新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

生駒山ケーブルの保存車 ②

2017/05/10(Wed)

その生駒山上にある遊園地は、今年で開業88周年になるんだそうです。

…何年か前に関西でも電鉄系の遊園地撤退が相次ぎ現存する
少ないモノ
となってしまいましたが、まだまだ立派に現役なんですよ。

20170510a.JPG 20170510b.JPG

入園料が要らないので、敷地の中を抜けていきます。
…「動物と触れ合えるとかそういう施設でもナイ」のに猫が居ました
突発猫ヨシヨシか?」と思いましたが、愛想が悪かったね。

ちなみに今後の猫ヨシヨシに関しては、新たな候補地2箇所ほど見当
つけて計画しておりますクラ駅長です。

さて生駒山麓公園のケーブルカーですが、引き続き見て行きますと…

20170510c.JPG 20170510d.JPG

何故か「楽」という名称?も書かれております。同じ近鉄ですが団体列車
の「楽」
とは関係ナイと思われます。

サイドミラーが無残にも曲がっておりますが、ソレ以外はしっかり残ってる
様子でした。…山上側のヘッドライトは、ちゃんと角度が上向きなのね。

20170510e.JPG
ケーブルカーの駅ってのは、大抵に
おいてホームが狭い駅間で撮るにも
無理のある地形が多い)ので、車体を
真横から離れて見る機会ってのが
なかなかナイのですが、やはり見事な
平行四辺形になっています。

そして車両を置く場所にしても、平地に
置くと変になるので、このような斜面
上手く選んだ
ケースでしょうね。

ドアが開いてますから、車内に入ってみましょうか。

20170510f.JPG 20170510g.JPG

車内の感じは私も覚えがあるのですが、階段ごと固定式クロスシート
が配置されています。

郊外私鉄の沿線で育ったもんで、そもそもクロスシートというのが
子供心に珍しいワケで、ケーブルカーのような短距離の区間でも、
いつもとちょっと違う旅気分だったものです。

しかしモケット部分は、井笠鉄道と同様に木のベンチに造り替えられて
おりました。…背もたれの白い部分は、ニス塗りだったように思いますが
昔から木製です。オハ61系とかと同じ、あんな感じですよ。

20170510h.JPG 20170510i.JPG

運転席周りはこんな感じ。真ん中の丸い椅子左右にスイングする構造
になってて、コレで乗務員さんの出入りが容易になる仕組み。
但しコレも現役時代はモケット貼り今は木製です。

あるサイトによると「運転機器は殆ど残ってない」と記されてますが、
そもそもケーブルカーの運転席なんて大抵はコノ程度でしょ?期待する
方が無駄
のような気もします。

20170510j.JPG 20170510k.JPG

戸袋付近の柱鋼製車体更新したとは言え、車内は木造「半鋼車」
なので、コノ辺は木製なんでしょう。優美な曲線が採用されています。

そして車内にあった「ミニギャラリー」の中に右のような写真が。
宝山寺線離合地点4両が並んだ瞬間のようです。
向かって一番右側のがココにある「いのり号」なんですが。

双方の終点同時発車すれば、中間地点4両が並ぶのは必至です。
しかもコレは恐らく、踏切のド真ん中から撮ってるので、撮影用無理に
並べた状況かと思われます。ホントに4両並んだら圧巻でしょう。
 
という事で、私には近場ながらインパクトの強い生駒山ケーブルでした。
…続いてまた模型鉄の報告を挟んでみましょうか。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3727 鉄道保存施設を探る