新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

生駒山ケーブル ③

2017/05/07(Sun)

20170507a.jpg
ジオラマ製作の方ですが、先日から
いよいよ前方後円墳を作り始めました
クラ駅長です。

詳しくはまた日を改めて報告しますが
夜中の3時に仕事から帰って、作って
あったベースを見てるうち「ちょっと試し
に」
植林の作業を始め、気が付いたら
朝まで徹夜しておりましたよ。
(まだ途中完成ではありません。)

古墳を置く事で、レイアウトがますます奈良らしくなると期待しております。

さて生駒山ケーブルですが、宝山寺1号線「ブル」に乗ってまずは途中
宝山寺まで登っていきます。

20170507b.JPG山の上から「ミケ」が降りてきましたね。

このデザインは最初「招き猫みたいに
両手を顔の横に添えてる」のだと思って
ましたが「双眼鏡を両手で持ってる」
のだそうな。

「ミケが挨拶するよー」という事で車内
「ニャーニャーニャー」と放送が…。
恐らく反対側では「わんわかわんわか」
言ってる事でしょう。

…ちなみにコレらの演出は、通勤通学の時間帯にはカットされるそうです。
毎日聞かされたら腹が立つという事なのかしら?

20170507c.JPG 20170507d.JPG

交換を終えた後の離合区間です。
踏切があるので自動車が渡ってますね。一般的なケーブルカーより
周囲に住宅が多いと言うのか、平行する道は生活道路でもあるのです。
「珍しい点その⑤」かも知れません。

離合区間も矢鱈と長いでしょ?写ってませんが踏切が2箇所あるので。
そんな感じで宝山寺に到着。ココで山上線に乗り換えです。

20170507e.JPG 20170507f.JPG

宝山寺2号線の車両は、先程見た赤い「すずらん」と左の「白樺」
ウィキペディアによると「白樺」が漢字表記なのは平仮名で右書きすると
「ばからし」になるから
だそうな。

奈良には「くちなし幼稚園」という私立の幼稚園があって、ソコの
バスは昔から車体の右側「しなちく」表記なんですけどね。

と、話が反れましたが駅に、日本各地のケーブルカー距離と勾配を
比べた表がありました。…コレ、もっと大きく撮れば良かったな。

距離の長さでは、比叡山の坂本ケーブルと対記録なのが分かります。

20170507g.JPG 20170507h.JPG

山上線の車両も個性的なデザインをしておりますが、まずオルガン
模した「ドレミ号」が待っておりました。

座席はモケット宝山寺1号線と同じ「ブル&ミケ」の柄ですが、
僅かに右向きに角度が付けられています。…下に向いて座った場合、
地形の関係で右側の方が開けてて景色がイイからのようですね。

20170507i.JPG 20170507j.JPG

ココから先は生駒山上遊園地へ行くだけのような感じなので、ダイヤ
日中だけ運転間隔ユルくなります

途中に2箇所の駅があり「直行」の便は通過するという事ですが、恐らく
繁忙期の臨時便だけじゃないのかな?…普段の時刻表などを見る限り
存在しておりません

では山上線のケーブルカーで、更に上を目指しますよ。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3724 乗り鉄日誌>その他の鉄道