新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

東信貴鋼索線 ①

2018/01/16(Tue)

供物の盛り篭の中から色々消費して行こう企画。がスタートしました。

20180116a.JPG 20180116b.JPG

まずは簡単な所から、ふりかけで行ってみましょう。日々の仕事中の間食
にコンビニで買ってたパンおにぎりを、コレに変えてみます
…ついでに言うと、焼き海苔も余ってるしな。

母親が合成着色料嫌う人だった(まだ生きてますが)ので、子供の頃
ふりかけと言えば「かつおみりん」しか買って貰えず友達の「のりたま」
美味そうで羨ましかったクラ駅長です。

さて信貴山ですが、信貴山門バス停から山頂付近の平地朝護孫子寺
の門前町を抜けて東側の斜面へと移動します。

20180116c.JPG 20180116d.JPG

大門ダムというソレのダム湖に掛かる開運橋に、このようなモノがあり
ました。…関西で唯一バンジージャンプだそうな。
興味はあるのですが、1人でやっても盛り上がらないし、見渡したけど
係の人居るワケでもナイし、いやー残念です(嘘)

…ぃゃ、恐らく体重制限とかあるでしょ?郡山市のふれあい科学館
あった逆バンジーも無理だったし。

ともあれ東信貴鋼索線ですが、ソノ名の通り信貴山の東側にあった
ケーブルカーの路線です。

20180116e.jpg 20180116f.JPG

奈良県人の私としては、信貴山に登るとすれば「こっち側から」
なので、小学校の遠足でも乗車経験があるモノなのですが、やはり
全体的な客数では大阪方向勝てず、ずっと赤字だったそうな。

尚且つ宅地開発邪魔になるという事で、1983年を以て廃止された
ものの、廃線跡の一部がハイキングコースとして残ってるという事を
聞いてきました。

20180116g.JPG 20180116h.JPG

ケーブルカー終点だった信貴山駅は、建物がそのまま残ってます
…コレは子供の頃に見たままだし、以後も何度か通ってるから間違い
ありません

建物を正面から見て、左側行き止まり巻き上げ機の施設があり、
右側が山を下る信貴山下駅の方向でした。

20180116j.JPG20180116i.JPG

駅舎の建物は現在、バスの待合所として使われています。一般的に
最もありがち再利用の方法でしょう。

運賃表示のあるコレは、恐らく電照式の発車案内かと思われます。
そして、窓口などは板で塞がれてますが、カウンターが残ってました。

…続けて駅舎内を観察したら、ハイキングコースを伝って山を降りる
事にしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3978 鉄道廃線跡を探る