新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

畑の作成 ①

2017/04/08(Sat)

旅行の初日に行った、志度線沿線の房前公園にありました。
 
20170408a.JPG 20170408b.JPG

石造りの板穴が空いたモノが2つ、20m程の距離で設置されており
ます
が、パラボラアンテナのような構造をした部分が向き合ってるので、
コレだけで音…話し声など反対側に伝わる構造になってるそうな。

実際に試さなかったので真偽の程は謎ですが、不思議な事もあるもんだ
と思いますクラ駅長です。

さて、模型鉄の方も何だカンだと進んでおりますので、旅の報告一旦
お休みにして、こちらのネタを消化して行きたいと思います。

20170408c.JPG 20170408d.JPG

線路が敷けて発泡スチロール大雑把な地形が完成した所から
でしたよね。もはやコノ状態が懐かしいのが実情ではありますが。

車両物色のついでに、ジオラマを作るためのシーナリー用品も少しずつ
買いこんで参りました。…地形の細部を作るプラスター植え込みや雑草
になるライケン、あとはカラーパウダー塗料などの類です。

中学生の頃「やりたいな」と思って勉強だけはした事があるので、
基本的な要領使う材料などは分かってる積り…しかし最近になって
昔は無かった便利なグッズが色々と出回るようにもなりました。

20170408f.jpg
まず、段ボールの波板を使って、
畑の畝の部分を表現します。

…そもそもコノ波板は、陶器などの
割れ物を梱包する時に使う素材
なんですが、畑の畝に丁度良い材料
になります。

誰が最初に思いついたんでしょう?
素晴らしい発想の転換
だと思います。

…しかしAmazonで商品検索すると、梱包材として売ってるだけに当然
サイズが巨大すぎるんです。 1m×10mとか!

ドレだけ広大な土地なのよ。そんなに大量に要らんわい!

20170408e.JPG20170408g.JPG

幸いな事に、模型店で手頃なサイズのを売ってました。適切なサイズに
切って貼ります
…実はコレが、ジオラマ製作の中で一番楽しみだった作業なのですが。

20170408h.JPG
続いては「シーナリープラスター」
なるものを使って、地形の細部
作って行きます。

…コレまた昔からある商品ですが、
粉末状の何か石膏とか?…表記が
ナイので不明)を水で溶いて使います

ドノぐらい必要なのか分からないので、
取り敢えず2箱買いました

20170408i.JPG 20170408j.JPG

混合比は箱の裏書に「プラスター2に対して水が1」と書かれてます。
しかしソレでは、素人目にもユルすぎる気がして、少しずつ調整しつつ
「お好み焼きより少し固いぐらい」で敢行しましょう。

使う紙コップは、以前に木村鉄道でバーベキューをやった時余り物
コレだと、心置きなく使い捨てに出来るので。

貼り付けたを囲むように「あぜ道」を作り、あとは発泡スチロール
段差自然な斜面になるように調整します。

…なかなか本格的になってきたような気がしますね。次回に続きます



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3695 バーチャル蔵部駅