新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

ハクション大魔王

2007/05/30(Wed)

ここ数日、風邪をひいたもんでクシャミが止まりません。
「誰かが噂話をしてるとクシャミが出る」というのがありますね。

地域や年代によって多少の違いはあるだろうが、ウチの母の説。
「一褒め、二誹り(「そしり」…悪口)、三で笑われ、四風邪ひく。」

…もう間違いなく風邪なワケです。
それで思い出した話、以前住んでた家の裏に、町工場があったんですよ。
そこにすげえ巨大なクシャミをするオッサンが居たんです。

我が家とオッサンが居るであろう位置とは、川を挟んで30メートルぐらい
離れてるのだが…聞こえるんです。

しかも「クシャミの音」じゃなくて、ちゃんと「ハクション!」って
文字を読んでるかのような発音…。

ウチでも聞こえるぐらいだから、至近距離で聞く工場の人たちにしたら
すげえ音量だろうな。
…もう久しく聞いてないけど、今でもオッサンは巨大なクシャミなんだろうか?

No.94 下らない思い出シリーズ