新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

旅行について考える

2010/07/16(Fri)

基本的に好きです。国内に限りますが…

独身の頃は色々と行きましたねえ。
高校生ぐらいの時は、周遊券を買って東北地方のローカル線を回ったり、
運転免許と車が手に入ったら、何も決めず行き当たりばったりで
あっちこっち…。あと例の「栃木餃子オフ会」なんかも、いい思い出です。

でも今はどうも、あまり行きたい所がないと言うか…

① 家族があり、さらに仕事が忙しくなると、まず時間が取れない
② 日帰りor一泊程度だと、行ける範囲が限られる
③ その程度の範囲内なら行き尽した

私はどうも、「観光地を見たい」とか「いい宿に泊まりたい」というより
「○○線に乗りたい」とか「○○を走りたい」という、
プロセスの方が好きなんで、飛行機で一足飛びの旅行は好かん。
これらは考えた場合どうしても、定年後にしか無理のようなんですよ。

あと、鉄道は新幹線や性能のいい特急列車より、小汚いローカル線が好き
だし、夜行バスの台頭で夜行の列車は絶滅寸前だし、
乗りたいモノがどんどん減っていきます。
理想としては昭和30年代、ギリギリで50年代ぐらいのが好き。

例えば東京から大阪まで12時間ぐらいって、移動手段としては不便だけど
「ただ乗ってたいだけの人」にはたまらん娯楽だと思うよ。

そう言う意味では「時間旅行」が一番やってみたいですな。
タイムマシンが出来ればいい。「点と線」「ゼロの焦点」の時代へ…
10万円もあれば、さぞ楽しめそう。
我が家のタンスには、板垣退助の100円札が20万ぐらいあるし。

No.1237 ○○について考える