新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

叡山電車で鞍馬~貴船 ①

2012/06/07(Thu)

初めて行ったトンカツ屋で、料理に付け合せの「山盛りなキャベツ」
そのままで9割方食べ終わった時に、テーブルの隅にドレッシング
用意されてるのを発見したクラ駅長です。…脱力感が半端ありません。

20120607b.JPG
さて、ある日またふと歩きたい
衝動にかられて
京都の北の方
出かけて参りました。
叡山電車で鞍馬方面です。

出町柳駅から乗ったのは「きらら」なの
ですが、土曜で混んでた上に叡山電車
の駅は全部、ホーム がギリギリの長さ
しかナイ
ので、外観写真はナシね。


「混んでるなぁ…ココしかスペースないわ。」って風を装って「かぶりつき」

20120607a.JPG叡山電車というのは、電車の止め方
つまりブレーキの使い方が、他所で
見た事のない独特な手順なんですよ。

自動車のエンジンブレーキに相当
する電気制動で、ギリギリまで速度を
落として、実際の真空ブレーキ
止まる直前にちょっと使うだけ

…ウワサには聞いてましたが、
実際に見たのは初めて。

どうなんでしょ。編成が短くて全体重量が軽いから出来る技なのか?
まぁ圧縮空気も多用しないし、回生車だったら電力節減にもなるって事?

20120607c.JPG20120607d.JPG











…そんな感じで終点の鞍馬駅に到着です。
その昔、牛若丸(源義経)天狗に剣術を教えて貰ったと言う鞍馬山か。
所で「鞍馬 山の天狗」と「鞍馬天狗」はどう違うのさ?
…あ、このネタは前にもやったな。

20120607e.JPG
鞍馬山には、もう一つ鉄道に関して
興味深いモノ
がありますね。

お寺が経営してるケーブルカー

山門を入った境内…
どう見ても「お守りとか売ってる休憩場」
にしか見えない建物の中に駅があります
…子供の頃に見たのと変わってますよ。


今回は「歩くのが目的」なので乗りませんでした。写真もねぇ…
先述のような環境なので、乗りもしないのに撮るのはどうも憚られて…。
そもそも小さなケーブルカーなので容量がなく、お寺側としても大量に
乗られると困るらしい?
「できるだけお歩き下さい」とか書いてあるし。

そう言えば、出町柳駅も観光シーズンは大変なんだそうです。
7両・8両で次々と着く京阪電車と、小さくて間隔も開いてる叡電とでは
キャパが違いすぎるんですよ。
だから「鞍馬の火祭り」は積極的に宣伝を行わず、駅の連絡通路を
ワザと細くして調整
てるんだと聞いた事があります。…うーむ。

20120607f.JPG20120607g.JPG











…さて実際に歩いてみると、当日は4月の半ばだったんですが、
寒椿がそろそろ散り始め、標高の関係で桜は意外と満開
なかなかイイ季節に当たりましたねぇ。秋の紅葉シーズンにも、
また違った風情が楽しめますが。

では山頂の本堂を越えて、反対側へ降りてみましょう。

No.1929 駅長が見た風景