新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

別府鉄道を探る ①

2017/09/20(Wed)

…長らく調子が悪かったDVDコピー用の各種ソフトを再度インストール
して、手持ちの映画ソフトなどコピー作業を再開する事になりました
クラ駅長です。

やはり貧乏なのでオリジナルBookoffへ売り、ソノ売却益臨時貯金
に充てるのです。…社長の分情けを掛けて売らない事にしますが。

さて新たな報告です。播磨下里駅に出入りするようになって、やはり
ソノ土地柄と言うか、話題や絵の題材によく出てくる別府(べふ)鉄道
という存在について、気になってたので探りに行く事にしました。

別府鉄道兵庫県加古川市別府港から、国鉄高砂線野口まで
(野口線)山陽本線土山まで(土山線)の2本の路線を、昭和59年
まで営業していた会社です。

営業キロは2本合計で8.4km。殊に土山線殆ど貨物メインの路線で
あり、旅客列車ホンの僅かの本数しか走らなかったそうな。

世代的に少し被ってますが、小学生が勝手に乗りに行ける距離でもなく
実感する事なく終わった路線の1つですね。

20170920a.jpg 20170920b.JPG

事前の調査で、廃線跡の殆どが遊歩道として整備されてると知りました。

…しかし8km以上も歩くのは些か面倒だし、だと見落としがあるかも
知れない。という事で中間地点に近い東加古川駅レンタサイクル
を借り東加古川→土山→別府港→野口→(加古川)→東加古川…と
回る事にします。

いつも地図アプリを見まくって、スマートフォンの電池無駄に消耗する
ので、地図も印刷したモノを用意しました。

20170920c.jpg20170920d.JPG

そんな感じでラッシュ時間に被らないよう、早めに奈良を出て朝8時過ぎ
東加古川駅に到着です。…レンタサイクルJR西日本が営業してる
「駅リンくん」一時利用で借りる事にします。1回350円とは安い!

20170920e.JPG20170920f.JPG

まずはスタート地点の土山駅まで3.6km(鉄道営業キロで)を回送
別府鉄道の旅は、ココから別府港までの土山線跡地から始めます。

土山駅のある播磨町は、兵庫県最も(面積が)小さな自治体なんだ
そうで、先日知り合ったはりまりこさんが、ソノPRに(勝手に)務めて
らっしゃるワケなんです。

…そして播磨町と言うかコノ地域は、矢鱈と萌えキャラが多い土地柄の
ようでして、後から続々と出てくる事になるんですよ。…お楽しみに

20170920g.JPG 20170920h.JPG

土山駅から少しの所…これから行く別府鉄道土山線にも被る辺りに
大中遺跡という弥生時代の集落跡の遺跡があるという事で、駅前には
ソレらしい建物をイメージした櫓が建ってました。

…そして歩道の境界にある車止めが、いちいち勾玉なのね。なかなか
洒落たセンスの町だなという第一印象です。

では久し振りの自転車による廃線跡巡り別府鉄道の旅に出発です。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3860 鉄道廃線跡を探る