新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

「アドバイザー」について考える

2007/12/19(Wed)

百貨店の化粧品売り場なんかで、お化粧の方法なんかを指導しつつ
商品を売り込む係の人を「ビューティアドバイザー」とか言うそうですな。
何かのスレでその話を読んだ時、自分には何の予備知識もないのに
「BA」とか略号で書かれてて、最初はよく分からんかったもんですが…。

全く話は変わりますが、私が「タクシーもどき」を買った自動車販売店の
担当の営業さん
の名刺には肩書きの所に「カーライフアドバイザー」
書いてあります。同じく担当の整備士さん「テクニカルアドバイザー」
である。

何でも「アドバイザー」な世の中なんだな。
じゃあ、こういう人々はこうなのか?(敬称略)

かんさん=「リフォームアドバイザー」…これは充分にありそうだ。
 ちゃんと確認したワケじゃないけど、実際にそうかも知れない。

恋歌悟魔=「ライフケアアドバイザー」…これも充分に(略
 アドバイザーってより、実際の作業に従事してらっしゃるんだろうけど。

タカオ先輩=「ダービーアドバイザー」「AVアドバイザー」
 …いや、どっちも本職ではないんだけど、本職とタメ張れるぐらいの
 知識を溜め込んでるらしいので…。事実、色んな人にアドバイスしてるし。

トモ君=「ゴーストツアーアドバイザー」…最近活動してませんが。

爺=「モデルガンアドバイザー」…興味ない者にもああだこうだと(略

…何でもカタカナにすりゃいいってもんでもないですが。
何か最近多いですよね。

No.297 ○○について考える