新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

なかなか聞けない一言

2008/08/03(Sun)

今や夜行バスに押されて、すっかり存在感のなくなった
JRのブルートレインですが、私が高校生ぐらいまでの頃は
結構な本数が走ってて、夏休みには私もよく一人旅に利用したもんです。

ある年の夏の事、やっぱり私はブルートレインで旅をしてました。
寝台の列車というのは、みんな基本的には事前に切符を買って
「予定通り」に乗るもんなんですが、中には飛び込みで乗る
お客もあったりします。

列車が走り出して、車掌さんの検札があり、その飛び込みのお客に対応
してる様子を聞いてると、車掌さんが一言

「今日はもう遅いんで、明日にしましょうか。
どうぞ先にお休み下さい。」


自分が受けたワケじゃないけど、何とも温かい気分になるじゃない。
コレは普通の電車では滅多にない接客だぞ。
長距離を長時間かけて走る列車ならではだよなあ。
今と違って、時代もおおらかだったんでしょう。

今となっては色々と無理あるけど、またあんな旅がしたいもんです。

No.525 下らない思い出シリーズ