新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

三河線廃止区間(海側)を探る ⑤

2019/01/13(Sun)

20190113a.JPG 
…その智頭急行ですが、宮本えりお
ちゃんという「鉄道むすめ」のキャラ
が居ますよね。

左がホームなどにある従来のタイプ
なのですが、新しく置かれた自販機
に描かれた方(右)は明らかにタッチ
ロリ化しておりました。…同じキャラ
の筈なのに何故なんでしょう?

「鉄道むすめ」自体が、そもそもオタク向けなコンセプトで発想された
シリーズであり、日本の文化事情を考えると「そっち方向」へ行くのは
分かるんですが、アニヲタな皆さん左のでも飽き足らないという事?

36歳のアイドル追っかけてる層と、どっちが健全なのか不明ですが、
何だかよく分からなくなってきましたクラ駅長です。

さて三河線の海側の廃線区間ですが、廃線跡遊歩道と公園再活用
した碧南レールパークを過ぎると、一気に雰囲気が変わります

20190113b.JPG 20190113c.JPG

住宅地が切れて田園地帯に入るという事もあるのですが、どっちにも
属さない感じの広い土地余ってます。コレが廃線跡続きですな。

…そのまま来ると矢作川に当たりますので、ココを鉄橋で越えてた
筈なんでしょうが、遺構らしきモノ確認出来ませんでした。

河川敷の部分を含めると川幅が500m近くあります。カナリ長い鉄橋
だった筈ですが、レールバスでもキツいぐらいに老朽化してたのか?

20190113d.JPG 20190113e.JPG

続いてが中畑という駅になる筈なのですが、地図アプリを元に辿り
着いた場所は、大きな会社の敷地になってました。

碧南側と違って、西尾市内にある三河線廃線跡10km以上に
及ぶので、全部を公園化する事は無理なのかも知れません。

以後も出てきますが適度に切り売りされてる感じです。まぁソレとて
有効活用には違いありませんわな。

20190113f.JPG20190113g.JPG

その一方で廃線跡のような「矢鱈と細長い土地」ってのは、場所に
よっては新たな用途見つかりにくいのかも知れず、随所に「ザ・
廃線跡!」という感じの空き地が点在してるのも見られます。
 
…最初に車を止めてコノ辺が駅の筈なんだけどなー」とかやってた
地点が、正にそんな感じでした。

20190113h.JPG 20190113i.JPG

続いてが三河平坂という駅の跡地です。
地図アプリ航空写真やストリートビューも、多少のタイムラグ
あるのか、調べてきたモノと違ってこちらは宅地開発が始まってます。

最近は家そのものの建築も早いから、例えば1年後ぐらいに行ったら
完全に新しい町が完成してるかも知れません。

元の駅前だったと思しき所に「平坂売店」という、駅名を冠した商店
ありました。特に名鉄資本の系列とかでは無さそうな個人商店に見え
ますが、駅の売店と似たような役割を果たしてたと思われます。

場所によって廃線後土地活用にも差があって面白いですね。そんな
感じで更に旅は続きます

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4340 鉄道廃線跡を探る