新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

便所 GO GO !!

2011/06/07(Tue)

菅原文太の「トラック野郎」シリーズの中で、10作目のやつ…

四国のお寺を訪れた桃次郎が、外人のお遍路さんと出会うんですが、
お遍路さんが唱える「南無大師遍照金剛」という文言を聞いて

「え、何?便所 GO GO
…ああ、トイレ行きたいんだな、ならあっちですよ。」

…ネタとは言え、聞き間違いもココまで来ると凄いもんがありますね。

今日の私はちょっと下痢気味でしたんで、何かコレを思い出しました。
下らなさ全開ですね。

 

No.1563 かなりズレてる映画評論

映画についてたまには考える

2011/02/20(Sun)

最近あんまり映画(レンタルDVDも含む)って見ないんですが…
たまにはこのカテゴリーで何か書いてみましょうか?

映画って大体、2時間ぐらいかかりますよね。
映画館で見ると「始まったら最後までそこに座り続けないとイカン」って
のがネックになって、なかなか足が向きません。

…下らない用事で電話やメールが掛かってくるかも知れんし、
そんな時、周囲がすぐに返事しないと機嫌の悪い人ばっかりだし。
トイレも空腹も我慢せにゃならん。

大抵は平日の昼間に行くから、がら空きではあるんだけど、それでも
周囲の話し声とか気になるし、最近は指定席が多いから逃げられんし。

ホントに映画好きな人から見れば邪道ですが、
やっぱり一人でDVDがいい。
古い作品でも、自分が初めて見たらそれは「新作」です。時期は関係ない。

えーと、一番最近(さっき)見たのは「ロスト・クライム」でした。
定期的に出てくる気がする、三億円事件の新解釈モノですね。
ストーリーはいいんだけど、ムダにェロい。普通の映画にそんな要素は
私は要らないのですが。

…まあノンビリといい作品に当たるのを待ちますか。

No.1456 かなりズレてる映画評論

謎の「怒りの矛先」

2010/10/12(Tue)

あるドラマを見てて思った事…大体の流れは以下の通り。

・ある建設会社会計監査を行う事になった。
・ここでは実の所、建設中のマンションを「完成した」事にして資産計上
 していた。明らかに粉飾決算である。
・経営陣はその事実を誤魔化すべく、危険な突貫工事を指示。
・その結果、事故が起こって1人の作業員が死亡
監査法人の担当者が彼の葬儀に行くと、死んだ男の同僚たちから
 「お前らがヤツを殺したんだ!」と責められる。

…経済的学な知識が少ないので、間違ってるかも知れませんが、
何かこんな感じ。

おかしくない?怒りの方向がズレてるぞ。
誰のせいかってば、危険な工事を指示した会社側でしょう。
何で監査の人に行くの?

最近よく増えてる「パトカーに追跡されて事故死」ってヤツで、
警察を非難するケースがありますが、それ以下のハナシだよな。

「そう言う現代の頓珍漢さ」敢えて表現してあるのなら
よく出来た演出ですがねぇ。
まあ監査の人が主人公だから、無理矢理なんでしょう。
もうちょっと考えるべきではないでしょうか?あ、ヒネりすぎなのか?

No.1325 かなりズレてる映画評論