新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

三河線廃止区間(海側)を探る ⑥

2019/01/14(Mon)

20190114a.JPG
駅ノート関連で鳥取に泊まった時、
夕食のお店でビールを注文したら、
コノようなラベルのが出てきました。

飲食店勤務だった時の経験では
結婚式用「祝」正月用「迎春」
のは見た事があるのですが、コレは
地域物でしょうね。

見た事ナイけど他の地域にもある?

山陰らしく松葉ガニですが「1人でカニはちょっと…」思ってた所だった
ので、何となく満たされた気分ですよ。

どっちかってと生ビールより瓶ビールの方が好き量目がハッキリしてる・
当たり外れが少ない・店の人もラクそう)なので、今後も遠方へ出かけた
には気を付けて見て行こうと思いますクラ駅長です。

さて三河線の海側の廃線区間ですが、引き続き西尾市側を進みます。

20190114b.JPG 20190114c.JPG

住宅地の真ん中に、キロポスト踏切跡が残ってる箇所がありました。
24kmというのは知立を起点とした距離のようです。

現在の三河線猿投が起点とされており、数値が変わってきます
元々は海線の方が先「三河鉄道」として開業した経緯があるので、
古い時代の名残りだったのかも知れませんね。

20190114d.JPG 20190114e.JPG

廃止が2004年だから約15年経ってるとして、周囲のお家ソレより
新しく見えるので、廃線後宅地開発が進んだという事でしょうか。

左の画像の奥が三河楠駅跡地です。元はホームなどが残ってた
らしいのですが、ココも住宅地に整地する工事が始まってました。

ソレを越えると線路築堤上を走ってた跡が伺えます。
…さすがにコレは、平たく均(なら)さないと家は建てにくいでしょうね。

20190114f.JPG 20190114g.JPG

築堤の下路地を越える小さな鉄橋があったと思われる地点は、橋台
のみが残っています。そのまま傾斜を付けて高度を上げて行き

20190114h.JPG 20190114i.JPG

立派な高架橋そのまま残ってる区間に出ました。
…コレは寺津高架橋と呼ばれるモノで、先にある県道オーバークロス
するために作られたんだそうです。

セントレア空港が出来て、ソレに付随する渋滞を緩和する目的で、踏切
を高架化したのが1998年と言いますから、6年程度しか使わなかった
事になりますね。…まだ新しいから、現役の鉄道路線にすら見えます。

表示物を見るに、鉄道が廃止されても雨水管が通ってる?だから簡単
に撤去出来ない事情があるのかも知れません。

…進むごとに色んなモノが出てくる退屈しない廃線跡ですね。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4341 鉄道廃線跡を探る