新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

田植え体験 in 播磨 ③

2018/06/09(Sat)

20180609a.JPG 
少し前から気になってたのですがココ最近、
JR奈良線205系が走ってるんです。

阪和線普通列車も全て、3ドアの近郊型
に置き換わったので、使わなくなって奈良
来た
んでしょうね。

奈良電車区は相変わらず「捨ててある電車
拾ってきて使ってる」イメージだよな。

だったら、ついでの事に帯をウグイス色
すればイイのにと思いますクラ駅長です。
山手線みたいで面白いじゃない。

全く予想しなかった事ですがウチの鉄道模型にも、完全国鉄仕様車では
ありますが中古4両編成を1本仕入れておいて良かったなと。

20180609b.JPG
さて播磨地方の田植えですが、ココで少し、
田んぼの水利
について考えてみました。

今回、田植えを体験させて頂いております
キヌガサさんの田んぼは、灌漑用の溜池
すぐ近くにありました。

ケンさんら休憩してる土手の真上がソレ
なのですが、ココまで近い色々な仕組み
見学出来る
というモノかも知れません。

…繰り返しますが私も田舎の生まれなので
「見れば何となく分かる」部分もあるんです。

という事で、空いてる時間土手の上まで登ってみました。

20180609c.JPG 20180609d.JPG

今年は特に水不足のようなハナシも聞きませんし、豊かな水量を湛える
溜池でした。…コノ手の施設は大抵が、先人の努力によって造られた
モノで、その記念碑などが付属してるのが一般的でしょう。

20180609e.JPG 20180609f.JPG

キレイな水なのかな?と思ったら、電子レンジらしきモノが沈んでます。
不法投棄はダメですねえ。
ともあれ農業用としては問題ナイのか、土手を伝う水路によって、下方
田んぼ水が配られています。

…田舎によくある「○○水分神社」というのは、やはり水の恵み神様に
司って貰おうという趣旨のモノかも知れません。「みくまり」と読みます。

20180609g.JPG 20180609h.JPG

そんな感じで流れてきた水田んぼに引き込まれるワケですが、取水路
と放水路分けてあるんですね。
ウチの近所(奈良)ではココまでやってるケースを見かけないので、
精巧な造り
に感心してしまいました。

当然のハナシですが、高い所から低い所へ流れます。標高の高い
に田んぼがあれば、優先的に水が使えるワケですが、そこは村内
近隣の村同士で話し合って、不公平のナイ様に決めるもんでしょう。

20180609i.JPG 20180609j.JPG

用水路の途中に水門を設けたり、水の出入口をコノような板で仕切って
水の流れを変え、順に田んぼを潤して行くんですよ。
恐らくは間違えないようにでしょう。固有の形に分けてありました。

…しかし水不足になると、当然に起こるのが水争いのトラブルです。

父親生きてた頃隣村の人勝手に水門を操作しないようにと、村
の人たちが徹夜で水門の所に陣取って、見張り番をしてたのを何度か
見た事がありました。

…ソレを口実に、酒や料理を持ち込んでの宴会も兼ねてたようですが。

そうこうしてるうち、そろそろお昼のようです。バーベキューの用意
も出来てるようですよ。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4122 リアル交友録