新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

猫だらけの真鍋島 ⑤

2017/04/15(Sat)

20170415a.JPG
車両の方も家計を圧迫しない程度に
ジワジワと集めております模型鉄ですが、
袋詰めのジャンク品の中に、手頃な205系
がありました。

鉄道模型中古車ってのは、状態が良くても
ケースがないとジャンク品
になるんですね。

本来は京阪神緩行線用として7両揃ってる
スカイブルー帯
なのですが、ウチでは阪和線
として使うので状態の良い4両のみを購入。
ケースも中古です。
かなり安く揃える事が出来ました。

20170415b.JPG
余った3両は恐らく「生き別れ」です。
かつ不良在庫になるかも知れないので、
思わず売り場で「ごめんね」と謝りました
クラ駅長です。

無線アンテナ発煙筒欠品だった
ので、鉄コレの余り物などを取り付けて
ソレらしくしてありますが、ちょっと無理
がある
かな?
何せ発煙筒架線中の碍子なので。

ソレにしても、ついでに調べてて分かったのですが、205系京浜東北線
でも使われてたとは知りませんでした
てっきり205系山手線だけで、こちらは103→209の流れのみかと。

さて真鍋島です。途中の公園猫ヨシヨシした後、海岸沿いの道を歩いて
岩坪という集落へやってきました。

20170415c.JPG 20170415d.JPG

こちらも漁港のある小さな村のようです。
海運の神様である「金毘羅大権現」がお祀りされておりますが…

猫居ないですね。…民家で飼われてるわんこが一匹居ましたが。

暫くウロウロしてみたものの、発見出来ないので戻ります「たまたま」
なのか、減った結果なのかは分かりません。まぁこんな事もあるわ。

20170415e.JPG 20170415f.JPG

途中で先程の公園をもう一度覗いてみたら、新しい子増えてました
前がサバトラ後ろが茶色前後に色違いってのは珍しい気がする
んですが。何かの「試験塗装」を見てるような感じです。

20170415g.JPG 20170415h.JPG

人懐っこい子で、猫スリスリしてきました。そして膝の上に登ってこよう
してます。…と言うか爪研ごうとしてないか?

20170415j.JPG 20170415i.JPG

先程の兄弟が出来て3匹で遊び始めたので、ソレを少し見て帰る事に
します。…と、今まで気付かなかったココのヌシらしき巨猫が登場。
「また来いよ!」って感じに見えなくもありません。

帰りの船の切符を買う時に、売り場のお姉さんと少し話したのですが、
やはり「猫の島」というウワサが広まって猫目当ての観光客も増えた
ものの、最高峰の青島(愛媛県)ほど其処彼処に居るワケでもナイ
ので「コレだけですか?」という感想を持つ人も居るそうな。

ぃゃ、私は充分に堪能させて頂きましたよ。ありがとうございました。

では再び高速船に乗って笠岡港まで戻り、午後からはコノ地に昔あった
井笠鉄道という軽便鉄道の跡地を探りに行きます。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3702 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの真鍋島 ④

2017/04/14(Fri)

20170414j.JPG
Amazonなどのネット通販が普及しても
「直接の古本屋めぐり」が結構好きな
クラ駅長です。

…それもBookoffなどのチェーン店なく
昔ながらの地味なお店を見つけたら、
時間の許す限り寄り道します。

大阪のあるお店で、昭和50年代に出版
された宮脇俊三さんの著作がありました。

今では実行不可能な(私にとって)面白そうな行路が沢山載ってます。
ホントに「あと10年早く生まれたかった」と思いますよね。
(コレは世代を問わず鉄ヲタ全員に共通する思いらしいのですが。)

さて真鍋島です。
船が着いた本浦から、もう一つの岩坪という集落へ向かって海岸沿いの道
を歩いておりますと、割と大きな公園がありました。

20170414a.JPG 20170414h.JPG

「とこのはな公園」というのですか?…公園内の東屋に明らかに猫の寝床
なモノがありますので、ちょっと寄り道してみます。

20170414b.JPG 20170414c.JPG

やっぱり居ましたね。サバトラちゃんが2匹よく似たカラーで大小
だから、兄弟なのか?分からんので便宜上、そうだとしておきます

植え込みで昼寝してましたが、カメラを向けたら出てきてくれました

20170414f.JPG …前後しますが、帰る時船の切符
売場のお姉さん
に訊いた話によると
真鍋島の猫
は殆どが野良です。

で、基本的には誰も面倒を見ない
ので、生存競争が厳しい。尚且つ
(猫の)病気が流行ると、離島だから
数が一気に減ったりもするそうな。

今まで見て来た他の猫ヨシヨシの島
とは少し事情が違うようですね。

そして「猫目当ての観光客」というのも少ないのか、ガイドライン的なモノ
ありません。…保護がてらエサを持参するぐらいでもイイのか?

20170414d.JPG 20170414e.JPG
またコピペ猫
誰かが芸を仕込んでるワケでもナイのに、面白い事をしてくれます

「兄ちゃん、今日もヒマだニャー。」「ああ、ヒマだニャー。」…もしかしたら
観光客が珍しくて
こっちが構って貰えてるのかも知れません。

20170414g.JPG 20170414i.JPG

ベンチで猫カリカリ爪とぎですね。飼い猫の場合は段ボールを断面で
並べた
ようなヤツを使いますが、アレも最初に誰が考えたのか?
気になる所です。

兄ちゃんより弟くんの方が好奇心が旺盛なようで、カメラのストラップ
揺れてるのを見て近寄ってきました。…やっぱり何かオモチャを持って
くれば良かった
かな?

ではココから再び歩きまして、岩坪集落へも行ってみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3701 猫ヨシヨシ日記

猫だらけの真鍋島 ③

2017/04/13(Thu)

20170413j.JPG 
…コレは一昨日(4/11)の午後近鉄
奈良駅の光景ですが、この日が県下の
高校の入学式だったようで、新学期
からの通学定期券を買う生徒さんで、
窓口が長蛇の列となっておりました。

可哀想なのが特急券目当てと思しき
外国人さん(矢印)ですね。
確かアメリカの新学期10月でしょ?
ココまで窓口が混むとは思わない筈だ。

私は近鉄の特急券ネット会員のチケットレス方式で乗るのですが、
JRの「窓口でしか買えない切符」の時は奈良駅だと行列に困るので…
出来るだけ郊外の駅へ行くようにしておりますクラ駅長です。

さて真鍋島ですが、猫ヨシヨシ少し中断して、島の中を歩いてみます

20170413a.JPG 20170413b.JPG

先程の猫集会場からすぐの所に、真鍋中学校真鍋小学校があります。
表札は「中学校」ですが、反対側の門柱「小学校」のがありました。
規模が小さいので同居してるんでしょうね。
現役の学校ではありますが、春休み中なので静かです。

ココは映画「瀬戸内少年野球団」ロケに使われた事があるそうな。
…何度か映像化されてるお話ですが、1984年の映画版です。見てナイ
のでよく知りませんが、戦後すぐぐらいの時代?

このような木造の学校ってのも、最近は減ったのかも知れませんね。

20170413c.JPG 20170413d.JPG

…校門前の二宮金次郎さんは、がっつり前を向いてます
どうも「本を読みながら歩くのは危険という事で、最近はこのスタイル
が主流なんだそうですよ。…歩きスマホより「先見の明」なハナシだな。

集会場に戻ると、同じ船で来たお姉さんグループ猫ヨシヨシしてました。
混ざる勇気はナイので、更に歩いてみましょう

20170413e.JPG 20170413h.JPG

先述の通り、この真鍋島にも大きく分けて2つの集落があります。
船が着いた方が大きな村の本浦。で30分ほど北へ歩くと岩坪という
村に至ります。
今回はまだ時間があるので、海岸沿いの道を少し歩いてみましょうか。

20170413g.JPG 20170413f.JPG

少し曇ってきましたが、風もなく穏やかなお天気ですね。やはり関西より
温暖な土地なので、堤防の隙間から早くもヒナギク?が咲いております。

20170413i.JPG
地図アプリを見たついでに確認しておき
ますと、この真鍋島と以前に「猫ヨシヨシ」
で行った香川県の佐柳島とは、コノぐらいの
距離なんです。…直線で数キロですかね。

週に1便土曜日に限ってですが、両島を
結ぶ船が運行される
ので、ココを狙えば
2か所の猫ヨシヨシを一気に回るのも可能。

ぃゃ私は、そんな勿体無い旅はしませんが。
猫ヨシヨシ1旅1か所で充分です。
次の機会の楽しみにしておく方がイイ。

…途中に割と大きな公園がありましたので、ココに寄り道してみます。



※コメント・感想は→こちら までお願い致します。

No.3700 猫ヨシヨシ日記