新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

首里城 ちょっとだけ観光

2015/06/17(Wed)

20150617j.jpg
帰ってきましたクラ駅長です。

昨日は富山市内から始めて、ソノ周辺の
「細かく残ってる区間」を埋めてきました。
 新幹線の開通微妙に伸びた所とかが
あるんですよ。

北陸本線が第三セクター化したもんで、
一枚の切符で移動するには、細かい部分
新幹線を使わざるを得ないのですが。

20150617a.JPG
さて沖縄です。
幾らなんでもゆいレールは、すぐに乗り潰せて
しまいましたので、限られた時間ではありますが、
折角だから首里城ぐらいは観光して帰りましょう

…という事で翌日、再び首里方面行きの電車
に乗り、終点の首里で下車
歩いて15分程度で、首里城公園に到着します。

ココはソノ昔、琉球が独立国家だった時代
尚氏という王族の居城だった所で、残ってる
14世紀頃の遺構の上に、正殿などの建物
復元
し、保存されています。…で合ってたかな?

20150617b.JPG20150617c.JPG











場所が場所なだけに、建物や石垣などのデザイン中国の影響が強い
感じの城跡です。

ソレを含め公園全体が、世界遺産として登録されてるようですね。
奈良にも矢鱈と世界遺産が増えましたが、私らが思うより案外簡単に
登録されてしまうモノのような気がします。

20150617d.JPG
朝っぱらから、コレまた外国人の観光客
が多いのですが、入ってみましょう。

と言うか、那覇の町全体外国人
…ココでは西洋系と東洋系が半々ぐらい
大量にウロついてる気がします。
案内とか、中国語の表示の方がデカいし。

ちなみにココ、ゆいレールの1日乗車券
を提示すると入場料が割引になります。

20150617e.JPG20150617f.JPG











城内の一角にあった、御嶽(ウタキ)と呼ばれる聖域
今でも沖縄の各地に現役のウタキが存在し、ユタと呼ばれる霊能者が
神に祈り、交信する場所だとされています。…沖縄は信仰も独特だわな。

20150617h.JPG20150617i.JPG











元々の建物は、やはり太平洋戦争の末期殆どが破壊されており、
今あるのは近年になって復元されたモノなんですが…

デカい!赤い!派手!…ですね。

国王の玉座とか、写真でしか見た事ナイです中国の紫禁城かと。

西洋系の観光客の皆さんが、喜んで写真を撮りまくってました
中国だか日本だか何なんだかよく分かってナイかも知れませんが。

20150617g.JPG
少し高台にあるので、流石にちょっとだけ
風が爽やかです。
ソノ昔は高い建物もなく、家々の屋根の
向こうに海が見渡せた事でしょう?

ぁ、関西からのツアー爺さん婆さん
も微妙に多かったな。
「ココ、写真撮ってよろしいのん?」とか…
知らんがな。案内の人に聞いてくれ。


という事で、ホントに「折角だから」というレベル駆け足ではありますが
「異文化な土地だなあ」という事がよく分かりました。

機会があれば、那覇市内の中心部だけでなく、もっと郊外の漁村なんかも
見てみたい
所です。…いつになるかは分かりませんが、是非とも。



※コメント・感想は →こちら までお願い致します。

No.3034 駅長が見た風景