い所ではあります。

20170725h.JPG 20170725i.JPG

酒田駅も昔は、機関区が置かれた鉄道の要衝だったようで、改札口に
近い1番線ホームには、動輪や模型などが展示されておりました。

国鉄時代ってば「日本海」1度だけ通ったかな。大阪発なので
コノ辺は朝
でしたが詳しくは覚えてません。ぃゃ流石にSLはナイわ。

という事で、些か変則的ではありますが「きらきらうえつ」の報告は
ココまでです。予期せず乗れてネタも拾えたし、楽しかったですよ。

時系列としてはココに繋がり、翌日は社員旅行由利高原鉄道です。
では次回、7/23播磨下里お絵描き会の報告へと参ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3803 乗り鉄日誌>JR東日本

きらきらうえつ ⑤

2017/07/24(Mon)

2日連続の(私にとっての)ヨシヨシイベントという事で、昨日は
播磨下里駅のお絵描き会に参加してきましたクラ駅長です。

20170724j.JPG 20170724k.jpg

「ヒマだから」という事で法華口までパンを買いに来たまさゆきさん
飛び入り参加。 …何故か「列車のお見送り」をやらされてましたが。

さて「きらきらうえつ」ですが、先程から羽後本荘駅に停車しております。

20170724a.JPG 20170724b.JPG

4番線由利高原鉄道ホームには、翌日に社員旅行で乗る事になる
「Panasonicエボルタ」のラッピング車両が入ってました。 乾電池電車
のギネス記録達成者である、川越工業高校の皆さんがドーンと…。

みんな作業服だから大人っぽく見えますが、彼らは高校生なんだよね。
改めてスゴい事だと思います。

20170724c.JPG 20170724d.JPG

続く金浦駅でも対向待ちを兼ねた停車があったのですが、下りの「いなほ
5号」遅れてるようで、なかなか発車しません。 …しかしココも、電車
しか走ってナイご時世だというのに低いホームが残ってますね。

20170724e.JPG
羽越本線ってのは、単線区間が
多い割に貨物を含めれば運転本数
が多く、ドコかでダイヤが乱れる
カナリ広範囲に影響するイメージです。

元からなのか退避出来る駅の関係か、
後続の貨物列車まで追いついて
しまい上りが2線とも埋まった状態
での交換となりました。
無駄にアクロバティックなスジですよ。

…結局、10分ほどの遅れで金浦を発車です。特に急ぐ旅ではありません
ので構いませんが。

20170724f.JPG 20170724g.JPG

発車した所で駅弁の2食目「いわて黒豚とんかつ弁当」?
何も考えずに選んだら、お隣の岩手県のモノでしたか。まぁ
大抵の土地で飼育されてるような気もします。

ドコからか忘れましたが、隣の窓側席のお兄さん下車したので、
勝手に移動して海沿いの風景を楽しんでおります。…落日には少し早い
けど、波に輝く陽光がキレイですね。

20170724h.JPG 20170724i.JPG

遊佐駅の辺りから、車窓の左手鳥海山がよく見えます。…社員旅行
由利高原鉄道からの見た目とは反対側からになりますが。

乗り潰しで来た時は、冬場曇りがちなお天気が多い季節だったから、
コノ方向から見るのは高校生の時以来かも知れません。

確かJR発足1年目昭和63年の事ですが、5日間かけて東北地方
色々と回った最後が、まだ素の485系「いなほ」での秋田~新潟
移動だったんですよ。

恐らくは公式なマニュアルでない観光案内車掌さんによるアナウンス
で、鳥海山の説明があったのを覚えています。

約30年の時を経て、観光列車で同じルートを走ってるというのも、少し
感慨深いモノがありますね。
 
そして間もなく酒田に到着です。残念ながら今回はココまでですね。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3802 乗り鉄日誌>JR東日本

きらきらうえつ ④

2017/07/23(Sun)

昨日は名鉄カルチャースクール座学の日だという事で、ソレには
行かない
のですが 終わってからのヨシヨシ会のみ参加してきました
クラ駅長です。

20170723i.JPG 20170723j.JPG

…やはり私とお付き合い下さる方は、木村鉄道内でも「冷静な目線」
をお持ちの方が多いようで、ともすれば盲目的に暴走しがちな所を
「皆さんもっと落ち着こうよ」というスタンスのお話が色々聞けて良かった
と思います。何となく安心しました

さて「きらきらうえつ」ですが、2号車にはラウンジスペースがあります。

20170723a.JPG 20170723b.JPG

ココは座席定員には含まれず売店で買い物をした人優先的に座れる
スペースのようですが、延長運転区間営業外なので、フリースペース
として開放されておりました。

…基本的に全席指定で、売店が営業してナイのにも関わらず、ビールを
持ち込んで居座ってるオッサン連中が居たりして…途中でやっと空いた
所を撮りました。

「駅ノート」ならぬ「列車ノート」がありますね。
私が知ってる駅ノートの絵師さんたちは、1枚の作品2時間程度かける
と聞いておりますが、列車内だとソレだけの独占は難しいのでしょうか?

20170723c.JPG 20170723d.JPG

そんな感じで一旦 自席に落ち着き、駅弁の1食目を頂きます。
「秋田比内地鶏のいいとこどり弁当」という商品でした。
…やはり秋田比内地鶏が定番でしょ。

車掌さんが検札に回ってきて、乗車証明証とパンフレットが配られます。

「きらきらしからみリレー号」としての運転は今年最初の日だったん
ですね。 コレは従来の「きらきらうえつ」としての区間と、リレー区間
として酒田~秋田を走り「リゾートしらかみ」とを結ぶワケなのですが、
両方向とも上越新幹線東北新幹線を使えば東京から日帰りで1周
出来るダイヤになるようです。

便利と言えば便利だけどなあ。こんな「乗りっぱなし」の行程を実践する
のって、鉄ヲタでも少ないのではナイでしょうか?

20170723e.JPG 20170723g.JPG

時々海岸線に出て日本海に面して走る感じで、最初の停車駅羽後本荘
に到着です。…後でココまで戻って一泊し、翌日はココから社員旅行に
出発する予定の所ですが。

20170723f.JPG 20170723h.JPG

時間調整のためか数分間停車します。特に大きなイベントはナイよう
ですが、駅員さん横断幕でお出迎え
はい、後でまた来ますよ。…居酒屋に関して不便な町でしたが。

そんな感じで「きらきらうえつ」の旅はまだまだ続きます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3801 乗り鉄日誌>JR東日本