新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

同窓会について考える ②

2007/11/06(Tue)

さて、自分は同窓会って行った事ない私ですが、このような仕事をしてると
時々あるのが「全く関係のない同窓会に、スタッフとして参加する」
という状況である。

以前、ホテルの宴会を担当してた時にあったのが、どっかの女子大の
おばさん方の同窓会
だったんですが(同窓生が15人ぐらいと先生が1人)、
どうもそれが「卒業して20年後に初めて開かれる同窓会」
だったらしいんですよ。

だから近況報告」が長い長い…!
で、1人ずつやってるうちにいつの間にか
「自分は今までの人生で、如何にオトコとカネで苦労したか。」
苦労自慢大会になってんの。

そもそも他人の苦労自慢なんて、普通の状況で聞いてもつまらんだけのモノ
なのに、それが見ず知らずの人々、しかもおばちゃん。
尚且つ「1人ぐらい幸せにやってるヤツおらなのかよ?」ってぐらい、みんな
不幸のズンドコで…順にエスカレートして行くの。何か作ってない?

こっちはずっと張り付いてなきゃイカンから、すげえ嫌でした。
ああいう場で1人だけ幸せ(当たり前のレベルでも)だと反感買うのかな?

やっばり何か嫌だ、同窓会。

No.254 ○○について考える