新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

史上最大の「胡散臭い」人

2008/12/12(Fri)

私の日々の仕事の中に「バイトの応募者の面接」というのがあるんですが、
実際の所、あんまり好きではないんですよ。
タカオ先輩は、若い女の子に限って大好きらしいですが…。

先日来た、あるおばはんの話…。

会話の受け答えとか、仕事に入れる曜日や時間帯なんかの条件
全く申し分ないんですけどね、何というか…
「履歴書が物凄く胡散臭い」んです。

① そもそも字が汚い
② 履歴書自体が「一度書いたもののコピー」である
③ しかも画質荒いし、水平もズレてるし、何度も折りなおしてシワシワ

…ここまででも、「かなりのもん」ですが、写真がまた凄い

④ 写真もそのままコピーしてあって、さすがにそれではマズいと思った
   のか普通紙にカラーコピーしたやつを適当に切り抜いて貼ってる。
⑤ その写真が証明用でなくスナップである。
⑥ しかも、どう見ても最近の写真じゃない
   「若い頃に可愛く写ったやつ」を選んでるっぽい。
⑦ だがそれが、カラーコピーという画質の悪さもあって
   「行方不明の人の人探しポスターのやつ」みたいに見える。

⑧ ついでの事に、自称44歳なんですが、どう見ても60近い
  (身分証明証の提示はまだ)

…何と言うか「全てが謎」なんですよ。
応募が沢山あったら、こんな変なのは1人ぐらい捨ててもいいんですが、
条件だけはいいだけに…上の人も困ってます。
条件は良くても「人間的な常識」も大事だし…

「人を判断する」ってのは難しいですね。

No.656 ○○について考える