新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

加太の休日 ②

2017/05/22(Mon)

大海あすかさんお絵描き会で、久し振りに訪れた播磨下里駅ですが…
今回は時間があるので、建物の細部なんかも色々と観察してみたんです。

20170522a.JPG 20170522b.JPG

柱にある財産管理票によると、駅舎が建てられたのが大正7年ですか。
…やはり地方の小さな駅ほど、古いのが残るんでしょうね。北条鉄道
には、他にも大正建築の駅舎が幾つか存在します。
 
そして待合室の天井の真ん中にある穴?…まさか囲炉裏が切ってあった
ワケでもナイでしょうが、ストーブなどの煙抜きだと思われます。

…見れば見るほど味のある駅ですね。こんな所で働ける大海駅長が
羨ましいクラ駅長です。

さて加太の休日ですが、駅から歩いて20分程度で、加太の港に到着です。

20170522c.JPG 20170522d.JPG

まずはご当地の氏神である淡島神社にお参りしましょう。
ちゃんと調べたワケではないのですが、場所柄「海運の神様」でもある
感じでしょうかね?

…以前に見た心霊関係の本「心霊スポット」の1つとして紹介されて
ましたが、特にそんな雰囲気ではありません
ってかああいう取材は、無駄に夜に行くからイカンのだと思うんですが。

20170522f.JPG 20170522e.JPG

朱塗りの社殿がキレイな神社ですが、ソレより有名なのは「ひな流し」
代表される人形供養でしょうか?

雛人形ってのは、そもそも「女の子が幸せに結婚出来るように」という願い
を込めて買ったり飾ったりするモノです。だから当人が結婚しちゃったら
ソレはお役御免となるワケですが、人形ってナカナカ捨てられませんから、
当然にソレを供養する仕組みも必要でしょう。

この「ひな流し」…以前にテレビのニュース見た事があるのですが、
全国から集められた使用済みの雛人形を、宴会の時にお造りを盛る
ような
に乗せて海に流すんです。…しかし出航と同時に海に落ちる
ヤツも居たりして、ホントに供養になってるのかは謎です。

ちなみに社長は、当人が雛人形の見た目怖がったもんで、ご両親は
敢えて買わなかったんだそうな。…だから結婚出来ねーんだな(猫殴)

20170522h.JPG 20170522g.JPG

そんな「ひな流し」は3月に終わったばかり…という事か、雛人形少なく
花嫁さんやら市松さんやら…羽子板供養対象なのか?

ともあれ、こう言う雰囲気心霊スポットとして扱われる原因だわな。
 
…もう20年ぐらい前になりますが、当時交際してた女性が、やはり捨て
られない人形があるという事で、2人して京都のある人形供養で有名な
お寺へ、箱に詰めた人形を持って行った事があるのですが…

対応に出て来た人が「あ、じゃあソコに置いといて下さい。」って感じで
カナリ事務的&軽い対応をされて、帰る道すがら「何か違うよなあ」
言い合った覚えがあります。

20170522i.JPG
…こういう事も「カネ次第」なのかも
知れませんが、祈祷の真似事ぐらいは
欲しいもんですよね。

おっと、置物ではありますが猫が大量
に出てききました。
「バーチャル猫ヨシヨシ」ですね。

こうして見ると「招き猫」にも色んな
バリエーションがある事が分かります。

そんな感じで参拝も終わりました。…参道美味そうな海産物を扱ってる
お店があったので、ちょっと寄り道してみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3739 駅長が見た風景