新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

降水確率について考える ②

2008/11/25(Tue)

取り敢えず昨日は90%という予報が大当たりして、結構な雨が降りましたが、
この降水確率ってもんは、そもそも何の確率なんでしょう?

あまりに一般的になりすぎてみんな忘れてますが、
電話の天気予報なんかでは、ちゃんと説明してますね。

降水量1mm以上の雨が降る確率ですわな。

降水量1mmって、実際の所、大したもんではありません。
で、降水「確率」ですから、ぶっちゃけ「当たるか当たらないか」である。
つまり、雨の強さは特に関係ないと考えていいでしょう。

だがどうも世の中には、その辺の所をちゃんと理解してない人が居て…
「10%?だったら降っても大した事ないな。」
ってな事を言うワケなんですよ。
ウチの上司なんですが。
いや、だから「雨の強さ」は関係ないでしょう。

お天気に左右される仕事をしてるだけに、ネットの天気予報を
結構な頻度でチェックするんですが、
毎回この調子なもんで何かイライラします。

…長々と書きましたが、ただそれが愚痴りたかっただけー。

No.639 ○○について考える