新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

別府鉄道を探る ④

2017/09/23(Sat)

カナリ遅めの夏休み…ってか秋休み?で、暫く毎年恒例の北海道
の旅
です。本日は札幌市白石区よりお送りしておりますクラ駅長です。

乗り潰しに関しては終了しておりますので、保存施設巡りがメインです。
…去年は台風直撃予定の変更を余儀なくされ、見れなかった所も
ありますので、そのリベンジ的な意味合いが大きいのですが。

20170923i.JPG 20170923j.JPG

昨日はまず、安平町(勇払郡…追分駅近く)にある鉄道資料館を見学
してきました。お天気も良く珍しいネタも沢山仕入れる事が出来ました
ので、初日からナカナカ調子がイイですよ。

さて別府鉄道を探る旅ですが、オポナカ遺跡の資料館の裏に保存車両
があるという事なので見に行ってみましょう。

20170923a.JPG 20170923b.JPG

…看板には「別府鉄道のりば」とありますが、勿論車両は動きません
ココにあるのは小型のディーゼル機関車客車1両ずつです。

20170923d.JPG 20170923c.JPG

説明書きを読んでみるに…殆ど工業地帯のイメージだった別府港付近
も昔は海水浴客で賑わう場所だったらしいですね。

繰り返しになりますが土山線は殆どが貨物メインの路線でした。
そもそも別府付近には山陽電鉄も走っており、通勤通学には明らかに
そっちの方が便利でしょう。

20170923e.JPG 20170923f.JPG

機関車はDC302号昭和28年製だそうで、3軸の動輪ロッドで連結
されたスタイルでした。

…キレイに塗装されており銘板関係新しく作られたモノのようです
オリジナルは資料館の展示スペース内にあったヤツか?)。

20170923g.JPG 20170923h.JPG

客車はハフ5号。…今時、と言うか別府鉄道の最末期でも珍しかった
であろう2軸の客車です。

客車ではありますが、貨物列車のオマケに連結して緩急車の代用
として使ってて、ソレに「ついで」としてお客を乗せてるような状況だった
らしいですね。

という事で、前回から引っ張りました「ガッタン姉妹」ですが、別府鉄道
保存車両萌えキャラ化した妖精ちゃんたちなのです。
https://twitter.com/GATTAN_Sisters

「鉄道擬人化」というのは他所でも見かけますが、保存車両でソレが
意思(最低限ツイッターのアカウント)を持ってるというのは珍しい話
ではナイでしょうか?

3人姉妹のうち、DC302+ハフ5に相当するのが三女ミニオちゃん

ぃゃ、播磨町の人はホントに何でも萌えキャラ化してしまうのね。
昨今の情勢として、流行りを読んだ上手い戦略だと思いますよ。

ハフ5号車内に入る事が出来るので、引き続き見学してみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3863 鉄道廃線跡を探る