新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

近鉄観光列車「つどい」 Ⅱ-⑤

2019/02/19(Tue)

…という事で、観光列車「つどい」近鉄四日市に停車中です。
折角だからホームに出て、始発駅の近鉄名古屋撮れなかった外観の
細部
を押さえておきましょう。

20190219c.JPG 20190219a.JPG

やはり白地にブラウンという配色がシックな雰囲気ですね。
足湯があるという事で、恐らくは冬場をメインに考えられたデザイン
なのかも知れません。

…ソレはいいが、元が一般通勤型の電車なのでデッキがナイんです。
途中駅はココだけですが、開けっ放しになると寒いですよ。

20190219b.JPG 20190219d.JPG

販売カウンター背中に当たる部分は、広範囲で窓が埋められてます
窓がない何があるのか?」って事を想像して萌えるのは私だけ?
ココに大きくロゴを配するのは定石でしょうな。

外観とは関係ナイですが、運転席をを覗いてみます。右の装置
確か列車無線種別を設定するやつだったと思うんですが「15」と表示
されてるから回送列車の扱いになるようです。

20190219e.JPG 20190219f.JPG

列車はココから進行方向を変え湯の山線に入ります。昔から単線
支線なので、途中駅での上下交換による停車が何度かありました。

本来は普通電車30分間隔で走る所なので(昔は大阪から直通特急
もあったんですが)、ダイヤ上ある程度の無理は生じるんでしょうね。
…まぁ観光列車ってのは「遅い」ぐらいの方が楽しいものですが。

20190219g.JPG 20190219h.JPG

 車窓には段々と鈴鹿山系の山並みが近づいてきました。

各種のパンフレット謎解きクイズの冊子(列車内で分かる範囲
出題で、添付されてるアンケートに答えるとグッズが貰える)などが
配布されてますが、私には時間が足りなかったですね。

20190219i.JPG20190219j.JPG

という事で定刻終点湯の山温泉駅に到着です。…やはり私には
些か時間が短かいように感じました。もっと乗ってたいですよ。

同駅の普通電車の発着は、日中改札に近い1番線だけで事足りる
ようで、「つどい」反対側の2番線夕方まで留置され、名古屋へ
戻る上り便になるようです。

湯の山温泉温泉街駅前から直で広がってるワケではなくバスで
10分ほどの距離にあるので、温泉目当てのお客バスを待って移動
する事になるようです。…私はもぅ、すぐに帰りますが。

「つどい」2013系電車は、近鉄の標準軌区間なら大抵の所は走れる
ようになってるらしく、時々大阪上本町発着ビール列車に使われたり
もするんです。…機会があればコレも狙ってみようかと。

ではココでまた隙間ネタです。次回はお絵描き教室の翌日に回った
丹波地方駅ノートの報告へと移ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4377 乗り鉄日誌>大手私鉄

近鉄観光列車「つどい」 Ⅱ-④

2019/02/18(Mon)

20190218a.JPG 
岐阜県内駅ノートを回った時に
借りたレンタカー日産ノートですが、
今時の技術なのかルームミラー
モニター画面になってるやつでした。

箱つきのトラックとか、物理的に後方
が見えないモノ以外では初めてです。

使い勝手はイイですが、リアウインド
部分カメラがあるんですよね。

…だから後部座席が映らない後席の人ミラー越しに会話する
あの楽しみが方使えないのは些か残念かも知れないクラ駅長です。

まだ特に親しくナイ。…から後ろに乗せてる女性とかね。まぁ最近では
そんな機会自体も減ったんですが

さて観光列車「つどい」です。
目的の1つだった足湯が済んだので、そろそろ昼食の段取りをしましょう。
…時間的に些か早いですが、別にイイじゃん。てか朝を抜いてきたので。

20190218b.JPG 20190218c.JPG

足湯と同じ2号車に、軽食やお土産などの販売カウンターがあります。
コレも志摩線で走ってた頃のスタイルを踏襲してますな。

…担当するのは近鉄系の車販の人ではなく湯の山温泉がある菰野町
の関係者の方でしょう。

日本酒には疎いのですが、雰囲気で利き酒セットを買ってみました。
湯上がりに飲むと回りが早いようです。
 
20190218d.JPG 20190218e.JPG

お弁当近鉄名古屋駅で買ってきたんです。「しまかぜ弁当」と題した
幕の内なんですが、少しずつ摘まめるのでイイかなと思いまして。

外箱ピカチュウ親方に進呈しようかと思ったんですが、ソースや
油で汚してましまいしたので。また関西に来られた際買って下さい

しかし全行程を乗っても1時間半ほどで、足湯に入って弁当を食って
写真も撮って…をやってるとカナリ忙しいです。途中駅での通過待ち
多くして、時間を稼ぐような走り方でもイイような気がしますよ。

20190218f.JPG 20190218i.JPG

近鉄名古屋を出て約40分で、近鉄四日市に到着。ココから湯の山線
に入るので、そっち側のホームに到着して7分ほど停車します。

運転停車を除いた停車駅としてはココだけですが、乗り降りも可能
ソラリー式の発車案内「団体列車」となってますね。近鉄では同趣旨
の表記
「貸切」が一般的かと思ってましたが、地域差があるのか?

20190218h.JPG 20190218g.JPG

…しかしドアが開くとは思わんかった。ぃゃ乗り降りが可能だから
当たり前なんですが、乗降口2号車の1箇所に限られてるでしょ。

ソコだけ開けて後はロック掛けとけばイイ。…寒いんです!

ともあれ折角なので、ホームに降りて色々と撮ってみます
右は向かい側に入ってた湯の山線普通電車ですが、開湯1300年
ヘッドマークを付けてますね。

幕式になって使わない元の方向板ステイ観光PRに利用するのは
近鉄系では時々見られる方法イイ事だと思います。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4376 乗り鉄日誌>大手私鉄

近鉄観光列車「つどい」 Ⅱ-③

2019/02/17(Sun)

突然ですが本日は鳥取県鳥取市よりお送りしておりますクラ駅長です。

20190217i.JPG 20190217j.JPG

昨日の早朝奈良を出て岡山から出雲市へ入り、観光列車「あめつち」
に乗ってきました。

…先述の通り2月シフト土日上手く当たるので、お絵描き教室
ナイ週ドコかに乗り鉄を入れようという事で、急に(とは言っても
2週間ぐらい前)に思い付いたんです。

富山「べるもんた」がソノ時点で全て満席だったのでこっちになった
という事情でもありますが、詳細はまた後日ね。

さて観光列車「つどい」ですが、そろそろ私が割り当てられた足湯の時間
になるようです。真ん中の2号車へ行ってみましょう。

20190217a.JPG 20190217b.JPG

2号車には足湯が2箇所あって、それぞれ一度に4人が座れます。
希望者は乗車時乗り口係の人行先と人数を申告し、整理券
貰うシステムになってました。

時刻の10分前になると車内放送で呼んで貰えるので、整理券を持って
2号車のカウンターへ行き、料金100円を支払うとタオルが貰えます。

20190217c.JPG 20190217d.JPG

電車内だから揺れる事があるので、濡れた座面に建つのは危険です。
座ったままで向きを変えるように。…との説明書きがありますね。

足湯の中の温泉は、毎回現地からポリタンクで汲んでくるそうで、ソレ
冷めないための装置が施されてるのでしょう。

20190217f.JPG 20190217e.JPG

最近の流行りを反映して、記念写真用の小道具が色々と用意されます。

…各地でよく見る、このインスタグラムのフレームみたいなのって、
割と規格が揃ってる気がするんですが、みんな自作するんですかね?
又はインスタグラムの事務局(的な所)に言ったら用意して貰えるの?

20190217g.JPG 20190217h.JPG

では実際に入ってみます。他は同席した知らない人ですが。
私は足湯に入ると、足の指目一杯に広げるクセがあるんです。

ソレなりに温まるし、物珍しさもあって楽しい気分になりますね。
名古屋線ぶっ飛ばしてる時よりは、湯の山線に入ってからノンビリ
の方がオススメかも知れません。と、7分ってのは些か短かいかな。

記念写真も撮って貰えます。…私の場合は他人にカメラを渡す場合は
大抵、画像を大きく設定しておいて後で勝手にトリミングするのが定石。
大抵は皆さん、被写体が小さいのです。

という事で、目的の1つだった足湯はクリアしました。…短時間ですが
山形遠い方にはオススメです。空いてたら「もう1回」とかアリ?

では続いて昼食の段取りにしましょうか。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4375 乗り鉄日誌>大手私鉄