新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

西大寺鉄道の保存車 ②

2017/04/25(Tue)

模型鉄でジワジワ集めてるのが、鉄道車両にもありまして…
自動車カナリの量が溜まりましたクラ駅長です。

20170425a.JPG 20170425b.JPG

と違って、最近は色々な車種が出回るようになったのが嬉しい所
ですよね。バスも全国の主要な会社ほぼ網羅してるんじゃない?

普通車は基本が4台セットなので、新旧取り混ぜてこんな感じ…。
バスは地元の奈良交通(路線バスは敢えて古いの)と国鉄です。
タクシーに関しては、紆余曲折がありましたので場を改めて報告します。

今はコレだけあれば充分か?…レイアウトが拡大したら、大型トラック
とか三重交通バスとか入れましょう。

…しかし奈良交通の3台は、沖縄県宮古島の業者さんから送られてきた
のですが、そんな所にあったとは意外です。

さて西大寺鉄道の保存車ですが、引き続き見ていきます。

20170425c.JPG 20170425d.JPG

キハ7号と言いますが、正面が2枚窓の流線形なスタイルです。
戦前で、しかも軽便鉄道にコノ車両ってのは、さぞかし最先端な事
だったでしょう。

柱が邪魔で撮りにくかったのですが、1910-1962というのは鉄道線が
存在した年間を表しています。

20170425e.JPG各種サイトを見るに、以前は車内も解放
されていたようですが、私が行った時は
施錠されておりました

西大寺鉄道は軌間が914mm(3フィート)
という、他ではあまり例のナイ線路を有して
おりまして、ソレだけに他社との車両のやり
取り
出来なかったのか、現存するのは
コレ1両
という貴重なモノなんだそうです。

ボギー式の気動車真ん中で2つに分け
2軸(台車1個?)のを2両作ったとか…
Bトレインショーティみたいな珍改造をしたのも
ココの特徴
なんですが、残っておりません


20170425f.JPG 20170425g.JPG

車両の脇に、転轍機レバーが2本残されています。現物として
残ってるのがコレだけというのが、些か寂しいハナシではありますが。

現在ココは両備バスのターミナルとして機能しているのですが、流石に
中国地方で一番の会社だけの事はあって、こちらは賑やかでした。

 20170425h.JPG 20170425i.JPG

そして敷地の奥にある営業所の建物が、昔の西大寺鉄道の本社だった
そうで、現在の両備バス登記上の本社はココなんだそうです。

…建物の横に「ポイント切替機」という表記と、窪みのある土台だけが
残ってましたが、さっき見たやつ元はココにあったのかも知れません。

現在、この建物を「鉄道記念館」として整備する計画もあるらしい。との
ウワサも聞きました。コレも今後の展開が楽しみですね。

ではココから更に東へ戻って、次の保存施設に行ってみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3712 鉄道保存施設を探る

西大寺鉄道の保存車 ①

2017/04/24(Mon)

去年の秋、私が北海道へ行った前日に大当たりした台風が今頃、
ジャガイモの収穫量影響してるというニュースを聞きました。

20170424a.JPG 20170424b.JPG

近所のスーパーマーケットでも、品不足を案内する貼り紙が掲出されて
おりますが…コレだけあれば充分じゃない?…と思うクラ駅長です。

各メーカーでは原料が調達出来なくて、一部のアイテムの製造を中止
したり出荷量を減らしたりしてるらしいのですが…「うすしお」に関して
対象外なのかしら?

定番っちゃ定番ではありますが、「うすしお」って無難すぎてあんまり
売れない
イメージがあるのよ。単に私が買わないだけ?

さて岡山県です。
猫ヨシヨシ井笠鉄道充実した1日を過ごし、笠岡市もう一泊した
翌日は、色々と寄り道しながら帰る予定なので、まずソノ1箇所目…


20170424c.JPG
赤穂線
西大寺駅にやってきました。

西大寺と言えば私ら奈良市民は、
奈良市の中心街から2つぐらい西の
隣町、近鉄の乗換駅アレを先に
思い浮かべる所なのですが…

今は岡山市編入されてるものの、
以前は西大寺市という町があった
ので、地名としてはこっちが本家

駅名も奈良市のが「大和西大寺」となります。…ちょっと違和感だけど。

ココにはコレまた昔、西大寺鉄道という軽便鉄道が走っておりました。
廃止が昭和37年の事なので、勿論私も知らないのですが、色々な書物
で見るに、個性的な車両が数多く走ってたらしいのです。

20170424d.JPG 20170424e.JPG

西大寺鉄道廃止されたのは、国鉄赤穂線の全通により平行区間の
西大寺市~東岡山競合路線となるので、先に撤退したという事情
の ようです。だから経営状態は良好でした。

ソノ後、バス部門が残って両備バスとなり、現在は中国地方最大の
バス会社として知られています。エラく出世したようなもんですね。

起点だった西大寺市駅は現在、同社のバスターミナルとなっています。
敷石がどうも「元は鉄道の何か」のような気がするのですが。

20170424f.JPG 20170424g.JPG

そして施設の端っこに、1両だけではありますが気動車が保存されて
いますので、今日はまずコレを見に来たというワケなんですよ。

 20170424i.JPG 20170424h.JPG

保存車はキハ7号。同社が昭和11年に発注したオリジナルの気動車
です。…コレまた軽便気動車によくある荷台付きのスタイル。

色々な資料で見るに原付自転車(現在のミニバイクじゃなくホントに
自転車&補助エンジンのやつ)を積んでる写真が多くありました。

見れる所少なそうですが、近くで詳しく見てみましょう



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3711 鉄道保存施設を探る

水田の製作

2017/04/23(Sun)

…その井笠鉄道を探る旅で、新山駅の記念館の方に「近くに古いバス
保存&修理してる所がありますよ。」と教えて頂きました。

20170423a.JPG 20170423b.JPG

記念館に程近い田んぼの真ん中に、1983年製だというバスが置いて
ありました。…コレも元は井笠鉄道(鉄道廃止後のバス会社)の車両で、
見た感じ、引退後ドコかのお店の私有車となっていた雰囲気ですね。

説明によると、当時のソレとしては珍しいオートマチック車のようです。
コレも例の「ホジ9保存会」の方が復元作業を始めた所だとかで、今後
展開に期待しておりますクラ駅長です。

さて、旅の報告が一区切りという事で、模型鉄の続きです。
「畑の続き」からになりますが、農家の周囲に「生垣」が欲しくて…

20170423c.JPG 20170423d.JPG

近所のスーパーで、台所用品ナイロンたわしを買ってきました。
コレを適当な大きさにカットして配置します。
オリジナルの技ではなくコレも昔、何かの本で読んだのですが。
緑色を選んだものの、そのままでは色が不自然なので着色してます。

そんな感じで、続いて今回のメインである水田の製作へと移りましょう。

20170423e.JPG 20170423f.JPG

水田の表現には、一般的に市販の人工芝を使います。コレもホーム
センター
などで普通に売っておりますが…デカいのが難点!
どう探してもこのサイズ(畳1枚程度)しか売ってナイんですよ。

安いので構わないのですが大部分が余ります。…これからジオラマを
始めようという方がありましたら、余りをお譲りします。ご一報下さい。

20170423g.JPG 20170423h.JPG

畑の時と同じ要領で、プラスターあぜ道を作り着色します。ソコへ
サイズを合わせた人工芝を貼っていくだけという作業…。

20170423i.JPG 20170423j.JPG

微妙な隙間が出来たり、色合いムラがあって気に入らない所には
「フォーリッジクラスター」というモノを使って誤魔化します

…コレはウレタンを着色したモノで、先述のライケンより扱いが簡単
線路脇の雑草の雰囲気になりますね。

ソノ要領で、軌道の外側の大部分を水田にしてしまいましょう。

この色だと青々と茂ってる真夏ぐらいの感じ?もう少し淡い黄緑に着色
すれば、春の植えたての季節になるかも知れません。

ココまで来ると、カナリ本格的に見えるようになりました。
では岡山の旅の報告3日目のネタに戻ります。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3710 バーチャル蔵部駅