新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

威嚇について考える

2008/03/19(Wed)

私は関西人ですが、ここのパスをお伝えしてる皆さんは、
実は大部分が関東の方です。
関西人の方の比率は低いので、上手く伝わるかどうか不安なんですが…

先日、仕事でちょっとしたミスがあったんですよ。
すぐに対処してお詫びはしたんですが、たまたまそれが、
民度の低い枚方の客にありがちなヤンキーカップルでして、
男の方がひとしきりの悪態をついてくる…で最後に

「ちゃーっそぅワレ、ゴルァ!」

…コレです。
昔からこういう場面ではよく耳にする(こういう人種がよく使う)んですが、
私には全く意味が分からん言葉なんですよ。辞書にも載ってません。
もう気になって気になって、「絡まれた」という事実なんか関係ない。

分割して考えてみましょう。
「ゴルァ!」はまあ「コラっ」がよりガラ悪くなってるだけです。
ネットでもよく見る言い回し(表記)だわな。
「ワレ」はこういうシーンの関西弁では「お前」です。これも分かりますね。

さてココからが問題。
「…っそう」「○○するぞ」なんですわ。

で、最後に残った「ちゃーっ」は何なんだ?となる。

威嚇してる場面だから大まかな意味として「危害を加えるぞ」って事だろう。
「シバくぞ」みたいな事でしょうか?
よく考えたらその「シバく」も語源がイマイチ分からないんではありますが、
広い意味で「殴る蹴る等の暴行を加える」って事で定着してるよな。

ホントに意味を知りたかったら「おぅ、やってみろや。」とでも返して
どのようにされるのかを観察すればいいんでしょうが、
相手がお客ではそうも行きません。ってか危害を加えられるのは嫌だ。

恐らくは使ってる本人も意味なんて分かってない。ヤンキー社会の中で
伝承的に伝わってる業界用語みたいなもんでしょう。
こういう貴重な文化は…滅びても別にいいや。

No.388 ○○について考える