新・駅長日誌

内容は下らないですが、
とにかく毎日更新します。

猫が居なかった養老渓谷駅

2016/12/20(Tue)

20161220a.jpg
…我が家には吊革が2本あります
何れも元は高松琴平電鉄のモノなんですが。

部屋のインテリアとしてカーテンレールに
引っ掛けてあるのですが、ソレだけでは
勿体無いので、実用的な使い方を考えた
結果、洗濯物を部屋干しする時に使うように
なりましたクラ駅長です。
左の感じで、一般的な1日の洗濯物の量です。

社長は確か、照明器具のスイッチのヒモ
繋いで入り切りの操作に使ってたらしいの
ですが、荷重に耐えうるのか心配ですよ。

20161220b.JPG
さて養老渓谷駅です。「里山トロッコ」
の発車まで約2時間あるので時間潰し
が必要なのですが、ココで何をするか?

私は2回目なので一応、色々と考えて
きた
ワケなんですが…

① 足湯猫ヨシヨシ
② 駅前に昭和っぽい駅前食堂
③ 少し歩くと名物の自家製パン屋

は勿論、以前に来た時の経験からです。当時は「猫ヨシヨシ」という
カテゴリー
は設けておりませんでしたが、今やってる事のルーツのような
経験でした。アレなら2時間ぐらいアッという間でしょう。

…しかし今日は、ソノ時とどうも様子が違うんですが。

20161220e.JPG 20161220f.JPG

駅前の広場で土地の人たちによる「うまいもの市」みたいな事が行われ
ており、普段は静かな駅前が大賑わい。季節柄、渓谷の紅葉が見頃
なのか臨時のバスが頻繁に発着しています。

足湯満員だし、何より猫が居ません!
もしかしてコノ騒がしさに辟易として逃亡した?

駅員のお姉さんに訊いた所「さっきまで居たんですけどねー、お腹一杯
になって散歩にでも行ったのかな?」…との返事。

20161220g.JPG 20161220h.JPG

とは本来そのような生き物なので、居ないもんは仕方ありません

ピカチュウ「目の前に色んな食い物がある」という状況なら
幾らでも時間は潰せますので、駅舎横の仮設テーブルを確保して
私はソコで売ってた鮎の塩焼きと、朝に買った「伊勢海老弁当」から。

この「伊勢海老弁当」が、注文時に「2個から受け付け」という条件
だったんですよ。恐らく伊勢海老の半身を使うので、ロスを出さない為
でしょう。…だったら「偶数個のみ受け付け」じゃナイのか?

20161220c.JPG 20161220d.JPG

カナリの人出ではあるのですが、何とか人波が途切れた瞬間駅舎の
実景を押さえておきます。…やはり何ともノスタルジーな駅ですね。

20161220i.JPG 20161220j.JPG

そんな感じで2人して追加
よく知りませんがコノ辺はイノシシが名物だという事で、ピカチュウ
イノシシ汁、私が猪肉の焼きそばメンチカツのハンバーガーです。

殆ど腰を据えたまま、ずっと「今後の鉄道会社のあり方について」とか
話してたら、知らぬ間に時間が過ぎておりました

…ではそろそろ切符を手配して「里山トロッコ」に乗る準備をしましょう。



※コメント・感想は→こちらまでお願い致します。

No.3586 駅長が見た風景