新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

安平町鉄道資料館 ⑥

2017/10/13(Fri)

20171013a.png 昨日の記事を書くのに「キマロキ編成」
という語を入れようとして、「キマロキ」
まで打ったら左のように変換候補
出ました。

…去年、北海道へ行った報告を書いた
時はコノPCじゃなかったので「キマロキ」
という語を打つのは初めての筈なんです。

最近のワープロソフトには、矢鱈と予測
変換が入ってますが、こんなの出る?

観光地的な情報として「キマロキ編成」は分かるとしても「キマロキ
とか、マニアックすぎる気がしますクラ駅長です。…機械も使ってるうちに
持ち主に似るモノなんでしょうか?

さて安平町鉄道資料館です。先述の通り、当日はテレビの取材(ローカル
ニュースの「ちょっとした話題」的なモノだと推測)が入ってました。

20171013b.JPG 20171013c.JPG

機関車も然る事ながら、取材対象として「保存会の皆さん」というのが
ネタの大きな部分を占める
感じなのかも知れません。
恐らく最年長の方で80代ぐらいか。当時の機関区の職員さんでしょう。

私は今でも「地域でつるむ」というのが苦手なもんで、実家のある地区の
青年団とか参加した事ナイし、将来的に向こうに住んだとしても老人会
とか面倒
に感じてる方なのですが、こういう集まりなら楽しめるだろうな。

20171013d.JPG 20171013e.JPG

暫くするとキャブに上がれるハシゴが持ち出され、中を見学出来る事に
なりました。…今気づいたのですが、キャブはD51なのにドアで密閉
出来るタイプなんですね。北海道独特の構造(寒冷地仕様)なのかも。

20171013f.JPG 20171013g.JPG

蒸気機関車の運転席というのにも、すっかり慣れてしまいまして、
特に教えて頂かなくてもドレが何か?ぐらいは分かるようになった
自分が恐ろしい気もするんですが。

前面はまた北海道仕様なんでしょう、旋回窓が装備されています。
そして初めて見るタイプタブレットキャッチャー。レバーを引くと…

20171013h.JPG 20171013i.JPG

カナリ大きな、こちらも輪っかになった部品が飛び出すんです。よくある
フックだけのタイプ
より、確実に受け取れると思います。コレは保存会の
実演つきで説明して下さいました。

先が尖ってるから、ホームに立つ方は恐いだろうけどな。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3883 鉄道保存施設を探る