新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

住宅地図今昔物語

2008/09/17(Wed)

昨日、休みでヒマだったんで、ウチにある住宅地図を見てたんですよ。

住宅地図ってのは、ゼンリンという会社が発行してる地図でして、
かなり昔から(今でも)調査員の人が、全国の民家を一軒ずつ徒歩で調査して
作られてるかなり細密なモノなんである。

市町村単位で発行されてて、個人で買うとかなり高いんですが、
ウチの町では昔から、商店などの広告を入れて作った無料版
作られてて、何年かに一度配布されてるようなんです。

…その「昭和58年版」「平成15年版」を見比べてました。
たまたまその2冊があったんで。

田舎なんで、古い集落なんかはあんまり変化しないんですが、
田んぼしかなかった所が建売住宅の地区になってたり、
川の付け替え工事で流れの形が変わってたり、比べると楽しいもんですな。

で、子供の頃の記憶で「あぁ、こんなのあったなぁ。」みたいな懐かしさ
もありますよね。
近所のボウリング場の下のスペースが、今は駐車場とネットカフェ
なんですが、昔は小さな居酒屋やらスナックがある「飲み屋街」
があったんですよ。

コレは残ってて欲しかったよな。
ここだったら家から徒歩で飲みに来れるのに。
最近、我が家の周辺では「飲める場所」が少なくなったので、
ふとそんな事を懐かしんでみました。

No.570 ○○について考える