新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

井笠鉄道を探る ④

2017/04/19(Wed)

ちょっと品物のやり取りがあって、例の鉄ヲタ夫婦住所の交換をした
のですが、嫁のトキちゃん私の住所i-phoneに登録しようとして…

20170419a.jpg 20170419b.JPG

町名と番地を入れたら、奈良公園のド真ん中荒池付近にピンが表示
されたそうな。一応町名は同じなのですが、2kmほど離れてます

…どうもアレのシステムよく分からないクラ駅長です。
ちなみに現地の写真のような感じです。見事に風致地区ですから、
勝手に民家を建てれるような所ではありません

しかしこんな所に土地を持ってたら、カナリの資産でしょうね。不動産屋
を介して借地にして、旅館でも建てたら恐らく家賃収入だけで暮らせるぞ。
「ホントにココですか?」「ああそうだよ。」とか言えたらスゴいのに。

さて井笠鉄道です。新山駅跡地駅舎の建物を利用した記念館
お邪魔しておりますが、屋内の展示品も見てみましょう。

20170419c.JPG 20170419d.JPG

まず目に付くのが路線図ですが、3路線の合計の営業キロ約37km
軽便鉄道としては規模の大きな会社だった事が伺えます。

このうち福塩線神辺から井原を経て矢掛までは、現在は第三セクター
井原鉄道が通ってますね。路盤の一部再利用されてるそうな。

20170419e.JPG 20170419f.JPG

展示室が元の待合室側?窓口の向こうの駅務室が、管理団体の事務所
になってるようです。

大正2年の開通から約60年間、コノ地で活躍した軽便鉄道も、やはり
モータリゼーションの波には勝てなかったようで、昭和46年を以て廃止
となりました。…当時から「葬式鉄」という類の人々が居たのかどうか
は謎ですが、さよなら列車豪華な事!

 20170419h.JPG 20170419g.JPG

軽便鉄道なのに「急行」が存在したというのも、充実してた証でしょう。

…よく分かるレールの断面図がありました。昔は一級の幹線支線
そして軽便などでは線路の幅だけでなく、使うレールの規格も厳格に
違ってましたからね。…蒸気機関車使い分けてたのも然り。

右から2つ目の「双頭」鉄道黎明期の特殊なヤツです。すり減ったら
ひっくり返して反対側を使うんです。明治村で見た事あるぞ。

20170419i.JPG 20170419j.JPG

平日の昼下がり客はまた私1人だけだったので、ついでの事に
駅務室側のスペースも見せて頂きましたが、廃線当時よりカナリ古い
モノと思しき電話機と、廃線時手書きの時刻表が残っておりました。

電話機は宛先モールス信号状態なのね。昭和46年だとダイヤル式の
自動電話が普及してたと思われますが、鉄道電話だから特殊なのか?

時刻表は恐らく、カレンダーポスターでしょう。混合列車がある
のが軽便らしいです。

…ココに居た留守番(自称)の年配の女性職員の方に、先程の笠岡駅
近く「謎の線路」の画像を見せて「コレは何ですかね?」と尋ねたの
ですが、明確な答え得られませんでした。知らないんですって。

では続いて、屋外にある保存車両も見てみましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3706 鉄道保存施設を探る