新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

田植え体験 in 播磨 ②

2018/06/08(Fri)

3日前の事ですが、近場の隙間企画と言うか、以前から気になってた
鹿の赤ちゃんヨシヨシに行ってきましたクラ駅長です。

20180608a.JPG 20180608b.JPG

…ぃゃ、実際に触ってヨシヨシ出来るものではありませんが、奈良公園
の鹿は毎年コノ時期が出産期なので、赤ちゃんとお母さん施設で保護
してまして、観光客向けにも一般公開されるのです。

今年生まれた子は、もう暫く施設内で育てられ、夏頃に公園デビュー
するんですよ。

さて播磨地方の田植えですが、まずは苗床が運ばれてきました。

20180608c.JPG 20180608d.JPG

…ソレにしてもいいお天気になりまして、暑いぐらいです。

小学校の社会科で習うハナシでしょうが、お米を作るにはまず、種籾
苗床という箱に撒いて、ある程度の大きさまで育てます。
苗床も現在は、田植え機で使うサイズに合わせてあるのでしょう。

弥生時代稲作が伝わった頃は、田んぼに種籾を直に撒いてたらしい
のですが、やはりコノ方が育ちやすい途中で気付いた人が誰か居るの
でしょう。…皆さんでバケツリレー状態になり、トラックから下ろします。

20180608e.JPG 20180608f.JPG

田植え体験とは言っても、2反半もの田んぼを全て人手で植えてると
1日では終わりませんから、殆どは田植え機を使います
…私らがやるのは、苗床を渡す作業とか機械では無理端っこなどを
植える
補足作業のようですね。

ソレにしても田植え機という乗り物は、ホントに日本人が考えた大発明
の1つかも知れません。…詳しい仕組み素人には分かりませんが、
巧妙な動き方をするもんですな。

20180608g.JPG 20180608h.JPG

片道100mほどの距離を往復して帰ってくるのに約9分掛かるようです。

私らが子供の頃は、田植え機手押し式のが主流だったように覚えて
ますが、現在は乗用タイプですね。…1台約150万円と聞きましたよ。
流石に「1家に1台」とは行かなくて何軒かで共同購入したり、所有者
委託して作業して貰ったり、そんな風にしてたの覚えてます。

20180608i.JPG 20180608j.JPG

1往復して帰ってくると積んである苗使い切る感じになるので、先程
畦道に下ろした苗床を渡す作業を皆さんでやりました。

技術職系のお仕事の作業着で来たアングラーさんと、菅笠を持参した
ケンさん。…本職の方にしか見えませんが。

所で田んぼに水が供給される仕組みはドノようになってるのか?
ココはすごく分かりやすい環境になってたので、次回はソレをご紹介
する事にしましょう。

→次回に続く



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.4121 リアル交友録