新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

グッパでホイ!

2010/08/16(Mon)

子供の頃にあったジャンケンの一種なんですが、コレは全国的に通じるもん
なんでしょうか?また今でもやってるもんなんですかね?

例えば10人ぐらいでドッチボールをやろうとして、
チーム分けが必要な場合
先述の掛け声とともに、グーとパーだけでジャンケンをするんですよ。
確率的に大体半々になるから、それで決めるワケです。
極端に片寄った場合は、「あいこ」状態で均一になるまで繰り返します。

では、こっちはどうでしょう?
「グッパの多いもん勝ちゃホイ!」

人数が多くて、普通のジャンケンでは時間がかかりそうな場合
その通り、少ない方が負け、あとはそいつらだけで決めればいい。

所が私らの間では、この「多いもん勝ち」をやると
何故か全員がパーを出すんです。
たまに事情を分かってない他所の地域から来たような子が混じってる時
だけ、例外的にグーが出る程度…。

で、次に「少ないもん勝ちゃホイ!」をやる。こっちはある程度バラけます。
つまりは「多いもん勝ち」は形骸化してて、全く意味がないワケなんですが、
何故か省略されずにずっとやってる。一種の「型」みたいなもんなんでしょう。

子供社会にも、色んな知恵と工夫、そして文化
あったんだよなあという回想でした。

 

No.1268 下らない思い出シリーズ