新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

それはそれとして ⑤

2012/02/22(Wed)

さっき、ある人に「空の2リットルのペットボトルって売ってないよね。」
みたいな話をされたんですが、「欲しい物が手に入らない」ってのと
「求める物が違う」ってのは、似てるようで微妙に違いますよね。

人間は 求める事」「考える事」を放棄したら終わりです。
私のリアル生活の周辺では、「じゃあ普通に買って中身飲んじゃえ。」
という 想の転換が出来ない人が多すぎて困るというか…
ちゃんと色々考えれる人が居てくれれば、
こんな目に遭わんで済んだかもなあと、今更思うクラ駅長です。
(※話の主を責めてるワケではありません。寧ろ「考えれる人」だと思う。)

さて昨日、いよいよ退職届にハンコを押しに行ったんですよ。
鉄道に例えると「自力廃車回送」みたいなもんですかね?
(※日付は実際の退職日になるため、現時点では「未来」の日付です。)

しかし、ウチの会社の退職届の用紙って、余りにも安っぽいと言うか…
これじゃあ交通費や住所変更の申請と変わらん「お手軽」感しかねぇよ。

20120222.JPG
刑事ドラマでよく見るアレみたいに
便箋に筆書きするとか…
(実際の警察がそうかどうか知らんけど)
何か演出が欲しいよね。

理由は…色々あるけど「お約束」の
コレでいいや。…全部書いてると、
裏まで回っても足りません。




で先日、挨拶回りをしてた時の事なんですが…
ある大きな会社の労組委員長さん(そのスジでは結構な実力者)が
「決断する前に相談して欲しかったなあ。」と言って下さいました。
(「ワシが何とかしてやったのに。」みたいな意味か?)

…誠に在り難いお話ではありますが、例えばその人の口利きで
自分の我を通せたとして
も、後々が気まずいだけと言うか…ねぇ。
私の性格上、ソコまで出来ませんわ。

その後、別の所へ行こうと京橋駅からOBPの長ーい歩道橋を歩いてたら、
新人OLみたいなお姉さんに声をかけられまして…彼女は名刺を出しつつ

姉…すいませーん、私、○○アドバンスの××と申しますがぁ。
蔵…はぁ。
姉…今、研修の一環として名刺交換をお願いしておりましてぇ…
蔵…はぁ。
姉…良かったらお名刺を一枚。あ、○○アドバンスってご存知ですかぁ?
蔵…あのー、すいませんが私、こう見えても無職でございしまて。
姉…え?
蔵…ってか辞める事が決まってますので、お役に立てないかと。
姉…そうでしたかぁ。バリバリお仕事されてる方かと。失礼しましたぁ。

…今時の新人さんにはこんな研修があるのか、単なるキャッチセールス
なのか知りませんが、私はスーツ は着てるもののアタマをセットしてない
(女性だとスッピンに相当する気の抜き方)状態でして…よく俺を選んだなと。
まぁ初対面の人には分からんか。

オフ会とか鉄イベントで使う「蔵部駅駅長」の名刺を持ち歩いて、
それを渡してやりゃ良かったな。

まだまだ事後処理はありますが、取り敢えず「一区切り」の報告でした。
ペットボトルのお話なかなかのタイムリーでしたよ(誰に言ってんだ?)。

 

No.1823 ○○について考える