新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

方言について考える

2008/05/26(Mon)

※ 毎年この時期になると思い出すネタなんで、
以前に出た事があるかも知れませんが…。

田植えの前に、稲の根付きをよくするために、田んぼに水を張り、
耕運機で土と水をよく混ぜ合わせる
作業があります。
代掻き(しろかき)」と言うんですが…。

小学校の低学年の頃に、社会科の授業で米作りについて習ったんですよ。
その時に出た宿題のプリントでの事。
米作りの色んな行程をイラストで描いたのがあって、
「何という作業か答えなさい」という問題がありました。

で、その「代掻き」がからんかったんで、に訊いたんです。
そしたら「コレは『まんが』や。」という(アクセントは平板)。

「まんが」っても「漫画」ではなくて
その「代掻き」を指す方言らしいのだが(どんな字を書くのか不明)、
他に言葉を知らないから、母はそれでいいと信じて教えてくれたんでしょう。

私もよく分からんから、そのまま「まんが」と書いて出したら、やっぱり×
間違いなく「漫画」…そのイラストを指して見たまま…だと思われたらしい。
後日、先生に抗議して認めて貰えましたが…。

農作業なんでのは、特に方言による名称の多い部類のもんじゃないかな?
今の子供は、そんな事も知らないのかも知れませんが…。

No.456 ○○について考える